スタッフをうまくコントロールして、職場の環境をよくしていること。

だれも、自分が可愛いのが当然で、だからこそ、統治者がコントロールしないと、最も品のない人間が権力を乱用する組織になってしまう。

 

私は南青山デンタルクリニック以外にもバイトで歯科クリニックに行っています。

そこでは、感情むき出しの女性スタッフが人の悪口を聞こえるように話しています。

結局、そういう感情が患者さんの不利益につながっていると思います。

 

組織とは何か。

それは、全体の意識が統一されて、たとえ感情がこもらなくても、間違いのない方向にむかっていくことではないでしょうか。

 

そういう組織の基盤を構築する能力は、青山先生のトライアンドエラーの賜物だと思います。

青山先生は難しいことを簡単にやっているんだと思います。

たかが歯科クリニックですが、大企業にも通じるガバナンスだと思います。

南青山デンタルクリニックにはいろいろめんどくさいルールなどありますが、それらはすべて患者さんの利益に還元されるものです。

組織を構築する力という意味では、私は青山先生の足元にも及びません。

そもそも、組織がどうとか、考えることもめんどくさいと思ってしまいます。

 

そして、青山先生の理想とする組織を具現化する高橋さんの存在はとても重要だと思います。

さらにその下に松尾さん、日高さん、秋元さんと続いているところがすごいですね。

 

 

Natsumi Peneloppe

テーマ:

フランス語系YouTuberのペネロプさんのYouTubeの動画に出会いました。

テレビと違い、Youtubeは一般人が動画を発信するものなので、自分にとても関係のありそうな事柄に取り組んでいる人に出会えばよい刺激がもらえます。

私もそこそこフランス語が分かってきたところですが、ペネロプさんのフランス語を聞いていたら、日本人でもこれほど話せるようになるんだと触発されます。私もフランス文化研究家としてもっと真剣にフランス語にも取り組みたいと思いますね。

 

そういえば、もうすぐクリスマスですね。フランス語でクリスマスのことを「Noël (ノエル)」と言います。

最近、パン屋に行くと、~ノエルという名前のパンが多くなってきましたね。

わかる言葉が増えると、見える景色も違ってきます。

ちなみにフランス語で、大晦日は「la Saint-Sylvestre (ラ サンシルヴェストル)」と言います。

la Saint-Sylvestreは12月31日が祝日の聖人です。フランスのカレンダーには毎日、その日の聖人が何人か書いてあります。

 

クリスマスといえば急にカップルができてその後すぐ別れちゃうという話を聞いたことがありますが、面白いですね。

私は一度付き合うとまあまあ長く付き合うことが多いので、そういうのにもあこがれてしまいます。

毎年、クリスマス前に彼女ができてすぐ別れるなんて。c'est la vie au japon.

日本文化の素晴らしい一面ですよね。

メンタリングマニュアル

テーマ:

夢を持つことが大切なのはよくわかりますが、小さな夢でもいいのでしょうか

夢と言えるほど大きな夢がありません

 

大きな夢を持つこともなく、とりあえず人並みに生きていきたいと思う人もいるのではないでしょうか。

女性ならとりあえず適当な相手と30歳までには結婚して、35歳までに子供を二人産んで、郊外にローンで家を買って、老後は年金で悠々自適に暮らす。

 

ただ、こういう生き方自体がもう夢になってきているのかもしれません。

大きな夢なのかもしれません。

まず、適当な相手というのが、実はかなり理想が高かったりするのが実情です。

そこでまず最初のつまづきが始まっているんだと思います。

 

実際、男女問わず結婚できる人とできない人がはっきりしてきていますし、淘汰圧はかなり強くなってると思います。私も子供をほしいと思いませんので、セレクションにおける弱者なのかもしれません。

 

私の知っている人で60歳間近で婚活をしている女性がいます。

たまに会うと、とても短いスカートをはいていたりして。

とてもスタイルのいい人なのですが。

好きな服を着るのは自由なのですが、なにか異常なものを感じてしまいます。

やはり、似合うかっこうを意識することも社会性だと思いますし、結婚とは社会生活を意識するから必要と感じるものなのではないでしょうか。

社会的にまともになるためには、安易に流されることも時には必要なんじゃないでしょうか。

 

夢の持ち方を、人並みとかの基準に合わせると、自分を苦しめるのかもしれません。

ですので、私はもう人の生き方だとかあまり気にしなくなりました。

自分が楽しいとおもったことしかやりませんし、どうでもいい人とは適当に付き合っていくつもりです。

 

そんな私がどんな夢を持っているのかというと、夢という意識はまったくありません。

あえて夢を語るとしたら、自分の好きなことしかしない生活を送ることが夢だと思います。

そのためには、仕事だけでなく、なにか好きなことを極めていくことが必要だと感じています。

好きなことを突き詰めて、それが仕事との境界がなくなるような状態が理想です。

 

今はフランス文化研究というのが、私の本職以外のテーマです。

ですから、あえてフランス好きをアピールしまくっています。

バカにしてくる人もいますが、そういう人が幸せだと思ってもいませんので、勝手にしやがれて感じです。