まった里穂

まった里穂

好きなものだけじゃ生きては行けないけれど
好きなものが無い世界でも生きて行けないので歌ってます。


テーマ:
タイトル通りです。




きぃちゃんを家族に返した=お金はどうした?
の問題が気になっている方が多いんだなと
思いましたので、このブログを書こうと思いました。




お読みいただけると嬉しいです。






まず以前にもツイッターで私の
この記事をご覧になった方もいらっしゃるお思います。


添付します!



保護した4日から17日までの間に
後から餌代や病院代を飼い主さんに
出してもらえると沢山の方が
DM等で教えてくださりました。
(その節は色々と教えていただきまして本当にありがとうございました。)




私は元よりインコを飼っていない為
飼い主さんに全てお渡ししたので
病院代含めそういったお金はいただきました。







ただ



お世話代というお礼金は頂いておりません。
(手土産は頂きました。ご馳走様でした。とても美味しかったです。)








え!私ならお礼金貰う!
と言われる事もあり、人それぞれではあると
思うので、電気代もタダじゃないし、餌をあげたりケージを洗う時間もかかったんだから貰っても良いと考える方もいるでしょう。
なので、これからインコや動物を
保護された方が貰っちゃいけないのかと
言われるとそうではないと思います。



これはあくまでも私の考えなので
お金を貰う=悪いでは全く無いと思います。



ただ、私の考えはきぃちゃんと過ごした
この2ヶ月間が、何にも変えがたい宝物のような時間だったのです。


ツイッターインコのことばかりでしたね。。
少なからず1回くらいはインコのツイートを
目にしてくれた方が殆どかと🐥笑





疲れて帰ってきても
自分の帰りを待っていてくれる
きぃちゃんに何度も心が癒されました。



保護という形でしたが私にとってきぃちゃんは
家族同然でした。




お世話してあげた。
電気代出して温めてあげた。
餌あげた。
ケージ洗ってあげた。



ではなくて



お世話してあげたい。
温めてあげたい。
餌たくさん食べて欲しい。
毎日ウンチを見ては下痢してないな!と
確認したい。

と思って過ごしていました。



飼い主さんは
「お世話代です。気持ちですが…」
と病院代に➕してお礼金を支払ってくださいましたが、わたしには受け取る事は出来ませんでした。





差し出されたものをお断りするのも
相手の気持ちを考えると
受け取るべきなのかもよ?と母にも
散々言われました。



ですが、それでも受け取りたくない理由が
もう1つあります。





飼い主さんのご家族が最近手術をされ
足を片方切断された話を聞いていたからです。
私の祖母が下半身不全のため
家をリフォームしたりしなければいけない
大変さはある程度知っています。




家のリフォーム(お風呂場や家のあらゆるところに掴まれるものを設置したりトイレなど)
病院への付き添い、手術費等…

決して飼い主さんのお金に余裕がある
状態では無いと思いました。(うちに余裕があるとかでもないけども笑)




ただ、数千円でも手術や通院費にあててもらいたいと思い、お断りしてお返ししました。






これがタイトルの結論となります。






あまりお金のことを話したく無い為
このブログがお話しするのは最後で
あって欲しいなと願いながら書いています…




この記事を読んで色々感じる方も
いらっしゃると思いますが
あくまでも私の考えですので
ご理解いただけると嬉しいです。


アドバイスをくださった方の中には
余計なお世話かもしれませんが…とお金の事を
おっしゃって下さった方が
大勢いらっしゃいました。
お心遣い、本当にありがとうございました。

私のような無知な者にとって皆さんの
沢山のアドバイスはとても心強かったです。

迷い鳥や動物の保護をされた方の中には
電気代等も心配される方がいるかと思いますので
これからもアドバイスしていただけると嬉しいです。(私も分かる範囲で手を差し伸べたいと思います。)

それでもまだお礼金もらいなよ!と
言う貴方は1/4からのきぃちゃんと私の
ラブラブメモリアルを見るといいよ!笑笑








長々とお読み頂きありがとうございました😊


おやすみなさい



里穂





Ameba人気のブログ