昨日、国立競技場でメッシが所属するインテル・マイアミの試合を見てきました。
2月4日の香港での試合ではメッシは出場しなかったので、出場してくれる心配だったのですが後半15分から出場してくれてキレのあるプレーを見せてくれました。

ネットフリックスのワールドカップのドキュメンタリー映画「キャプテンズ・オブ・ザ・ワールド」でメッシは「サッカーを楽しんで努力を続けていれば、結果はついてくる。神様は見ているからね。」と話していましたが、本当にサッカーを楽しんでいました。

 

 

 


残念だったのは、68,000人収容の国立競技場で、28,000人しか観客いなかったことです。(ただ座席をモザイク柄にしたので、空席が目立ちませんでした。)
広告宣伝やチケット料金を工夫して、サッカー少年少女に来てもらえればよかったと思いました。

 

メッシを生で見てみたいという念願がかなってよかったです。