こんにちは♪

 
 
ハンドメイドソーイング教室
『ONE WASH』です。
 



ご無沙汰なレッスンレポート、
ご紹介しますね。



 
素敵なジャガード織の播州織生地で作られた
ワイドパンツ。
こちらの生地はcreemaで買われたそうですが、やっぱり素敵な生地です。
 

型紙は中野ユカリさんの洋裁本から。
 
中野ユカリさんの洋裁本はミシン初心者さんにぴったりの本です。、

直線縫いが多く、型紙のパーツも少なめなので、簡単に作られていますね。
裁断と縫いを含め、一回のレッスンで完成しました。
 
あとはウエストにゴムを入れるだけ。


 


お次は、コロナあけからレッスンを復活された生徒さん。
季節は変わってしまいましたが、ウールの裏地つきワンピースがあと裾を残すだけになりました。


ブラウンからブラックに変わるグラデーション、
ブラックの方にはラメ糸が盛り込まれているとても素敵なウール生地でした。


ウエストには共布で、
バックルのついたベルトをプラスされるそうです。




後ろあきにコンシールファスナー仕様、
見返しも色合わせに気を配り、
衿刳りも袖刳りもきれいに控えられています。



 とっても素敵でしたので、
ぜひ、お出掛けに着てくださいね。



⭐︎スモッキング刺繍入りのキャミワンピース




 グリーンの綿麻ギンガムチェック地に
スモッキング刺繍をされてお持ち込みに。

このスモッキング刺繍の生地をベースに
110センチのキャミワンピースを作りたいとのこと。
そして、後ろ身頃の背面部分にシャーリングゴムを入れたデザイン。今日はシャーリングゴムを入れる方法を習いたい。

型紙も何もないのですが、お持ち込みの刺繍生地をベースに、ある程度の構想は練られていたので、後ろ見頃の寸法などをお聞きし、その寸法通りになるよう、
シャーリングゴムを使い、縫う方法をやってみました。


下糸にシャーリングゴムを巻いて、
縫う方法です。
実はシャーリングゴムって、下糸として使うので、そのシャーリングゴムを引っ張ると自由に縮めることができるんです。

裏側、こんな感じです。


肩紐を作りつけ、
 とっても可愛いキャミワンピースができましたよ♡
 
 



あなたも作りたいものを
かたちにしてみませんか?!




ソーイング教室のお問い合わせ、ご予約はこちら


0798-69-1224
onewash0120.wada@gmail.com


➡︎クービック予約システムから予約する


Instagramは→コチラ