春の気候

テーマ:

今日は循環器系疾患のお話。

 

 

循環器系は大きく分けると血管系とリンパ系からなっています。血管系は心臓と血管で構成され、血液を介して栄養物を各組織に運んだり、体内に溜まった老廃物を体外に運び出す重要な役割を果たしています。一方、リンパ系は組織液を取り除いたり、免疫細胞を産生などの働きをしています。

 

代表的な循環器系疾患として心臓病と脳卒中があります。心臓病とは心臓に起きる疾患の総称で、がんと同じように年々増加傾向にあり、心筋梗塞と狭心症がその代表的なものです。心筋梗塞は、動脈硬化がもとで生じた血栓などにより心筋への血液供給が急激に途絶え、心筋が壊死した場合におきます。狭心症は、動脈硬化により心臓の血管が狭まり、血流量が減少した状態です。

 

 

続きは後日にウインク

 

ラナンキュラス照れ

リキュウバイ照れ

サクランボ爆  笑

今朝は突然の大雨かと思えば、カラッと晴れたり、あたたかかったりニコニコ

春の気候の大変わり爆  笑