最近、号泣してしまった動画から、ひとつの大切なことを思い出しました。
母として、仕事人として生きる中で。

働くって何だろう

キャリアって何だろう

私のキャリアは、積み重なっていってるだろうか
家庭との両立はできているのだろうか

 

今、キャリアについて学ぶ機会を得て、様々な方の「働く」についてお話をうかがっています。

そして、その捉え方に、個性があらわれているし、それは人生そのものだなと思うのです。

 

全ての役割がキャリア

 

「キャリア」というと、何か特別なスキルを磨いたり、経験をしたりというイメージもありますね。

でも、「キャリア」を学ぶ中で、それは、人として生きる中での、様々な役割であることに気づきました。

 

夫や妻であること、子供であること、父、母であること、地域での活動やボランティア、趣味の活動、さまざまな「自分の立ち位置」が全て「キャリア」なんです。

 

そして、その時々によって、どこの比重が重くなるかが変化する。

 

子供が小さいときには、母としてのキャリア

親が年老いたら、子供としての比重が大きくなったり。

 

でも、キャパが限られている。

 

自分ひとり。

 

そう考えると、全てのキャリアの成長は、バランスよく、要領よくやっていくことこそ大切だと気づきます。
 

 

号泣した動画

 

キャリアの学びの中で、あるお母さんの動画に号泣しました。

 

保育園に通う子供が熱を出して、急いで仕事を切り上げてかけつけるお母さん。

 

夫のサポートは得られず、明日も熱が下がらなければどうしようかと。

 

子供を抱きかかえながら帰る道すがら考えます。

 

私は、きちんとできているだろうか?仕事も、育児も。
 

そう自問自答するお母さんに、子供が「おかあさん大丈夫?」を繰りかえす。。。。




 

 


大丈夫だよ

 

子育てをしていると、いつも思い出すワンシーン

 

映画の<ライフイズビューティフル>
ナチスの収容所で、お父さんが亡くなる直前まで子供に伝えたのは

「大丈夫だよ。これはゲームだ。」

 

大丈夫だよ

 

私は、いつも、子供に対してはそのメッセージを送ろうとしている。

 

体調が悪かったり

 

心配事があったり

 

すっかり自信を失っているときも。

 

大丈夫だよ

 

できる限りの笑顔で。無理やりつくる冗談で。

 

世のお母さんの多くがそうなのではないでしょうか。

(お父さんも、ですね。)

 


私は、大丈夫かな

 

そんな日々が続く中で、忘れてほしくないことがあります。

 

それは、

 

私は、大丈夫かな

 

ということ。

 

仕事、母、主婦、娘、様々なキャリアをこなす日々の中で。

 

バランスをくずしていないかな?

 

苦しくなっていないかな?

 

私、大丈夫かな。。。。。
 

 



10年のブランクが教えてくれたこと

 

私自身は、この「私、大丈夫かな?」を自分に問いかけることなく自滅してしまったタイプでした。

子供が生まれてから、実に10年以上、体調不良となり動けない時間がありました。
 

 

もし、ひとこと自分に問いかけてあげることができていたら。

 

もし、だれかがら、そっと背中に手をあててくれたら。
 

人生のメインステージである40代を、もっと素晴らしいものにできたのでは、という悔いもあります。

 

が、そこはきっと意味があること。

 

私自身の<キャリアの学び>を通じて、同じ思いの方がいなくなるよう。

 

少しでも、次に繋がるヒントを提供できるよう。

 

サポートしていきたいと思っています。


忙しい人ほど、毎日でも、自分に問いかけてほしい。

私、大丈夫かな?

 

ヘルプ!を言っていい権利が、私たちにもあるんです。
全てがキャリア、全てが私自身なのだから。

 

 

 

※*※*※*※*※*※*※※*※*※*※*※*※*※※*※*※*※*※から


~ブランディング イメージアップに~1分でできるキャラクター診断

7枚の写真から選んで、キャラクターを診断してみなせんか。
キャラクターや、得意分野、おすすめカラーまでアドバイス。
こちらよりご覧ください

 


最新情報はLINE公式でお伝えしています
友だち追加

インスタグラムでも情報発信しています
Color School

Branding


藤崎は、どんなことをやってきた人?プロフィールはこちらへ.。