こどもたちの本音。

テーマ:
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

セルフキッズで小学生に英語の文法を教えていると、小学校での英語の授業の現場がよく見えてきます。

「英語の授業はゲームばかり」

「英語を勉強している感じがしない」

「英語をまったく書かない」

「英語の授業だけで英語を覚えることがない」

「英語の教科書をほとんど使用しない」

これは果たして英語の授業なのでしょうか…

こどもたちが現在の小学校の現場をよく話してくれる為、小学校の英語の授業の実態がしっかり伝わってきます。

セルフキッズで英語の文法を教えることで、

「もっと英語を学びたい」

「学校でも英語をセルフキッズみたいに教えてもらいたい」

「英語を書くことのほうが覚える」

「何度も書くと覚える」

英語への理解を深めたい小学生たちがこんな大勢いるのにも関わらず、こどもたちの声は義務教育である小学校の現場には届いておりません。

だからこそ、私はこどもたちに現時点の中学生レベルのライティングを丁寧に教えております。

英語の文法を吸収しようとしている小学生たちが多数いることをもっと理解し、
現場のこどもたちの声を拾い上げていく教育が必要だと感じております。