気が付けば一瞬のウチに9月が過ぎ

10月になってしまいました。

 

日々全力で生きていると、時の経つのは早いモノで・・・。

 

「あ」っと言う間に過ぎていました。

 

台風や増税の話もしたかったのですが

一か月もの長期間ブログをお休みしてしまいました。

 

楽しみにしてくださっている皆様には

本当に申し訳ありません。

 

10月に入り・・・まだ身近に感じませんが

消費税が10%になりました。

 

これによりこれから国民を福利厚生も充実していくと思います。

 

ある経済評論家が言ってましたが・・・。

 

国を好景気にし続けるには

やはり人口を増やす事だと話していました。

 

自分もそう思います。

 

どんな業界でも、消費者がいて経済が回る。

 

お金を使う人がいないともちろん経済は回りません。

 

そうすると、国は税金を取れないので消費税と言う名の税金を

強制的に国民から徴収して、国の納税を安定化する。

 

簡単に言えば・・・そう言う事なんです。

 

ではどうすれば人口が増えるのでしょうか?

 

簡単に言えば出生率を上げる事です。

 

過去にはベビーブームが数度あり

そのおかげで消費も上がって経済が回る。

 

まさに「産めよ増やせよ」の時代だったんです。

 

赤ちゃんでも大人でも消費はします。

 

人間である以上、ごはん食べますよね!

 

もうそれ自体が消費ですから、人口が増えれば

多くの食材が売れて皆さんが食べる。

 

多く売れれば、スーパーも雇用を増やす。

 

スーパーが売れるようになれば

それに伴った農家さんや、畜産の業種にも影響し

そうした生産者の方々も雇用が増える。

 

こうしてお金は国内を駆け巡っていくんですね。

 

では、逆ならどうでしょう。

 

消費が少ないと雇用もいらなくなり

生産者も雇用がいらなくなり。

 

結果、お金が動かないし消費もしない・・・。

 

そうすると税金が入らなくなってきます。

 

仕方がないので消費税を上げるしかない。

 

・・・と負の連鎖なんですね。

 

ですから、一番の経済効果は出生率の上昇になる訳です。

 

しかも子どもは女性と男性で作るものですから

子ども1人で50%減。

子ども2人で100%の増減なし。

子ども3人でやっと150%ととなり

人口増加につながって行きます。

 

残念ながら私は子どもを1人しか持つことができませんでした。

 

いつか・・・息子に謝る日が来ることを感じながら

それでも息子に自分が生きてきた時代の負の遺産を

後継するわけには行きませんので

少しでも悪あがきしていきたいと思います。

 

世界に目を向けても人口増加が課題の国も多く

消費税が20%と言う国もあります。

 

ニュースでは消費税は10年は上がらないと

首相のコメントでありました。

 

「え?たった10年?」と思う方もいるかも知れません。

 

でもこの10年が大事で、出生率が上がらなければ・・・増税

人工が増えていけば・・・現状維持となるよう

その「猶予」だと考えているのではないでしょうか?

 

若い世代の皆さん!!

 

どうか結婚し、子どもたくさん作って頂き

より良い老後を過ごして頂きたいと思います。

 

これからもしかしたら・・・ですが

不妊治療とかも43歳まででなく

年齢の引き上げもあるかもしれませんね。

 

ぜひそうあって欲しい。

 

10%の増税でこれからの経済がどう変わるのかは分かりません。

 

でも、経済大国の日本人でいる以上

今後も次世代の為に「今」を頑張りましょう!!

 

すべては明日のために・・・。

突然ですが皆さん!

ここどこだと思いますか?

 

よく行かれる方はご存知かと思います。

 

とある仕事で夜六本木ヒルズに集合・・・と言う

お仕事を頂きまして・・・。

 

その集合場所から見上げたヒルズです。

 

これを見上げて思った事はただひとつ。

「どんだけお金があっても、ここには住まないだろうな」って

感じました。

 

ここに住んでいる方々を否定する気はさらさらありません。

 

むしろ住める財力がスゲーって単純に思います。

 

・・・でも、何でここがいいんだろう???

 

スーパー職人とかでお買い物して

いっぱい荷物持って50階とか上がるの

大変だろうな・・・・。

 

とか

旅行から帰ってお土産いっぱい抱えて

部屋に帰るの大変だろうな・・・とか

 

一番の心配はゴミです。

 

私が住む場所でも燃えるゴミは週2回もある。

 

50階とかからエレベーター使って捨てに行くのかしら?

 

生ごみとかだったら、そのあとエレベーター乗った人は

置き去りにされた屁の様な不快感を感じるんだろうな・・・とか

 

住んでもいないし、すむつもりもないのに頭の中は

心配事でもう大変です!!!

 

住んでる方には都なんでしょうが自分はやっぱり

田舎暮らしが性に合ってます。

 

平屋、もしくは2階屋で寝室の前に

ベランダを大きく作って

パラペットも高く作って

隔離感を出したいな・・・とか妄想してます。

 

これだけ待ったんだもの!家には妥協したくありません!!

 

ま・・・あとはお財布との相談ですがね(^^;

 

タワーマンションを見て妄想し

勝手に心配しているアホでした(^^)/

皆様こんばんわ!

 

神出鬼没のブロガー?こと毎度おなじみ関口です。

 

最近のとある出来事。

 

いきなり初対面の方から「最近の横浜イイ旅でしたね!」

って急に言われて「何で知っての?」って聞いたら

いつもブログ読んでます!!って言ってくれました。

 

しかもその方は、直接のFaceBookの友達ではなく

間接的の知り合いの方から読んでいただいているそうで

「いつも楽しく読んでます!」ってキラキラの目で

言ってくれました!!!

 

ありがとうございます(^^)/

 

ってかビックリしました!

 

最近こんな些末な文章をお読みいただいてる方には

本当に感謝の念が尽きません♪

 

さて・・・。

 

先日も書きましたが。

 

思春期女子の「キャー」について

自分なりに考えた結果が出ましたので

ご報告をさせて頂きたくキーボードを叩いております。

 

女子のキャーと言う時期は

①年齢が13歳位から20歳前後だと言う事。

②男子も例外では無いと言う事。

③男子の方がキャー期間が長いと言う事。

④女子は年齢や性格によって男子に寄ると言う事。

・・・と言う結論に至りました。

 

思春期女子は怖い出来事でもカッコいいでも

嬉しいでもサプライズでも悲しいでも一通りキャーで済ませます。

 

悲しいは例外化も知れませんが、実際に悲しい場面でのキャー率は

そんなに低い事ではなく、葬儀でも時折

キャー女子の生態系を垣間見る事ができるときもあるのです。

 

それに伴い男子はとう言うと、さすがに「キャー」は言いませんが

その代わりとして「ウオー」とリアクションするのは多々ある事です。

 

これも女子と同様、何時でも「ウオー」は見られる習性です。

 

③で書いたように男子は「ウオー」を多発する事が多く

また、知る限りでは50代位までは「ウオー」期間があると

検証結果が出ています。(あくまで私個人の見解です)

 

例文を挙げると「ウオーマジか!」「ウオースゲー!!」等々

「ウオー」の使い勝手と相まって頻発されることが多いようです。

 

これは女子にも当てはまります。

元来、ボーイッシュな女子は「キャー」を言わず

「ウオー」と言う結果があります。

 

かと言ってオネエ系の男子は逆に「ウオー」使わず

「キャー」を言う方々が多いのも事実です。

 

その辺を踏まえて、普段見ているテレビを思い返してください。

 

ボーイッシュな女子(特に女子プロレスラー)などは

そもそも「キャー」と言いませんよね!

 

北斗晶さnが「キャー」って言うのを見かけたら

ある意味テレビに釘付けになります。

 

逆にイッコーさんやはるな愛さんが「ウオー」って

ドスの低い声で言ってたら、それはそれで面白いですが

キャラは確立されなくなります。

 

上記の検証結果元に、導き出される答えは

やはり「ウオー」や「ウワー」派の方が圧倒的優位の数字を

挙げていると考えられるでしょう!

 

それだけ日常的に「ウオー」は浸透しているのです。

 

皆さんはいかがでしょうか?

 

無論、私は「ウオー」派です。

 

しかしこの研究を考えだしてからというもの

日常的に存在する「キャー」の言葉に率先して

耳を傾けるようになりました。

 

そして意外な事実を発見します。

 

現在の日本国にの内部ではあまり「キャー」の声は

聞こえないと言う事です。

 

それは弁明するまでもなく、街中で「キャー」の声が聞こえれば

まず先に連想するのは「犯罪に巻き込まれたのでは?」と

誰もが思うからです。

 

そうなんです!あの思春期女子たちは

街中では「キャー」を自粛しているのです!!

 

それなのに、女子同士では何かあると「キャー」を言います。

 

カフェなどでお茶している時など、ケーキがテーブルに配布されただけで

「キャー」と雄たけびをあげ、挙句の果てにはインスタ映えするからと

キレイなケーキに自身の顔を一緒に写真に撮り

それを公共のSNSに上げて喜んでいる。

 

自身が映り込んだ事によって

せっかくのケーキがインスタ映えしなくなる・・・そんな事も分からずに。

 

しかも「○○なう!」とか丁寧に今現在自分がいる居場所まで

教えているなんて、正気の沙汰とは思えません。

 

おっと!少々言葉が過ぎましたね♪

 

終わりに・・・。

なぜ今回、このような事を書かせて頂いたかと言うと

現在の日本国に置ける日本語の進化?が正しく進んでいない!

と言う観点から、これからの日本語を考えていくにあたり

このままではいけない!と言う危惧から書いたものであります。

 

ようは・・・

ヒマだったから、難しく意味の薄い文章を長々と書いただけであります。

 

全く意味はありません(^^;

 

今回もお読みくださった皆様。

 

再度お読み頂く際には、くれぐれも柔らかい感情で

お読みいただく事をお願い致します(^^)/