SEIRIOS LIVE 2021「未来回帰~ミアハップルハールリキーア」出演者のご紹介です。


 

Frankie T. (ギター、シンセサイザー)

   

SEIRIOSのプロデューサーでもあり、 全曲の作曲をしているFrankie T.さん。
コンサートで使われる映像やYouTubeの動画も全部制作している多才なフランキーさんは
今回のライブではセイリオス号の船長として皆様を時空を超えた旅へとお連れします♪

 

※シブがき隊『月面淑女!』で作曲家デビュー。以後、多数のJ-POPやアニメ主題歌を提供。福岡ソフトバンクホークス公式応援歌「いざゆけ若鷹軍団』はダイエー時代から愛され歌い継がれている。その後フリーのプロデューサーとして、アーティストのCD制作、デジタルコンテンツ制作を行う。近年は主に癒し系音楽を作編曲。アルバム『ほっとひといき自律神経が安らぐ音楽』(キングレコード)をリリースしている。

 

 

Shaylee (ボーカル)

2015年のSEIRIOS結成時からの参加。透明感のあるヒーリングボイスで歌う姿はまるで妖精のようと言われてますが、今年はいろいろな精神的な体験をされて、更に深い魂の歌声を聴かせてくれることでしょう。

 

※神秘的なヒーリングボイスと称され、オリジナル曲の他、アイルランド民謡や賛美歌、童謡など美しい世界の伝統曲を歌うシンガーソングライター。東日本大震災後、被災地の人々へ送ったスコットランド民謡『Auld lang syne』がYouTubeサイトで注目を集め、世界の民謡曲集アルバム『Traditional Songs』でCDデビュー。2018年、オリジナル1stアルバム『Light and Shadow』を発売。2021年にはミニアルバム『日本の美しい歌』を配信限定で発売。多数の人気アニメや映画などの劇伴作品にヴォーカリストとしても参加。映画『鹿の王ユナと約束の旅』など。

 

 

野沢香苗 (二胡&ボーカル)

2015年結成時から参加。歌うような二胡の音色は心の琴線に響くことでしょう。セイリオスでは、二胡だけでなく、ボーカルにコーラスとフル活動です。

 

※女優として出演した舞台で「二胡」と出会い、魅せられ、以来二胡奏者として活動を続ける。

中国の民族楽器としての二胡にとらわれず、様々なジャンルの音楽に取り組み、その独特の艶やかな音色は聴く人の心を魅了している。

2007年1月、日本人二胡奏者として初のメジャーデビュー。歌っているかのようだと評される演奏はもちろん、オリジナリティ溢れる作曲能力と魅せるステージングで、幅広い世代から支持を得ている。また、近年では二胡だけでなく、歌での表現にも力を入れており、その歌声はファンのみならず音楽家からの評価も高い。

 

 

中野正男 (キーボード)

2016年のライブから参加。キーボードを自由自在に操る中野さん。ジャンルにとらわれず、さまざまな演奏スタイルで対応してくれます。

 

※自己のバンド活動と並行して、様々な歌手、アーティストのサポートやレコーディングに参加。1990年より作家として楽曲提供し、93年よりアレンジやプロデュースを手掛ける。95年より専門学校講師を務めながら、自己の制作チーム「M‘sFolder」でカバーCDなどをリリース。さらには、書籍等の制作も行うなど様々な分野で活動している。

 

 

Remi (ボーカル)

2年前のライブから参加。沢山のプロジェクトに参加されているRemiさん、その繊細で美しいソプラノボイスで皆様をセイリオスの世界へと誘ってくれることでしょう。

 

※ソプラノ歌手。作詞、作曲も手がける。クラシックのバックグラウンドを持ちながらも、多彩な音楽性でコンテンポラリー・ミュージックに新たな解釈を吹き込み、歌唱・制作に取り組む。レコーディング・アーティストとして多数のTVや映画のプロジェクトに参加し、J-popアーティストのサポート、バックグラウンド・シンガーとしても活躍。

オリジナルプロジェクトVentoAriosoでは「一曲の映画」をコンセプトに映像音楽作品をYouTubeにて発表。2013年オリジナルアルバム『Fairy Dance』、2014年アレンジアルバム『Missing Season - Fairy Dance-』2016年オリジナルアルバム『Aurora』リリース、2017年アレンジアルバム『Into My Imagination - Aurora-』

 

 

Ikuko (ボーカル)

The SEIRIOS時代のアルバム、降り注ぐ光のシリーズ3部作のボーカルを務めていたIkukoさんは、新しいSEIRIOSになっての初参加です。久しぶりの歌声が楽しみです♪

※アニメ、ゲームなどの作品を数多く手掛けるヴォーカリスト。ジャンルを超えた音楽活動を行う。クリスタルボウル奏者(音楽療法などにも使われる水晶で作られた楽器)、作詞・作曲家。ナレーションも手掛ける。

幼い頃より「見えないものの世界」に親しみ、レイキ、倍音唱法など様々な癒しの手法やアカシックリーディングなどを学ぶ。近年、声と音と直観による独自の表現活動を行なっている。

 

 

そして今回初参加のダブル佐藤さんです。

お二人共いろいろな音楽シーンで活躍されているベテランのミュージシャンですので、

セイリオスの音楽もさらに広がりが増すことでしょう。

佐藤哲也 (ベース)

今回初参加の佐藤哲也さん。

 

※ちあきなおみ、TARAKO、岩崎良美、杉良太郎、森進一、市村正規、一路真輝、角松敏生、保科有里、神野美伽、杉山清貴、井上芳雄、渡辺麻友など、100人以上の歌手のサホートを国内外で務めるかたわら、さまさまなレコーティンクにも参加。自己のバンド活動としては、「Panache」などのバンドで多数のCDを発表。全国各地でコンサート活動を行う。「Annie」をはじめ、「宝塚歌劇団」や東宝のミュージカルにも多数参加。音楽之友社から『バンドでベースが弾きたい』を出版。専門学校「ESPエンタテインメント東京」講師

 

■佐藤唯史 (パーカッション)

同じく今回初参加の佐藤唯史さん。セイリオスではパーカッションは初めてです。

 

※北海道芦別市出身

ペドロ&カプリシャス、東京キューバンボーイズ、和田アキ子、DEEN、白鳥英美子、夏川りみ、ジュディオング、来生たかお、岩崎宏美、ASKA、水樹奈々、神野美伽、宗次朗、他多数・・・。 ペドロ&カプリシャスのアルバムTreinta Anosの『MOON』と白鳥英美子のアルバム『クロスマイハート』ではタイトルソングを作曲している。

世界150ヵ国で上映された「ジョン・ウー」監督作品『レッドクリフ』では和太鼓でサウンドトラックに参加している。

 

 

また今回のライブでは、人気声優のお二人が初めて参加し、作詞家・森 由里子の書き下ろしストーリーを舞台で演じます。
■豊田萌絵(声優) 


※プロフィールはこちらをご覧ください。

 

■奥山敬人(声優) 

※プロフィールはこちらをご覧ください。

 

以上のパフォーマーの皆様がライブを彩ってくださいます。
どうぞお楽しみに♪