腎盂がん、リンパ節転移消失。
 

 

抗がん剤をやりたくない方には、当院の新しい免疫療法をお勧めします。

私もがんになったら抗がん剤はやらずに、この免疫療法を選択します。

大切な私の家族にも、この免疫療法を受けさせます。

 

あきらめないがん治療。

劇的な効果も期待できる最終手段、

NK+オプジーボ+ヤーボイ投与、

アクセル+ブレーキ療法を是非ご検討ください。

 

医療は日進月歩です。これからも最新治療を皆様にお届けすべく

日々頑張って、がん治療に革命を起こしたいと思います。

 

治療がないと言われ、緩和ケアを勧められた方、

あるいは抗がん剤をしたくない方は、

当院独自の免疫療法、免疫チェックポイント阻害剤を併用した、

アクセル+ブレーキ療法をご検討ください。

 

私の想いが詰まった 動画もあります。 これもご覧ください。

 

阿部 吉伸

 

 

ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり

『アクセル+ブレーキ療法

    無料説明会毎月開催中』 

開催日時(予約制)

11月25日(日)

13時開始(12時30分より受付)

0120-798-300 お電話でご予約ください!

 

湘南メディカルクリニック新宿院

診療時間 AM10:00~PM7:00(予約制)

休診日【木曜】

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-21-3
西新宿大京ビル7F

 

初診無料 ご予約はコチラ⇓

0120-798-300

HPはコチラ⇓

https://www.immunotherapy.jp/

医師が答える無料メール相談はコチラ⇓

https://www.immunotherapy.jp/form/mail.html

無料資料請求はコチラ⇓

https://www.immunotherapy.jp/form/material.html

 米メルクは2018年11月16日、抗PD-1抗体「キイトルーダ」が肝細胞がんの2次治療で米FDA(食品医薬品局)から迅速承認を取得したと発表しました。標準療法であるバイエル薬品の抗がん剤「ネクサバール」による治療歴のある患者の治療の適応です。

 

 臨床第2相試験の結果に基づく迅速承認で、承認継続には追加の検証試験による臨床上の効果の確認が条件となります。

 

 肝細胞がんの2次治療ではすでに抗PD-1抗体「オプジーボ」が米国と台湾で承認を取得しています。

 

 

抗がん剤をやりたくない方には、当院の新しい免疫療法をお勧めします。

私もがんになったら抗がん剤はやらずに、この免疫療法を選択します。

大切な私の家族にも、この免疫療法を受けさせます。

 

あきらめないがん治療。

劇的な効果も期待できる最終手段、

NK+オプジーボ+ヤーボイ投与、

アクセル+ブレーキ療法を是非ご検討ください。

 

医療は日進月歩です。これからも最新治療を皆様にお届けすべく

日々頑張って、がん治療に革命を起こしたいと思います。

 

治療がないと言われ、緩和ケアを勧められた方、

あるいは抗がん剤をしたくない方は、

当院独自の免疫療法、免疫チェックポイント阻害剤を併用した、

アクセル+ブレーキ療法をご検討ください。

 

私の想いが詰まった 動画もあります。 これもご覧ください。

 

阿部 吉伸

 

 

ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり

『アクセル+ブレーキ療法

    無料説明会毎月開催中』 

開催日時(予約制)

11月25日(日)

13時開始(12時30分より受付)

0120-798-300 お電話でご予約ください!

 

湘南メディカルクリニック新宿院

診療時間 AM10:00~PM7:00(予約制)

休診日【木曜】

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-21-3
西新宿大京ビル7F

 

初診無料 ご予約はコチラ⇓

0120-798-300

HPはコチラ⇓

https://www.immunotherapy.jp/

医師が答える無料メール相談はコチラ⇓

https://www.immunotherapy.jp/form/mail.html

無料資料請求はコチラ⇓

https://www.immunotherapy.jp/form/material.html

 米ブリストル・マイヤーズ スクイブ(BMS)は2018年11月16日、抗PD-1抗体「オプジーボ」と抗CTLA-4抗体「ヤーボイ」の併用による腎細胞がんの1次治療の適応について、欧州医薬品庁の医薬品委員会(CHMP)が承認を推奨する肯定的見解を示したと発表しました。CHMPの推奨を基に今後、欧州委員会が承認を審査します。

 

 承認取得できれば、1次治療の適応は、日、米、韓国、台湾に続いてとなります。

 オプジーボ、ヤーボイを除いて腎細胞がんの適応を持つ免疫チェックポイント阻害剤はありません。

 

今後もさまざまながんでオプジーボとヤーボイの併用療法が広がる見込みです。

 

抗がん剤をやりたくない方には、当院の新しい免疫療法をお勧めします。

私もがんになったら抗がん剤はやらずに、この免疫療法を選択します。

大切な私の家族にも、この免疫療法を受けさせます。

 

あきらめないがん治療。

劇的な効果も期待できる最終手段、

NK+オプジーボ+ヤーボイ投与、

アクセル+ブレーキ療法を是非ご検討ください。

 

医療は日進月歩です。これからも最新治療を皆様にお届けすべく

日々頑張って、がん治療に革命を起こしたいと思います。

 

治療がないと言われ、緩和ケアを勧められた方、

あるいは抗がん剤をしたくない方は、

当院独自の免疫療法、免疫チェックポイント阻害剤を併用した、

アクセル+ブレーキ療法をご検討ください。

 

私の想いが詰まった 動画もあります。 これもご覧ください。

 

阿部 吉伸

 

 

ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり

『アクセル+ブレーキ療法

    無料説明会毎月開催中』 

開催日時(予約制)

11月25日(日)

13時開始(12時30分より受付)

0120-798-300 お電話でご予約ください!

 

湘南メディカルクリニック新宿院

診療時間 AM10:00~PM7:00(予約制)

休診日【木曜】

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-21-3
西新宿大京ビル7F

 

初診無料 ご予約はコチラ⇓

0120-798-300

HPはコチラ⇓

https://www.immunotherapy.jp/

医師が答える無料メール相談はコチラ⇓

https://www.immunotherapy.jp/form/mail.html

無料資料請求はコチラ⇓

https://www.immunotherapy.jp/form/material.html