閉じられた 未来の扉 紗友希色 愛愛傘は もう開かない

閉じられた 未来の扉 紗友希色 愛愛傘は もう開かない

チームD♭はしばらく更新停止いたします
清野桃々姫(BEYOOOOONDS) はチームA
石栗奏美(研修生北海道) チームB♭m に移籍します



さて1位まで発表が終わりましたが

実は 0位 としか言えないものが存在します

2004年の夏ハロで

のちの℃-uteが披露した

 

乙女パスタに感動

 

 

 

この曲調性が微妙で変ニ長調で始まるものの

途中でイ長調に転調してイ長調で終わるので

オリニナルも含めてベストテンには入れずらいのですが

番外としてなら問題ないでしょう

 

 

5位:バケツの水(Buono!)

Buono!の1st.アルバムは

いろんな意味でそれまでのハロプロの楽曲と違いました

ライブも生バンドでやったりしてましたね

 

 

4位:友達(♀)が気に入っている男からの伝言 5枚目のアルバムの収録曲なんですが

ちょっと忘れ去られてるのかな

 

 

 

3位:未来の扉(モーニング娘。)

1st.アルバムの収録曲です

 

2位:愛・愛・傘(Juice=Juice)

卓偉がこんな曲を書くとは思わなかった

ブログタイトルにも反映してます

 

 

1位:青春の花(こぶしファクトリー)

感動の余韻がまだありますね

この時代は人生で1番多感な時期でもあり

聴きまくった曲はいっぱいあるのに

なぜか音源が見つからないものが多いんです

 

長谷川きよし が歌ってた

心中日本 という曲 

なぜか 心ノ中ノ日本

というタイトルで検索すると出ます

なんとなく理由が見えるんですが

 

心中日本 を 心ノ中ノ日本 

に変えてしまうと
意味が全然変わってしまいますよね

文学作品でそんなことやったら

どうなりますか

 

たとえば近松門左衛門の 

曽根崎心中 を 曽根崎ノ心ノ中 

なんて変えたら怒る人いっぱいいるでしょ 

作品が生まれた時代の背景とかもあるんだから

タイトルや歌詞は時代の要請で変えちゃいけないと思う

 

歌詞では

吉田拓郎が

ペニーレインでバーボンを の

見ているものはいつもつんぼさじき

の つんぼさじき を

かやのそとで に変えて

歌っていたことがありました

 

1974年の発売直後に

名古屋市民会館のライブで

つんぼさじき という言葉が問題になって

大阪のほうの放送局で放送禁止になっている

と事実説明の後

身障者団体そのものではなくて

そのバックについている団体が厄介だ

ってな話をしてましたね

 

 

 

 

 

この時代はなにかを模索するような歌が多いんです

なんかみんな生きることに問題意識を持っていたと思うし

暗い のではなく 真剣に考えていた

でも当然結論の出るようなものではないから

しだいに世の中は享楽退廃軽薄短小

真剣に考えることを茶化すような方向へ向かっていった気がします