アナウンサーの佐藤圭一です。

アナウンサーの佐藤圭一です。

アナウンサーをしている佐藤圭一のブログです。


テーマ:
視力回復手術を受けようとあるクリニックに電話すると

「検査前3日間はコンタクトレンズをつけないで欲しい」

と言われました。

これ、結構きつかったです。





それでも勢いだ!と決行!



3日間メガネで過ごし、検査して、その日に手術しました。


どうせやるなら一日でできたほうが楽ですし。



検査の数多かったな。


結果的に、わたし、角膜は平均よりは薄かったんです。

でも、レーシックに問題ないと。


とくにICLを勧められることはなかったですね。



これまで自分なりに症例数や歴史、老眼についても調べたのでレーシックに決めました。




午前中検査してお昼を食べにいったん外に出て、午後手術。

わたしは35万円くらいのレーシックにしました。

7~8年前の機械なら両目で10万円以下でできるんですけどね。

いざ手術!

怖かったですね。

麻酔をしていたものの、もちろん意識ははっきりして、目も見えているので。

瞬きしないようにまぶたをグッと抑え、眼球も何かで抑えられます。

みずがシュッとかかったり、目を動かないように抑えたり、ジジジっと削っていることがわかったり、焦げた匂いがしたり。

でもあっという間。

10分かかってないです。

今の目の状態、視力、乱視など調べて削る厚さが決まり、実行されるってすげーっと思いました。

コンピューターで自動的に削るのかな?


手術直後は白いもやがかかっていたものの、視力がよくなっていることははっきりとわかります。

少し休憩して、目薬などの説明を説明を受けて、目を保護するゴーグルをつけて帰宅。


15分くらいすれば白いもやも消えていきました。

ただ、直後は目が乾燥して涙が出てきます。

この乾燥は2-3日で落ち着きました。

あと、白目の部分、手術中に抑えるんでかなり血がにじんでいました。


これは一週間くらいで消えました。


起きている限りはこまめに目薬をしなければいけないので、早く寝ることに。
ゴーグルをして寝るんですよ。

これがきつかった!
耳が痛い!

あと、1週間はゴーグルをつけて生活をしなければならないとのこと。




ゴーグルはさすがにきついなと翌日検診で相談すると、だてメガネでもいいと。

ちなみに、翌日検査で両目とも2.0になっていました。

近くも見えたんで一安心。
しかし、軽く炎症が起きているから、通常よりも高い頻度で目薬をさすようにという指示もあり不安になります。

あと、寝るときに耳が痛いからゴーグル以外のいいものはないかと聞きました。

すると、プラスチックの眼帯ととめるテープをもらいました。

セットが大変なんですが

こんな感じに





ゴーグルよりはいい!

目薬、ゴーグル、眼帯と一週間は大変です。


楽をするためにレーシックをしたのに、、、
いやでもこの一週間は大事だぞ!

と言い聞かせながら過ごしました。

一週間後の検診で問題がなかったので。

15年ぶりくらいの裸眼生活になりました。

見え方は問題ありません。

コンタクトしているときと変わらないです。

普通の電球を見ても違和感がないのですが、車のヘッドライトだけ中心から直線が放射状に見えました。



この見え方だけ変わったんですが、時間とともに落ち着いてきました。

あと、これまでうちに帰ったらコンタクトを外してメガネになっていたんですが、
今は裸眼で家の中でもよく見えているので、あれ、メガネなしでこれだけ見えているのにコンタクト外さなくていいのかな ?という罪悪感があります。

コンタクト取った時の目を休ませてる感がないので。

いまは回復した視力が戻らないように、毎日3Dの目のストレッチをしています。

せっかくレーシックしたんでね!

コンタクトをつけたり外すよりも長い時間やっています!


レーシックの報告でした。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス