あきの沙羅のブログ/saraaki-012  〜羽生結弦くん応援〜

あきの沙羅のブログ/saraaki-012  〜羽生結弦くん応援〜

日々のこと、感じたことを、羽生結弦くんの
話題を中心に綴ります。

このブログは、萌えブログです(*´艸`)
フィギュアスケートに関しては、詳しくありません。

こんばんは

沙羅です照れ

 

 

 

出遅れですが・・

 

 

羽生結弦くん、

オータムクラシック

優勝、おめでとうございます!

 

 

 

ショート  98.38点

フリー  180.67点、

合計     279.05点で優勝

 

 
記事と
美しいお写真を
取っておきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
○ 中日スポーツより
 
 
 

羽生結弦、今季初戦でV 五輪V3懸かる「北京」視野を公言

 

2019年9月15日 15時45分
 
 

 

 

 

 

 フィギュアスケートのオータム・クラシック最終日は14日、カナダのオークビルで行われ、男子は冬季五輪2連覇で今季初戦の羽生結弦(24)=ANA=がショートプログラム(SP)に続いて1位となるフリー180・67点、合計279・05点で優勝した。大会終了後は、五輪3連覇が懸かる2022年北京大会が視野に入っていることを初めて公言した。

 

(共同)

 

 

https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/figure/news/CK2019091502100029.html

 

 

 

 

 

 

 

○ zakzak  by 夕刊フジ より

 

 

羽生結弦完全V!「上出来…また強くならないと」 2022年北京五輪は「出るつもりで練習してる」 フィギュアスケート

 

2019.9.15
 
 

 

 

 

 フィギュアスケートのオータム・クラシック最終日は14日(日本時間15日)、カナダのオークビルで行われ、男子は冬季五輪2連覇で今季初戦の羽生結弦(24)=ANA=がショートプログラム(SP)に続いて1位となるフリー180・67点、合計279・05点で優勝した。ジャンプの完成度には課題を残したが、2022年北京五輪も視界に入る快勝だった。

 

 紫の新衣装で昨季と同じ「Origin」を舞った。冒頭4回転のループとサルコーはステップアウトしてバランスを崩しながらも耐えて着氷。後半のコンビネーションジャンプも無難に決めたが、2度のトーループとも回転不足を取られた。

 

 それでも、ステップとスピンで全て最高難度のレベル4を並べるなどして得点を積み上げ、圧倒的な自力を見せつけた。ケビン・エイモズ(フランス)が262・47点で2位。256・02点の3位にキーガン・メッシング(カナダ)が入った。

 

 表彰式では、日本人カナダ移民第1号の永野万蔵さんの子孫でもあるメッシングが日の丸を広げ、羽生が頭を垂れる場面もあった。「完璧ではないがある程度まとめることができた。上出来だと思う。また強くならないといけないと思う」と羽生。

 

 注目されたのは4回転ジャンプの構成。羽生は6種類のうち、国際スケート連盟(ISU)公認大会でルッツ(基礎点11・5点)、ループ(10・5点)、サルコー(9・7点)、トウループ(9・5点)の4種類を決めている。

 

 ルッツは17年10月のロシア杯フリーで初成功。同年11月のNHK杯の公式練習で右足首を痛めて以降は封印しており、今大会でも入れなかった。前人未到のアクセル(12・5点)への挑戦も期待されている。

 

 無難なジャンプの構成でも精度が上がらなかったことについて「この構成ならばクリーンに滑りたかった。ノーミス以外は敗北みたいな感覚なので。後半4回転3本の構成と、GPシリーズ中にルッツを入れるかを考えながらやりたい。4回転アクセルは、それをやるためにスケートをしている。そのために生きている」。

 

 一時は引退も噂されたが「(22年まで)そのままやっていたら(北京五輪に)出ます。やっているなら、全種4回転を目指していると思う。負けるぐらいだったら辞める。ぶざまな姿は絶対見せたくない。今もその気持ちで練習はしている」と力強かった。

 

 

 

 

羽生くん、

改めまして

優勝、おめでとうございますm(_ _ )m

 

 

完成形にはならなかったかもしれないけれど

素晴らしい演技でした。

 

 

お衣装も新しくなって

ワタシ達を楽しませてくれる、

ありがとうございます。

 

 

このフリーの紫色の衣装、ワタシ好きです♡

背中にお花がついていて、斬新ね。

 

 

羽生くんの白い肌に、濃い紫色が映えて、よく似合っている爆  笑

素敵ですラブ

 

 

 

 

 

 

 

○ Liz makes pins さんのツイートより

 

 

 

 

 

なんか、透け感があって・・いい感じバレエ

 

 

 

 

また、表彰式の時、君が代斉唱の際、

ご先祖様が日本人のキーガン選手が国旗がしっかり見えるように端を持ってくれました。

 

 

キーガン選手、ありがとう。

 

 

ジーンときました。

そんなことが自然にできるなんて、キーガン選手、良い人だわ。

 

 

その後の羽生くんの対応も、慎み深く礼儀正しい。

日本人としての振る舞いの素晴らしさを世界に見せてくれている、と思いました。

(まだ、ワタシ 写真とツイッター動画でしか見ていないのだけれど・・ )

 

 

 

そして

羽生くんが、まだ現役を続けてくれそうで・・嬉しいです。

 

 

 

 

 

○ 動画、お借りします。

 

 

 

 

 

 

プーさんが正面向いていて、可愛らしいんですけど・・

 

思ったより、点数が・・って感じなのかなアセアセ

 

 

 

 

(追記)

 

 

 

○ 中日スポーツより

 

羽生結弦、2022年北京五輪を視野 「強い自分でありつつ、その

先にあったら…」

 

2019年9月15日 22時17分

 

 

 

 

【オークビル(カナダ)共同】フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=は14日、3連覇が懸かる2022年北京五輪について「(そのシーズンまで)そのままやっていたら出る」と語り、出場を視野に入れていることを初めて明かした。優勝した今季初戦のオータム・クラシック(オークビル=カナダ)終了後に報道陣の質問に答えた。

 

 羽生はこれまで「次の五輪については考えられない」などと態度を明らかにしていなかった。しかし、この日は「明言はできないが、常に強い自分でありつつ、その先にそれ(五輪)があったらと思う」などと話した。

 

 引き際について「負けるぐらいだったら辞めろって思っている。ぶざまな姿は絶対見せたくない」と価値観を吐露。「今は本当に(世界初となる)4回転半ジャンプをやるためにスケートをしてるなって思う。そのために生きている」と強い思いを口にした。

 

 

 

https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/figure/news/CK2019091602100006.html

 

 

 

追記、ここまで。

 

 

 

 

 

ワタシ、なかなか、しっかりとは

応援の発信ができないけれど・・・

これからも

細々ではあるけれど

羽生くんを継続して応援していきたい、と思います。

 

 

気ままな更新になるとは

思いますが・・

皆様

これからも

よろしくお願いしますm(_ _ )m

 

 

 

それでは

この辺で・・

 

 

お付き合いいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

皆様

 

       またね

 

               沙羅

 

 

 

 

 

動画、画像は、お借りしています。ありがとうございます。