玄関の格子をガラス塗料で塗装しました。

 

 

 

 

ヒノキの柱、梁、格子へクリアのガラス塗料を塗装しました。

 

 

日当たりが良く、道路のすぐそばにあるお家なので、日焼け、車の排気ガス、雨が掛かってなどの変色を心配されていらっしゃいました。

 

 

取り付け前に1本づつ、木口を含め6面に塗装します。

木材を取り付けた後に塗装では、塗りむらが出たり塗れないところが出て来たりするので取り付け前に塗装するのがベストです。

 

 

 

 

 

庇の裏も直接日が当たることはありませんが紫外線でどうしても変色してしまうのでその防止にガラス塗料を塗装しました。

 

 

 

 

 

取り付け・塗装後

 

 

 

 

 

 

 

白木の色がキレイなまま、長持ちする格子となりました。

 

ガラス塗料の採用ありがとうございました。

 

 

既存のお家で床断熱へセルロースファイバーを施工しました。

 

お施主様が床に断熱がしてあるはずなのに、なにか冷たく感じるのでセルロースをとのご相談でした。

 

 

施工前の下見で床下に入ると断熱材は入っていました。


 

 

 

 

 

お部屋の中は蓄熱器とエアコンでかなりポカポカでした。

 

しかし、お施主様はフローリングの上にカーペットが敷いてあって、その上に寝っ転がってテレビを見ていたら、どうも冷たく感じるとのことでした。

 

今の時期、冷たく感じるだけでも身体にストレスになりますね。

 

 

 

寒さを感じる原因のひとつと思われるのがこれ

 

 

 

床材と壁の断熱材のちょっとした隙間です。

 

この床材と断熱材の隙間から床下の冷たい空気を、暖房で暖かくなっているお家の壁の中の暖かい空気が上に上がろうとして冷たい空気を一緒に引っ張りあげてしまう。

 

壁の外側には断熱材が入っているので、室内側を冷たい空気が通っていきます。

 

床下に断熱材が有ってもこの隙間から壁の中へは冷たい空気が入って行きます。

 

 

お部屋の中はポカポカでも壁が冷たかったら、温度差で寒さを感じてしまいます。

 

 

 

作業開始!

 

今まで有った発泡スチロールの断熱材を剥がし、床下からシートをはってセルロースを吹き込みしていきます。

 

 

 

 

この体勢で床下全部にシートをはってセルロースを吹き込み。

 

 

先日のような新築のお家の時は上から施工出来ます。

 

 

 

 

基礎や壁の隙間などシートが貼れないところは羊毛を詰め込みます。

 

 

 

これで床合板と壁の断熱材の隙間が塞がり、冷たい空気の通り道が無くなって床下の空気も動かなくなりました。

 

 

 

 

 

セルロースの吹き込み口を塞いで施工は終了です。

 

 

1日目をリビングの方、2日目で全て施工完了しました。

 

2日目の朝一番にお施主様から

昨日の朝と今朝と空気感が違ってます。今朝は部屋の中が暖かいです。

と嬉しいお言葉をいただきました。

 

下見の時に暖かいお家だったので満足していただけるか心配だったのですが、まだリビングしかセルロースが入っていなかったのに暖かさを体感していただけて本当に良かったです。

 

 

新築の施工ではお施主様から直接すぐに感想はお聞きできません。今回のような既存のお家ではすぐに体感してもらい嬉しいお言葉まで聞くことが出来て、私も嬉しくなり本当にありがたい限りです。

 

 

デコスセルロースファイバーのご採用ありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

床にセルロース断熱を施工しました。

 

 

 

根太と大引の間の下側にシートを張っていきます。

 

 

セルロースが入ると重さで下がってしまうので垂木や板を打って下がらないようにしてもらいました。

 

 

根太と大引の下にシートを張って(左側)、その上にかぶせて張ります(右側)。

 

 

そして、その下のシートと上のシートでサンドイッチされた間にセルロースを吹き込みします。

 

 

大引と根太の太さの105mmのセルロース断熱が出来上がりです。

 

この上に大工さんが床合板を敷いて、床になります。

 

 

 

格子のシートと更にキッチリ入ったセルロースで、もう床が完成!に見えます。

 

 

が、実際はいくら下にセルロース受け用の垂木や板があると言っても人がすたすた歩いて大丈夫の強さは無い・・・

 

よくご存じでない方がこの上を歩いてシートに穴がズボっで、修理をお願いします(>_<)

ということが・・・。

 

 

このセルロース入りシートの上は、風が吹き抜け状態のこの状態でも冷たさは感じず、歩きたい衝動にかられます。が、がまんしました。歩いたらまたやり直しになってしまいます(笑)

 

 

こちらのお家ではこの後、2階の床、壁、天井とセルロース断熱を施工させていただきます。

この状態ではまだ壁にもシートを張れないので今日は一階の床だけでまた後日来ます。

 

 

 

セルロースの採用ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直接お問い合わせをいただいて調査をした一般のお施主様からホウ酸による防腐防蟻の依頼を早々に頂き、施工に行って来ました。

 

前回訪問した時の調査報告書が大変ご好評で喜んでいただきました。床下などでは不具合が有っても工務店さんにお願いしてなかなか自分では確かめに行かないところだと思います。

 

 

実際、私も自分の家の床下に入ってみたことは人生で数える程。

用事がないと行かない・・・(^_^;)

 

 

 

今回は床下のホウ酸水溶液処理と小屋裏へのホウ酸の粉を散粉するダスティングをします。

 

 

まずは養生

 

 

 

ホウ酸でもくもくにします。

 

 

 

 

 

小屋裏にホウ酸の粉を散粉するとムシたちがその上を歩いて身体にホウ酸が着き、グルーミングをして自分の身体に取り込んで死んでしまいます。

 

これをするとシロアリ予防になり、さらにゴキブリなどのムシにも効果があります。

 

 

 

続いて床下

 

調査の時に見た、基礎にある水抜き穴をホウ酸入りのパテで塞ぎました。

 

先ずはシロアリを入らせないことが大切です。

 

地下に通じている配管類を伝ってシロアリが入ってくることがあります。

 

通気口のまわりは外側からでも目で確かめられますが、地下からは見つけにくいので予防が大事。

 

塞ぐ前と後

 

 

 

 

このあと水溶液を噴霧していきます。

 

 

 

全ての木材と基礎の立ち上がりに噴霧します。

基礎の立ち上がりにホウ酸がくっついていると、もしシロアリに蟻道が作られてもその中でホウ酸が効果を発揮し、来なくなります。

 

 

 

今回はお施主様にボロンdeガードを見つけていただいたので施工させていただく事ができました。

身体に安心安全で、一度施工することで効果があり結果的にコストダウンできるのはホウ酸による防腐防蟻です。

 

 

 

ホウ酸の採用ありがとうございました!!!

 

 

 

 

一般のお施主様がホウ酸でのシロアリ予防を検討され、ボロンdeガードを調べられて直接ご連絡をいただきました。

 

長い時間をお家で過ごす時代になったので薬剤で体調不良を起こすのが心配。

5年ごとに薬剤で処理してもらうのはコストがかかるし手間も面倒。

 

という事でホウ酸による木材劣化対策、ボロンdeガードを選んでいただきました。

 

 

なんとありがたいことでしょうか。

 

 

今、お施主様からのアプローチが増えて来ています。いかに安い値段で・・・から、メリット、デメリットを調べて考え自分にとっていかに良いものかを求められるようになってきています。

 

期待に背かないよう施工する側も日々勉強です。

 

 

 

既存のお家を施工する際はまず、どのような状態か調査してそのお家に合った施工方法をご提案します。

 

今回は床下のみのご希望でしたが、広島でもアメリカカンザイシロアリ被害がある旨をお伝えしたところ、一緒に小屋裏の調査もご依頼いただきました。

 

 

床下調査

 

この基礎にある穴は水抜き穴で、お家を建てる前に基礎の中で雨が溜まったりした水を外に出す穴です。水が外へ出るという事は外からシロアリも入って来る心配があります。

 

 

 

床下は蟻道も腐れもカビも無く、異常なし!

 

 

 

お家のまわりと玄関、お風呂などの水回りなども調査します。

 

 

お庭に有った木材で出来た飾りが・・・

 

こういう地面に刺さっている木材にシロアリが寄って来ます。

 

出来れば地面に直接は木材で出来たものは置かない方が良いと思います。

シロアリのレストランになります。

 

 

これ以外は大丈夫でした。

 

 

 

 

 

小屋裏もアメリカカンザイシロアリの被害等もありませんでした。

 

 

 

良かった(*^^*)

 

 

 

調査が終わったら、調査中に撮った写真をお施主様にみてもらいながらご説明します。

普段は目にしない所なので、みなさん興味深々で見ていただいております。

 

 

 

この写真を報告書にまとめてお渡しし、工事をするか、どのような方法でするかのご検討をしていただきました。

 

 

こちらのお家では、やはり安心して長く住みたいとのことで、床下のホウ酸の水溶液処理、小屋裏のダスティング処理をさせていただくことになりました。

 

 

 

お問い合わせ、ホウ酸の採用ありがとうございます!