SANCTUARY~misato official blog~

目標はぶれない!!



「関西女子リーグ制覇・地域リーグカップ制覇・全国王者奪還!」



Futsal Feminina 「arco-iris KOBE」

Convenção nacional dois anos consecutivos

Objetivo é três vezes consecutivas!!


Women's futsal team 「arco-iris KOBE」

National convention two consecutive

Aim is three consecutive!!


Squadra futsal femminile 「arco-iris KOBE」

Convegno nazionale due consecutivi

Obiettivo è tre consecutivi!!


ทีมฟุตซอลหญิง 「arco-iris KOBE」

การประชุมแห่งชาติสองติดต่อกัน

จุดมุ่งหมายคือสามติดต่อกัน!!




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019年01月23日(水)

小村塾は明日1/24ですよー

テーマ:小村塾
サワッディーカァ。






もう水曜日!
はやいのなんのー!
そして1/23
はやいのなんのー!笑








明日は木曜日です!





小村塾日。







毎週、毎週小村塾あるけれど
毎週、毎週勉強することばかり







そんな日常ありですか?




ありでしょう!




人間、学ぶことあると自然となんでも頑張れるんです!




そしてそれが成長として見られると
人生捨てたもんじゃないな!と思えるのです!







小村塾にきて
自分で考え
チャレンジする





そんな場に。








まだまだやれることたくさん!


























塾長お待ちしてます!笑















 


では










misato.k
2019年01月21日(月)

やれるときにやれるだけ

テーマ:famiglia
サワッディーカァ。











昨日は
グリーンアリーナ神戸で
旦那さんのホーム最終戦でした。







もともとこの日アルコは福井丸岡ラックさんと練習試合が入ってて







前座がどこかで試合ができないか?
と丸岡の田中監督が持ちかけてくれて
短い時間、期間でデウソンさんが調整してくれて
10時からできることになりました。


告知が4日前。決定したのも1週間前くらいだったので
正直どれくらいのお客さんがきてくれるかもわかりませんでした。








私たちarco-iris KOBEは2月23.24日の日本女子フットサルリーグ、プレーオフ
3月1日〜3日の地域チャンピオンズリーグ
1年間で大事な全国大会が3つ中あと2つ残ってました。






体育館のピッチでできる機会もそうない。






と思い、デウソンさんに協力してもらいました。



決まってた日程を調整してもらって







選手は朝早くから設営に来てもらって
エキシビションマッチ→
デウソン神戸 vs Y.S.C.C.横浜観戦→
解散

との1日でした。


丸岡さんも朝早く福井県から来てもらって。








丸岡とのエキシビションは白熱しました。

結果先制されましたがそのあとみんなの頑張りで最終
7-5でした。

見ていて楽しい試合でした。



そして
短い告知でも
300名くらいの人が見に来てくださいました。



ありがたいですね。
ほんと。







こういうエキシビションって今までになかったから
選手もいい経験になったと思う!!






それも色々調整してくれたデウソン神戸さん
朝早く遠くから来てくださった福井丸岡ラックさん


そして
見に来てくださった皆様





のおかげだと思います。

















そしてエキシビションの後は


デウソン神戸の最終ホーム戦。

vs Y.S.C.C.横浜




デウソンの応援席にはアルコ


Y.S.C.C.横浜の応援席には福井丸岡ラック


最終ホーム戦。
そして横浜は勝てばF2優勝と。


なんとも言えない試合になるに違いないと。



今まで見てきたデウソン神戸。
今年度旦那さんは挑戦でデウソン神戸へ。
最年長で週5回の練習、仕事、病気と辛いはずなのに毎日毎日頑張ってるのを1番近くで見ていました。

もちろん、デウソン神戸が去年からまるっきり変わったこと
毎日の練習もみてきました。



メンバーも何カテゴリー下の子たち。



その中でもほんと監督、コーチが
一丸となって
そしてそれを信じてついていく選手。






リーグも勝てない日々が続き、





この最終戦。





わたしの中でもいろんな思いが。

そしてアルコという強い味方が観客席に。




今まで試合観戦で声を出さなかったけど
今回たくさんの応援の人、アルコみんながいた。





862人もの人が駆けつけてくれてました。




自然と声が出るほど熱くなった。





みんなが身体を張る。



伝わる。








結果3-1


そして何より2点目の旦那さんのゴール。



自然と涙があふれました。




今までゴール遠かった。




でも踏ん張って踏ん張って
とれたゴールやったから。



今年36歳。




信じてやること。
甘くならないこと。




かっこよかったよ。ほんと。





ほんと色んな人が
色んな人生送ってる。






自分は甘くないか。





すごい考えさせられた1週間。







やれるときにやれるだけ。




言い訳せず
目標を、しっかり持って



まだまだやし
今からでも遅くない。









男女共に
フットサルが盛り上がるように。






強くなるように。




自分のできることをできるだけ。やれるときにやれるだけ。









運営してくださった連盟の方々、デウソン神戸の関係者さん、
朝早くから設営してくださった方々、


ありがとうございました。





そして


ほんま
みんな
ありがとうやで。












夫婦共々これからが大変で勝負だと思う。




もっと示していけるように
考えて考えて


決意決断して。


前に進んで
時には立ち止まって



家族で協力して
人生歩んでいきたい。納得して歩んでいきたい。




頑張ります!





















では












misato.k






2019年01月17日(木)

1995.1.17 忘れないように…

テーマ:ブログ
サワッディーカァ。








今から24年前の今日、朝方5:46






忘れもしない揺れが神戸を襲いました。







阪神淡路大震災

震度7の地震がありました。






忘れもしないあの揺れ。


今でも鮮明に覚えている風景。


横には母、兄。
もう一人の兄は別部屋。




とっさに母はわたしを抱きかかえ、
兄の安否をとる。
となりの兄の頭元には上の棚から落ちてきたカセットデッキがあった。少し寝返りで違うところにいれば頭に当たってただろう。

違う部屋の兄は手足で本棚や棚をおさえていた。

すぐに余震が続き、
とりあえず、家のテレビや倒れてるものを母と兄が直し
わたしはうずくまったまんま身動きがとれませんでした。


近所の人は車に避難している人の声が聞こえ


それでもわたしはブルブル余震に震えてました。







思いもしなかった大地震。



長田は焼け野原になり
阪神高速は倒れ
たくさんの被害があり
たくさん亡くなったかたがいました。




そこから何日も余震が続き
ライフラインは止まり
復旧の目処もたたない。


わたしも配水車のところまで水をくみにいきました。



連絡も取れないのに
父の兄が大阪からトラックで食料や飲料を運んできてくれた。




人の温かみを感じました。













風化させてはいけない。









それはどう言うことなのか。




今生きてるだけでもすごく奇跡なんだと言うこと。












色々悩みあるし
ほんまに色々あるけど




毎年毎年、この日になればそう思う。




結婚をし
子供が生まれ


毎日が当たり前にすぎていくけれど
その当たり前が当たり前にならないように。




感謝の気持ちをもって。


 写真はネットから使用させていただきました。


この日を忘れないように。
















今日も明日も明後日も



笑顔でニコニコ



















では










misato.k
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス