〜いまの私ができるまで〜
決して平坦では無かった私の人生のstoryがどこかで誰かのお役に立てれば、励みになる事ができるならと思い、これまでのわりと壮絶な半生について😂書かせていただいています。
.
長編なので💦お時間がある時にでも良かったらお読みください😊
.
17歳慢性腎炎(Iga腎症)が発覚
23歳腎炎が進行、入院加療により目指していたトップヘアメイクアップアーティストへのキャリアを諦めることに。
.
入院治療が始まってからは、1日40mgという量のステロイド薬プレドニン、血液をサラサラにするヘパリン、ワーファリン、胃腸薬を服用。
ちょっとの切り傷でもサラサラ薬によって出血🩸が止まらなくなるからと、爪切りさえも看護師さんに許可をもらわないといけませんでした😨
.
服用するにあたり、造影剤を入れて血液の流れを見る検査や骨密度検査、眼底検査など、ありとあらゆる検査をしましたが、それらの検査はステロイドによって出る副作用の為の検査でした💧
.
病気を抑えるための薬で骨や眼にまで影響が出て、それでもし良くならなかったら?と怖くなりました。
.
また、
●病変が30%以上で腎機能が低下してくること。さらに進行すると腎不全になり透析に至るということ。
●慢性腎炎を患っての妊娠、出産にはかなりのリスクがあること。
.
などが告げられ、子供なんて産めるのだろうか?夢だったキャリアを諦めるのも辛いのに、まだ考えてもいなかった結婚や出産まで望めない人生かもしれないと思うと、主治医の話しに何度も心は打ちのめされたけどまだ私の人生始まったばかりなのに😤と腹が立ってきて😂
.
何が何でもこれ以上悪くする訳にいかない😣とありとあらゆる事を調べ始めました。
.
中でも光が見えたのが、食事療法のための栄養指導が入った時でした。
栄養士の先生に今までどんな食事をしていたか?、何を食べてきたのか?生活時間帯、などを聞かれるのですが。
毎日、どんな食事だったのか質問された時に答えられないというか思い出せない。。。
.
なぜなら。食事らしい食事を摂れていなかったのです。
楽しく充実した毎日でしたが、疲れ切っていて、帰宅して玄関に座るとそのまま寝ていた事もあるくらいで💦
.
何とか絞り出した食事内容は
朝・7時台に電車内でカロリーメイト
昼・ご飯にふりかけ、目玉焼き🍳をのせたお弁当🍱(っていえない😢)
食べる時間なく持ち帰ることも。。
夜・帰宅が常に22時過ぎだったので、空腹も通り越して食べないか軽めのサンドイッチ🥪
.
答えた瞬間。栄養士の先生が
それは体壊すわねー😩
そもそも足りてないのよ。
腎臓はね、多過ぎても足りなくても傷むのよ。と、体づくりのための食事のあり方や考え方などを教えていただきました。
●病院での食事療法の内容は
1日1700kcal
1日に摂取していいタンパク質は70g
1日に摂取していい塩分6g
という生活が始まりました。
.
塩分6gはほとんど味がしません😅
良く言えば素材の味がよくわかる。。
食べれていなくて肋骨が浮くほど痩せていた私、ステロイドの副作用も重なり太る太る😓😓😓
.
そのかわり、むくみや倦怠感は日に日に軽くなっていきました。
.
決定的に理解できたのは、外泊した時の食事でした。
これだけ院内で徹底していた病食からの一般食は、やはり体にこたえました。一気にだるくなってしまい😢
体は自分が食べたものでできている。という事を肌身に痛感したのでした。
.
治療が進むにつれて、ステロイドの副作用もきつくなり顔が常にまんまるくなり、自分が見ても誰ですか?ぐらいのレベルで顔が変わる。肩やフェイスラインには見た事のないような吹き出物がびっしり😭😭😭
.
退院してからは、食事療法を自分で実践しなければならず本当に大変でした💦
医療助成や、体に良さそうな事、腎機能を助ける食材などを調べまくり、病気の体と向き合う生活が始まりました。
.
でもこの経験こそが宝物✨いまの私に繋がっていきました😊
.
つづく💓
.