美容鍼灸師kozue 折橋梢恵の日記

美容鍼灸師kozue 折橋梢恵の日記

美容と健康と鍼灸をテーマに、美容鍼灸師として日々の活動記録

こんにちは☺️
美容鍼灸師折橋梢恵です。

12月の前半は、立て続けにセミナーがあったため、ここ最近の投稿は、セミナー開催報告ばかりになっていますが、飽きずにご覧頂けたらと思います。😅

さて、12月13日にセイリン株式会社主催、美容鍼灸年間セミナーの4回目、美流鍼セミナーをオンラインで開催しました。

今年は、コロナ感染症の影響で、この様なオンラインセミナーという新しいスタイルでの学びの機会が増えました。

オンラインセミナーのメリットとしては、現地に移動する時間や交通費の削減、参加人数の制限が無くなることなどがあるかと思います。

しかし、鍼灸の様な実施が必要となるセミナーでは、リアルでの開催よりも習得できる内容はやはり、少なくなってしまう傾向にあると感じています。

今後は、その部分のフォローをどの様に考え、どこまでサポートできるかを考える必要はあるのかなとも思います。


さて、今回のテーマである「美流鍼」とは、刺さない鍼のてい鍼と熱くないお灸の棒灸や台座灸、箱灸を用いて健康に基づく美しさを引き出す技術です。




この美流鍼を構築した最も大きな理由は、一般の方々が感じている鍼灸治療に対するマイナス的なイメージにあります。

以前にある団体が行なった一般の方々の美容鍼灸に対するイメージ調査のアンケート結果からも「怖い」、「痛い」、「熱い」というものが多くあがっています。

そのため、鍼灸治療全体に対するこの様なイメージを変えていく事から始める取組みも必要であると感じています。

この美流鍼の技術は、その様なイメージを払拭するためや刺激に敏感な方やお子様、妊婦さん等幅広い患者層に対応するためにも大変有意義なものだと感じています。

セミナーでは、上記のお話をし、その後、実際の技術の紹介を行いました。




変化を実感して頂くために半顔だけ施術を行って貰いましたが、6〜7分ほどの短時間で半顔だけがかなりリフトアップされた方もおられ、かなりの効果を実感頂けた様です。


今回の美流鍼セミナーが、受講者の方々の治療の幅を広げるきっかけになれば、嬉しく思います‼️