sakuraneko30のブログ

sakuraneko30のブログ

放射線とスマートダストを連動した国家犯罪のブログ

 

パソコン液晶部分の小型チップ。
 


 

現在私の眼球ですが定期的に激痛が走り外の光などが一切見れなくなっています。

その原因としてはこの1台のパソコンです。

そして自分自身の眼球のスマートダストが原因です。

急激に悪化したのが2020年11月から2021年3月頃まででしたが水晶体を完全におかしくされてしまったのが2020年3月頃です。

ここから一月以上眼球の激痛が治らず白目の色が黄色く濁りました。

現在も日に何度か眼球に激痛があります。

そしてこのパソコンを使用しているとものすごく目が痛くなるのですがその原因はこの液晶部分の小型チップです。

この動画のパソコンですが電源が入っていません。

 

外部から一括送信される放射線の当て方の無線指示でキーボード部分の小型チップのセンサーが放射線のあて方の指示の形を出しています。

白く光っているのは電離放射線の影響で光っています。

 






 

この映像で見るとパソコン液晶部分にゴミのような粒のようなものが無数に見えますが

粒ひとつにセンサーとカメラが一つ内蔵されています。

カメラというのは、盗撮機のことです。

そしてパソコンの小型チップだけは、放射線犯罪の補足や盗撮としてだけではなくパソコンをハッキングすることを目的として付けられています。

 




 

 

 

 

 

 

 



 

繰り返しになりますがこのパソコンは、システムを壊されています。

バッテリーまでやられていてコンセントで充電しながらfでないと電源が入らない状態になっています。

今朝撮影した時、電源は入っていません。

ですがこのように紫に光っていたり白く光っていたり電源ボタンが立体で飛び出していたりしています。

 




 

放射線のあて方の指示で縦に飛び出しているのがインテルのシールですが右側のパソコンの電源ケーブルは、 様々な色のミックスした粒子に覆われさらにケーブル自体もインテルのシールと同じように放射線の当て方の指示を出しています。

この時電源ケーブルもコンセントから抜かれていてインターネットには接続されていませんしパソコン本体も電源が入っていない状態です。

 









 

粒に見えた無数の粒子が一斉に線に切り替わっているのが分かると思います。

切り替わっているのは、同じ方角ばかりから放射線を当てるのではなく全身に放射線を当て被爆させ体内のスマートダストで被爆量の測定を行うためです。

 



 

ここから順に追って見てもらえばわかると思いますが放射線のあて方の指示は数秒単位で何度も何度も切り替わります。

私は1対全国民という縮図で全ての国民に騙され私の盗撮映像は、私以外の国民に配信され見られています。

 

比較とするならば映画ホステルやパージのようなことが現実に起こっていると考えると分かりやすいと思います。

 




 

トイレの便座にまで設置されたスマートダストで盗撮をされ浴室ミラーにまで設置されたスマートダストで裸の映像も盗撮されています。

放射線を当てられている時間生配信で配信されはけ口や娯楽として繋がっています。

この盗撮と放射線犯罪は、 伊興中学校在校中の10代ころから同級生全てに盗撮映像を見られていました。



 

かれこれ40年法を犯した犯罪が私で行われています。

警察が行なっている犯罪、国が行なっている犯罪と言う事もあり人間の精神がおかしくなり麻痺をして集団洗脳が行われこのようなシステムが出来上がってしまっています。

そして人体実験が行われテクノロジー犯罪による加害行為が行われています。

 


 

人を殺害してみたい危害を加えてみたいという人間の欲求とそれを行う組織があって利益が結びつきビジネスになっていてこその犯罪です。

それを日本政府が国民に提供して行なっています。

 























 


 

2020年の別の日に撮影した映像ですが先ほど書いたパソコンのヘッダー部分が飛び出てくるというのは、このような状態のことです。

この3枚の映像はそれぞれヘッダー部分の攻撃指示の形が切り替わっていますがこの時私に当てられている放射線の形はこの形になります。

 

黄色く囲った部分ですが一番手前の右側がマウスの小型チップ、 録画パソコン電源部分の小型チップ、 そして液晶の小型チップです。

同一形状で飛び出しているのが分かると思います。

 





 








この映像を見てみると電離放射線の放射線照射指示の形は、液晶だけではなく 有線キーボードなどからも出ています。





キーボードの立体になっている文字も当て方の指示を表しています、







上の映像を拡大したものですがパソコンの縁の部分が 白く発光してその周りに線のような矢のようなものが無数に見えます。




そしてパソコンを拡大するとやはり様々な色の粒子に覆われています。





 

パソコン本体キーボードに虹のようなものが写っていると思いますが私の脳波を追跡して24時間365日衛星から放射線が当てられているため私の自宅は、1階も2階も全ての部屋がこの虹の粒子に覆われています。

脳波を追跡して電離放射線をあててきているので私が移動した場所が外だった場合外に電離放射線が当たりスーパーだった場合スーパーに電離放射線が当たります。

その時にこの虹の塊が撮影されます。

 







見ていられないほどの発光で目が痛くて眩しくなりますがこのパソコンは電源が入っていない状態なので光っているのは上空から当たっている電離放射線です。




シールはパソコンのカメラに貼っていますがカメラ部分に設置された小型チップに上空からの電離放射線が当たりシールが変形して光っています。





シールの形が大きく変形します。














 

これは別の日に撮影した映像ですが貼ってあるシールは合計4枚ですがこのシールの周りに実際は、無い物がたくさん撮影されています。

パソコンは、綺麗な状態でシールの周りにも実際には傷などはありません。

ですが撮影するとこのようにキズのようなものがたくさん写っているのが見えると思います。

 





 

 

ここに小型チップが設置されています。

電離放射線が当たっているので白く光っています。

 

 

このように私の体内のスマートダストと認証したパソコンの小型チップはまっすぐに私に向かって光を当ててきています。

上空からの電離放射線がパソコンの小型チップにあたりそこから私に至近距離で当てられているので常にこのような状態で撮影されています。 

 

そして私に行われている犯罪ですが1対全国民にしてしまえば絶対に犯罪が表に出ることはありません。

もし外部に漏らそうとする者がいればその相手を消してしまえばいいのです。

おそらくですが被害の軽い集団ストーカーテクノロジー犯罪の被害者も私の放射線を当てられた裸の盗撮映像を見ているはずです。

 



 

 

2020年に撮影した動画の映像ですが向かって左側の飛び出している歯ブラシのような物体は、パソコンの液晶です。

私が廊下を通過したことによって階段の脇に置いてあったパソコンが私の体内のスマートダストと認証を行い攻撃をしています。



 

 







 

上部に白い煙のようなものが常に出ていますがこれは電離放射線が通過した後の電離電離放射線の飛跡や光です。

放射線自体は撮影することはできませんが通過した後の飛跡や粒子や光を撮影することができます。

私の加害行為を積極的に行っている家族を見ていると共通点があります。

そして喜んでいる人たちは、はけ口や誰かを虐めることを望んでいてその人間の心理をシステムに反映させた犯罪になります。

私は、現在おそらくですが全国民にこの犯罪を見られています。

そして全国民がこの犯罪に加担し参加しています。

参加し加担していなくても見て見ぬふりをしている人たちがほとんどです。

口外してはいけないシステムになっているからですがそれだけではありません。

日本人の本質をよく理解していてこの犯罪のシステムを作っています。

 

映画パージを見た時に驚きましたがよく外国映画では、実際に起こっていることを前もって映画にしていることが多いです。

映画だけではなく漫画なども実際の犯罪をもとに作られていることが多くそれだけこの犯罪を多くの国民が知って関わっているということになります。







近隣からはよく笑っている声が聞こえますが加害行為というのはそれほどまでに楽しいと思う人間や快楽と思う人間やはけ口と思う人間がいるのです。

 

今私に行われているのは、集団リンチという放射線照射の生配信ですがおそらくこの先公開処刑も行われると思います。

 

区や地元の警察署や宗教団体や建設会社ヤンキーが選別した人間を国が認め影でテクノロジーを使い殺害してもいい時代が来ています。

がん患者の死亡人数や自殺者の人数、、行方不明者の人数が最も多いのは日本です。

二人にが一人がガンになって亡くなくなると言われていますがこれも日本だけです。

さぞかしこれまで多くの人間にスマートダストの盗撮が行われ建設会社がスマートダストや放射線物質を住宅建築時に設置し放射線を当てて殺害してきたのが分かります。

学校のいじめなども1対集団と異言う卑劣ないじめ方をしているのは、日本特有の嫌がらせの仕方です。

これを考えると私に行われている犯罪は、なるべくしてなったと思います。

 





このパソコンは、何度も小型チップに無線でハッキングされシステムを壊され充電もできなくなっていますが今日の深夜ですがパソコン自体は電源が入っていないので光るはずがないのですが閉じている状態で2箇所白く光っている部分があります。

これを拡大すると自宅内でいつも撮影されている青や緑の粒子が撮影されています。

この白く光っている部分に小型チップがあたりそこに上空からの電離放射線が当たり粒子が発生しています。

動画の最後に液晶部分の小型チップの私に対する放射線の当て方の指示の切り替わりをのせています。

一見すると埃に見えたり傷に見える粒上の無数の物体は一つ一つがセンサーとカメラ内蔵の小型チップです。

私がパソコンを見るたびに私の眼球のスマートダストと認証が行われ眼球に一斉に放射線があたっています。

水晶体がおかしくなったのはこれが原因です。

そして液晶部分に集中して小型チップがありますが5 G の電波などでスマートダストは移動することができます。

集中して一箇所に集めることができます。

上空から私の脳波をハッキングして24時間365日当てられている電離放射線が補足のスマートダストにあたります。

そして今度は、上空からの電離放射線が当たった小型チップから私に放射線が当てられます。

電源が入っていない状態でパソコンの液晶部分やキーボード部分が白や青に発光しているのは、そこに電離放射線が上空から当てられさらに至近距離から私に当てられているからです。

小型チップは、無線通信機器なので常に外部と通信を行っていますそしてレンジ放射線が当たっているのでこのパソコンの電界と磁界は常に危険値レベルの高い値になっています。

電源が入っていなくてもです。

そして白い粒状のものが点滅しているのは、外部との通信を行っているからです。

この液晶の小型チップと比較できるものがあるとすると窓ガラスやテレビ、スマートフォンの液晶やガラステーブルなどがこのように撮影されます。

ついている小型チップの数までもがはっきりと撮影されています。