うさぎうさぎうさぎ

 

認知症の方は

 

とても環境の変化に弱い。

 

新しい環境が

 

馴染みの場所になるまでに

 

必要なものは?

 

 

 

 

 

 

 

にっこりにっこりにっこり

 

 

 

初任者研修で

 

認知症の方には、特に五感を使ったアプローチが必要だと教わりました。

 

言葉は意味よりも声色が大切だとも。

 

そして

 

最後まで

 

笑顔の認識は残る‥

 

それなら

 

笑顔いっぱいで寄り添っていこうと

 

ずっと決めています。

 

爆  笑爆  笑爆  笑

にっこりにっこりにっこり

 

本日も

 

おかんブログに

 

よおおこし!

 

真顔真顔真顔

 

今は入院中の姑との確執の日々‥

 

「いやー二十七年もようがんばったー」なお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凝視凝視凝視

 

思うに、親は多かれ少なかれ

 

子どもを支配したい気持ちがあって

 

子どもはそこから抜け出ていくのが自然なのだが

 

それができなかったり

 

それでよしとしてしまう場合

 

‥それに巻き込まれた第三者(嫁)はとっても迷惑!

 

だからね

 

自戒も込めて

 

子どもは手放すに限りますねん。

 

押さえつければ押さえつけるほど

 

心は逃げていくで。

 

愛愛愛

 

実録

ほんまにあった怖い嫁姑戦争

👇

 

 

 

 

 

 

 

もみじもみじもみじ

 

 

とっても幸せな日

 

それが

 

永遠に続けばいいと思うけど

 

時間はうつろう

 

だけど

 

そこにい続けられる人がいた。

 

 

 

 

 

 

 

クローバークローバークローバー

 

 

 

 

 

真顔真顔真顔

 

本日も

 

おかんブログに

 

よおおこし!

 

 

クローバークローバー

姑っちが倒れてから一年

 

同居二十七年の涙と汗と疾風怒濤の日々の思いを

 

ゆるゆる描いてますー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凝視凝視凝視

 

たぶん

「息子っちのことはウチらに任せて気にせんと、ゆっくりしいや」

 

て気持ち半分

 

はあったと思うんですが

 

やっぱり

 

それはあかんわ、姑っち。

 

さて

 

その時

 

オトンは?

 

 

 

滝汗滝汗滝汗

こちらは嫁の復讐編!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セキセイインコ青

ほな

 

またお越し!

 

 

 

 

 

クローバークローバークローバー

 

認知症の方へのアプローチは様々

 

何が最適解かは‥

 

その方によって違う。

 

それを探し当てられるのは

 

介護の経験云々でなく

 

そのかたを

 

どれだけ思っているかじゃないかなぁと

 

 

 

 

にっこりにっこりにっこり