海外仕入れのさくら代行のブログ

海外仕入れのさくら代行のブログ

海外仕入れのさくら代行公式ブログです。

国際輸送における「非商用ルート」と「商用ルート」

 

中国仕入れにおいて、国際輸送に伴う関税・輸入消費税について疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

 

関税は、歴史的には古代都市国家における手数料に始まり、内国関税、国境関税というような変遷を経てきましたが、今日では一般に「輸入品に課される税」として定義されています。

税関ホームページより抜粋

 

上記のように「輸入される品」には必ず通関手続きという作業が発生します。課税されない貨物でも必ず通関手続きを経て初めて「輸入」が許可されます。

 

では、なぜ課税される時と課税されない時があるのでしょうか?

 

これは「非商用ルート」と「商用ルート」の違いから発生する現象です。

 

国際輸送は長年の慣習上、大きく「非商用ルート」と「商用ルート」と分かれます。

 

 

 

「非商用ルート」と「商用ルート」の違い

 

簡単に言うと、輸入目的が自分で使用するものか、販売するものかの違いです。

 

また、通関手続きの違いも関与しています。

 

 

非商用ルートとは

 

個人の使用目的で輸入する場合です。「個人輸入」とも言います。

 

輸送方法は各国の郵政サービスの「EMS」「SAL」、「船便」などが該当します。

 

 

商用ルートとは

 

販売する目的で輸入する場合です。

 

輸送方法は上記の非商用ルートを含む全ての国際物流サービスが該当します。

 

 

また、商用ルートは大きく「小口輸入」と「一般輸入」に分類されます。

 

小口輸入

 

販売する目的で少量の商品を輸入することを言います。

 

郵政サービスの「EMS」「SAL」、「船便」や、OSC、DHL、FedExなどが該当します。

 

一般輸入

 

主にコンテナで輸入することを言います。

 

コンテナ混載便、快速船便、コンテナ貸切などが該当します。

 

 

混同しやすい「個人輸入」と「小口輸入」

 

少量の貨物を輸入する際にとても混同しやすくなります。

 

違いその1:販売していいかどうか

 

個人輸入(非商用ルート):個人で使用する輸入目的の為、販売不可

 

小口輸入(商用ルート):販売目的で輸入する為、販売可能

 

違いその2:関税の計算の仕方

 

個人輸入(非商用ルート)の関税の計算率:
海外の小売価格 x 0.6 x 関税率

※(課税対象額が1万円以下であれば関税と消費税は免除) 

小口輸入(商用ルート)の関税の計算率:
貨物代金+保険料+運賃を合計したCIF価格 x 100% x 関税率

 

 

類似サービスに比べて優遇されるEMS

 

民間事業者の通関手続きは「申告納税方式」です。

 

つまり、全ての貨物の品名や数量等を自ら申告し検査を受ける必要があり、金額に関わらず、関税が発生します。

 

 

それに対してEMSは税関の決定による「賦課課税方式」が適用されます。

 

その1:課税価格が20万円を超えないものは申告不要

 

その2:税関職員が必要と判断した貨物についてのみ検査を行う

 

つまり、関税が発生しない場合があるということです。

 

EMSが優遇される理由

 

日本では「ユニバーサルサービス」としての位置付けされています。

 

そのため輸送、通関、検疫などにおいて一般輸入貨物と異なる簡易的な取扱いをし、様々な優遇措置が適用されています。

 

ユニバーサルサービスとは:(英語: Universal service)一般的には社会全体で均一に維持され、誰もが等しく受益できる公共的なサービスの全般を指し、電気、ガス、水道から放送、郵便、通信や公的な福祉と介護などでの、「地域による分け隔て」のない便益の提供義務を強調して用いられることが多い。

Wikipediaより抜粋

 

 

実務上における納税の仕方

 

では、実際に輸入された場合、納税に関する流れをみてみましょう。

 

誰が支払う?

 

輸入者が支払います。

 

誰に支払う?

 

税関に対して支払います。

 

いつ、どこで支払う?

 

実務上においては通関業者が立替払いをして、輸入者に請求します。

 

小口輸入は殆どの場合、荷物を配達する際に配達員に支払いします。

 

その際は現金のみになりますので事前に用意する必要があります。

 

まとめ

 

販売可否

商用ルート:販売OK

非商用ルート:販売ダメ

 

関税:

商用ルートは100%発生

EMS:ランダムで発生

 

EMSの特殊性:ユニバーサルサービスと位置付け、簡易通関方式採用

 

如何でしょうか?

 

輸入販売において国際物流は必要不可欠な存在です。

また、たくさん存在する国際物流サービスにはそれぞれに特徴があります。

 

違いをよく理解して、貨物の種類、量、急ぎの度合いなどを考えて使い分ける必要があります。