心が溺れているとき

テーマ:

こんにちわ。

オフィストウカイ所属

カウンセラーのさくらです。

 

 

ご自分では八方塞がりのように感じるとき。

 

もう、どうしようもないと

あきらめなければならないと

とても悲しい気持ちになるとき。

 

「あ、いま、わたしは溺れているのかもしれない」と考えてみてください。

 

誰でも一度くらいは、小さいころなどに

水に溺れた経験があるのではと思います。

 

溺れたとき、どんな感じだったでしょうか。

苦しくて苦しくて、もう死んでしまうのではないかと不安で怖くて

手足をバタバタしてもがいて

できるだけ首を伸ばして、たくさん何度も細かい息をして

「誰かー!」って、そばにあるものに何でも手を伸ばしてみる。

 

でも、それは、小さなペットボトルだったり

つかめないものだったり…で、

「あ、これじゃ助からない」って何度も強くがっかりして、

「これじゃない」「これでも安心できない」

 

どこかから安全で大きな浮き輪が飛んできてくれれば…

誰かが現れてわたしをサッと助けてくれたら…

 

そう何度も願うけれど、状況はかわらない…

 

溺れているときは、そんな感じだったと思います。

 

悩みも、同じ状況です。

簡単にいうと「パニック」になっている状況です。

 

「今は絶望の状況である」

「わたしはこのままでは助からない」って

強く強く思い込んで、バタバタもがいている状態です。

 

苦しいときに(溺れている最中に)は、大変難しいことですが、

「まずは、冷静になること」です。

 

足はつきませんか?

体の力を抜いてい見たら、体は浮きませんか?

岸まではどのくらいの距離ですか?

周囲に人はいますか?

 

冷静になることは、力を抜くことは、

「パニック」の最中には、ほんとうに難しいです。

 

なので、「人の手を借りて」

 

いま、こうだよ。

ちょっと力を抜いて大丈夫だよ。

もうすぐ助けがくるからね。

右側につかまる木が浮いてるよ

 

って、近くから声をかけてもらうだけで、

随分と楽に、冷静になることができると思います。

 

わたしたちカウンセラーは、

その「声をかける人」だと思っています。

 

カウンセリングを受けるときに、

・わたしは話すのが下手なんです

・自分でも状況を整理できてなくてすいません

・なんとなく言葉にできない不安なんです

・どうしてもこうなるんです

と、言われて恐縮されるかたがいらっしゃいますが、

 

それで大丈夫なのです。

 

今、どのような状況なのか、「そのまま」を見せてください。

 

とても苦しいって、ひとりでもがいているあなたの

助けになるよう、タイミングよくお声かけいたします。

 

 

 
 
🌸オフィストウカイ所属
  カウンセラーさくら🌸
 
https://t.co/08hhes7uW0
 
HP記載以外の時間についても
08085804644ショートメール
または下記メールにてご連絡ください。
sakura.touai@gmail.com