坂ノ下温灸院のブログ -2ページ目
  • 30Jun
    • 技は見て盗め!!

      今ならこの意味がしっかり理解できます。いくらコーチから指導されてもその場限りの練習で出来た気になっているいませんか?私も大抵の事ならその場で出来てしまうので特に苦労なく過ごしてきました。しかし、それは見かけ上できているように見えているだけで、本質はできていません。できるという事の本質は、その事の応用も的確にできて初めて成立するからです。言われた事ができるようになる、基礎ができるようになるはできているとはいいません。昔の人は微妙な感覚は人それぞれ違うと認識していたし、丁寧に教え込むとできたように錯覚してしまう事を良く理解していたんだと思います。ボートを一生懸命取り組んでいる方々にも当てはまる事ですね。出来ている気にならず、ひたすら同じことを繰り返す。そこに違いが見いだせたらやっとできたと言えるのでないでしょうか。

      1
      テーマ:
  • 24Jun
    • 怪我の予防には何が必要か

      所謂運動神経が良い人は、運動音痴と何が違うのか。答えは簡単で「身体の力が常に抜けている」から。例えば、人前で何かすると緊張しますよね。その状態だとだいたい上手く行かず、ちょっとした失敗をしてしまいます。緊張という力んだことによって脳の情報処理能力が追い付かずちょっとしたパニックに陥ってしまっているからです。運動音痴も同じことです。日頃しない事をするので、脳の情報処理がスムーズではなくなり筋肉に上手く信号を送れないんですね。これはその運動を繰り返し行うことで改善されます。所謂天才と言われる一握りの人がいます。イチロー、吉田沙保里、池江璃花子、羽生結弦、内村航平などなどスーパースターは何が違うのか。この答えはまさしく「身体の力が常に抜けている」からでしょう。その証拠に身体に負担が掛からないので大きな怪我がなく長くアスリートとして活躍しています。ハードトレーニングをしたから怪我をするのか。姿勢が悪くて故障するのか。身体の使い方が悪くて故障するのか。答えはやっぱり身体の力が抜けていないからです。個々のパーツを観察して悪そうな動きの改善も大切です。悪い場所の筋力アップも大切です。しかし、それでは劇的な改善とはなりません。なぜなら身体は体内で膜の連携をしているからです。膜の均衡を保ちながら力の発揮を行うため、個々のパーツを治しても他の均衡が崩れるので、違う場所が痛んできます。そもそも身体の力が抜けていれば、身体がしっくり動いているかはすぐにわかります。かのブルースリーもこう言っています。『考えるな、感じろ!!』これは映画燃えよドラゴンでの名言ですがただのセリフではありません。「どう動かそうか考えてはいけない、どのように動いたか感じろ」身体を動かそうとした時、それは作為的となり必ず力みが生まれます。力みは動作を鈍らせ、関節に負担を掛けます。だから怪我をするんです。どう動いたか感じる事は、身体の力が抜けていなければできません。感じる事に作為は生まれないので、動きも滑らかでとても美しくなります。天才たちの動きに魅了されるのはこの為です。コーチにここが悪いと指摘され、そこが気になり力が入り、上手くできない悪循環。最悪怪我をし、長期離脱。全てを上手く行かせるにも力を抜く事が重要です。今からすぐにこのトレーニングはできます。初めは作為的に意識して力を抜きます。赤ちゃんだってたくさん転びながら歩き方を覚えて行くように力の抜き方を忘れてしまった身体に力の抜き方を思い出させます。生まれたての頃は出来ていたはずです。毎日意識的に力を抜く努力をすれば必ずできるようになります。明日は自分がスーパースターになれますよ!!

      テーマ:
    • 怪我の予防には何が必要か

      所謂運動神経が良い人は、運動音痴と何が違うのか。答えは簡単で「身体の力が常に抜けている」から。例えば、人前で何かすると緊張しますよね。その状態だとだいたい上手く行かず、ちょっとした失敗をしてしまいます。緊張という力んだことによって脳の情報処理能力が追い付かずちょっとしたパニックに陥ってしまっているからです。運動音痴も同じことです。日頃しない事をするので、脳の情報処理がスムーズではなくなり筋肉に上手く信号を送れないんですね。これはその運動を繰り返し行うことで改善されます。所謂天才と言われる一握りの人がいます。イチロー、吉田沙保里、池江璃花子、羽生結弦、内村航平などなどスーパースターは何が違うのか。この答えはまさしく「身体の力が常に抜けている」からでしょう。その証拠に身体に負担が掛からないので大きな怪我がなく長くアスリートとして活躍しています。ハードトレーニングをしたから怪我をするのか。姿勢が悪くて故障するのか。身体の使い方が悪くて故障するのか。答えはやっぱり身体の力が抜けていないからです。個々のパーツを観察して悪そうな動きの改善も大切です。悪い場所の筋力アップも大切です。しかし、それでは劇的な改善とはなりません。なぜなら身体は体内で膜の連携をしているからです。膜の均衡を保ちながら力の発揮を行うため、個々のパーツを治しても他の均衡が崩れるので、違う場所が痛んできます。そもそも身体の力が抜けていれば、身体がしっくり動いているかはすぐにわかります。かのブルースリーもこう言っています。『考えるな、感じろ!!』これは映画燃えよドラゴンでの名言ですがただのセリフではありません。「どう動かそうか考えてはいけない、どのように動いたか感じろ」身体を動かそうとした時、それは作為的となり必ず力みが生まれます。力みは動作を鈍らせ、関節に負担を掛けます。だから怪我をするんです。どう動いたか感じる事は、身体の力が抜けていなければできません。感じる事に作為は生まれないので、動きも滑らかでとても美しくなります。天才たちの動きに魅了されるのはこの為です。コーチにここが悪いと指摘され、そこが気になり力が入り、上手くできない悪循環。最悪怪我をし、長期離脱。全てを上手く行かせるにも力を抜く事が重要です。今からすぐにこのトレーニングはできます。初めは作為的に意識して力を抜きます。赤ちゃんだってたくさん転びながら歩き方を覚えて行くように力の抜き方を忘れてしまった身体に力の抜き方を思い出させます。生まれたての頃は出来ていたはずです。毎日意識的に力を抜く努力をすれば必ずできるようになります。明日は自分がスーパースターになれますよ!!

      テーマ:
  • 23Jun
    • 学生トレーナー

      最近よく大学のブログにでてきますね、学生トレーナーの活動が。私は大反対します!!大学は教育機関が大前提であることを忘れてはなりません。プロ活動している選手のように商業的に宣伝している面もありますが大学の部活は教育的にその後の人生の選択を広められるようにならなければ意味がないと私は考えます。なので、専門知識を学べる環境にある学生トレーナーは実習の意味も含めて大いにやってもらいたいと思います。しかし、そうではない、先輩からの口伝だけで活動している学生トレーナーは今すぐに活動を止めるべきです。スポーツは怪我と隣り合わせの側面があります。そこには長年の知識や経験が必要です。最適な助言を受けられない環境では選手の怪我の発生リスクは高まります。また、多くの情報の中から広い視野でその選手に必要な情報提供も経験がなくては不可能です。誤情報の伝達により選手が怪我をしたならば笑い話にもなりません。学生トレーナーではマッサージを行う事も多々あるようです。現在日本では按摩マッサージ国家資格保有者以外の按摩マッサージを禁止しています。巷にあふれるマッサージ屋さん、整体院のほどんど全てが違法営業しています。ルールがある以上、胸を張ってマッサージしているということは控えるべきです。的確にマッサージできなければ、これも怪我の要因になります。現に被害にあわれた方が当院に来ます。私としては、ルールが改正され、誰でも安全にマッサージを行えるようになればいいなと思っていますが。ただ勝ちたいから、かっこよさそうだからと安易に学生トレーナーにならないよう願っています。

      1
      テーマ:
  • 22Jun
    • そうきめたのはあなた

      子どもが戦隊ヒーローに憧れるように何かに憧れ、そうなりたいと思ったから憧れになれるよう努力する。だから、そうなれる。戦隊ヒーローでは突然ヒーローになるよう強制させられますが、最終的になろうと決心したのは結局主人公。何事もそれを成すと決めなければ何事も成せないという現実の話です。ボートで速くなれる人は、それに憧れがなければ達成できません。チャンピオンに憧れ、そうなろうと決意する。そうすれば必ず憧れの場所に行けます。明日は東日本選手権。水草でコースの状態が悪いですが、精一杯頑張ってください!!

      1
      テーマ:
  • 13Jun
    • BAKUHATU

      日曜日の午後にその事件は起きた。あの日は梅雨入りしたばかりで朝から雨だった。いつもの日曜日は混雑した室内だが近い大会もなく、雨ということもありゆったりと時間が流れていた。私は、いつも通り施術を終えると患者さんが希望した酸素カプセルへ誘導した。別室にある酸素カプセルに移動している患者さんはスッキリとした様子で初めて入る酸素カプセルに戸惑いながら入って行った。私にとっては何気ない日常だった。その瞬間が訪れるまでは。機械の操作を終えると次の予約時間まで日課の勉強(漫画)をする事にした。コーヒーを飲みながら古武術の秘伝書(バカボンド)を読み込んでいるときにその時はやってきた。ドカンっ!!!!!!!!日常では聞きなれない大きな音と共に衝撃が伝わってくる。別室に居たにもかかわらずだ。人は予想外の出来事が起こると妙に冷静になるものだ。だが驚いた拍子に勉強道具(バカボンド)を放り投げていた。辺りを見回し、状況判断する材料を探す余裕がある。それは耳で理解した。いつもならシューっと空気が抜ける音が酸素カプセルから出ているはずだった。それが今はない。すぐさま駆け寄るとカプセルが萎んでいるではないか。冷静を装いつつ、カプセルを開け患者さんの無事を確認する。特にケガはなさそうだ。とりあえずホッとしたところで帰宅してもらった。という事で酸素カプセル爆発しましたので使用できません。

      1
      テーマ:
  • 30May
    • 世界が変わる

      ハマっている量子力学の世界。NTTという大企業も量子力学の実験をしていたと某ブログでしりました。こちらが記事。どんどん世界が変わりますね。これからは量子力学で世界を見ていかなければ時代に取り残されてしまうでしょう。いやー、面白い!!!

      5
      テーマ:
  • 10May
    • 回復の仕方教えます。

      知っているようで、知らない回復の仕方。トレーニングの指導はそれなりに行われているが、回復の仕方はほとんどされていない残念な感じです。トレーニング終わったらストレッチをしよう。食事はしっかり食べよう。○○がいいらしいよ、○○飲むと効くよ。既に時代遅れの情報をしている事もあるし、漠然とし過ぎている事もある。特に回復の仕方は各個人で違います。たくさん食べれば回復する時と食べない方がいい時と。水分の取り方でも大きく変わってきます。以前はそのやり方でよかったけど、最近調子がいまいちだ。とか。生きているので、常に状況が変わります。強くなりたい、勝ちたい、体調を整えたい。いつも元気にいたい人、お待ちしています。

      2
      テーマ:
  • 07May
    • 戸田レガッタ参戦!!

      先日行われて戸田レガッタに戸田中央総合病院ローイングチームよりお誘いがあり参戦してきました!!ナックルでは数年前にレースをしたことがありましたが、フォアでのレースは大学卒業後乗った記憶がありません。2週前に彩湖ウルトラマラソンで70キロ走っていたのでなんとか漕いだ気分にはなりましたが、さすがにマラソンとは違う疲労感は久しぶりの感じで漕ぎ終えた達成感は何とも言えないものがありますね。2番に乗っている女性は東京パラリンピックに出場を目指している八尾さん。乗った一漕ぎ目のパワフルな感じには圧倒されました!!パラローイングも応援しましょう。

      テーマ:
  • 28Apr
    • 連休の予定

      いつもありがとうございます。連休中も診療しています。祝日は17:00までの診療です。よろしくお願いします。

      テーマ:
  • 25Apr
    • 情報は更新される

      20年でパソコン、スマフォ、インターネットが普及して情報が溢れるようになりました。知りたい情報は大体知ることができ、知らなくてもいい情報も知ってしまうようになりました。知りたい情報が複数ある時に選択する情報は必ず自分にとって都合の良いこと。それは、脳の選択にない他の情報が入って行かない現象が起こる事と、誰だって自分に不利益な情報は信用しないからがある。絶えず情報は更新されていきます。ボートを速く進める理論や強くなるトレーニング方法、栄養の取り方などもそうです。常に情報を更新し、その中で自分を高めてくれることを信じる。その中には都合のいい悪いはあるので、どれを選択するかがとても重要です。何年も同じことを言うコーチ、コロコロ言うことが変わるコーチ。いずれも自分の中で情報の更新をしていません。心当たりある人も多いのではないでしょうか・・・

      テーマ:
  • 13Apr
    • 見方を変える

      トレーニングで壁に突き当たる。珍しい事ではなく、日々いろんなことが起こります。出来ていたことが、突然できなくなったり記録が伸び悩んだり。多様な人間関係が問題になったりもします。そんな時の解決方法は、見方を変える方法があります。逃げるという方法もありますが、出来れば使いたくない方法でもある。見方を変えるには、今ある意識や考え方に他の事を足してやればいいんです。それにより、自分の中で化学反応が起こり見方に変化が起こります。劇的に変化したり、小さく変化したり。これにより、壁を乗り越える事が出来ます。なぜ、そうなるのか。人の意識は、今ある情報しか読み取らないからです。たくさんの情報があると処理しきれないため、自分の中にしかない自分に都合の良い情報しか見られない様にワザとしているとされています。なので、普段見えていない事柄が目の前に現れ、偶然脳が意識してしまうと壁となって出現するんです。そして、適切な情報が掛け合わされると劇的に意識の変化が起こる事も証明されてきています。最近ではダーウィンの進化論も徐々に進化したのではなく、DNAの突然変異が進化を促進してきたのだと考えられています。壁を突き破る為に、たくさん情報を仕入れあがいてみる。それにより情報の突然変異が起こり意識改革ができる。情報とは文字通りの情報でもあり、身体が感じる感覚でもあります。鍼灸をしたことがない人、最近ご無沙汰になっている人。意識改革の為に鍼灸しましょう!!私がハマっている量子力学の話で迷走させてあげます。笑

      テーマ:
  • 05Apr
    • かみ合わせとパフォーマンス

      とてつもない負担の為競技中に歯が欠ける。なんて選手もいるくらい歯には大きな力が加わります。かみ合わせを気にするスポーツ選手は多くいますが歯科でマウスピースを作ること以外手がないのが現状です。しかし、マウスピースでは歯に掛かる負担は軽減できてもかみ合わせの矯正はできません。歯科医はできるというかもしてませんがかみ合わせは顎の筋肉の歪みで起こるのでマウスピースを使って歪みを治すのであればそうとうな時間が必要になるでしょう。身体の歪みと同じで、筋肉にゆとりを作る事によってしか歪みは整ってきません。それには、やはり鍼灸が最速で効果を発揮します。かみ合わせを整え、最高のパフォーマンスで戦ってみませんか??

      2
      テーマ:
  • 01Apr
    • 新生活!!

      今日から新年度ですね。我が家でも、環境が変わる人がいますが特にワクワクしている様子もありません。ボート競技では先週お花見レガッタが行われ今週からは対抗戦や社内レガッタが毎週末行われますね。散歩するには賑やかでいい所だと思います。戸田公園。さて、ボートシーズンになっている訳ですが冬の地道なトレーニングの芽が出るのはこれから数か月かかります。その中で、如何に身体を回復させるかが重要な要素になることをあまり理解されていない悲しい現実があります。トレーニングは地味な事の積み重ねと簡単に言われますが、本当に心から理解している人は必ず生活の中で回復を図るように努めています。身体が回復しなければ、毎日の積み重ねができないからです。これが当たり前にならないと、勝つって難しい事だと思います。新生活が始まる事時期に、是非回復の重要性をしっかり体感して欲しいです。

      1
      テーマ:
  • 15Mar
    • 痛い時にストレッチ

      身体のどこかに痛みがあればストレッチをする。今では当たり前になったコンディショニング方法ですね。でも、正しくもあり間違いでもあることに気づかなければなりません!!適度に行うと回復に向かい、過剰にすると悪くなる。薬と同じですね。毒を薄めたら薬。そのまま使えば毒。加減が難しいので、専門家がいるんですね。しかし、ストレッチの専門家はストレッチの種類を知っているだけで身体に及ぼす作用を知らなかったりします。これが毒になるんです!!筋肉の構造、身体の生理反応を理解したうえで適切にストレッチをしましょう。適切を知りたい方は、おやつを持って坂ノ下温灸院まで来てください。笑

      4
      テーマ:
  • 09Mar
    • タイムトラベルしてみたい

      数年前からハマっている量子力学の世界。天才が理解していない問題なので、私になんて何にも解らないですが、学んでいくと不思議な事だらけでワクワクが止まりません!!小さい頃に流行っていた映画でバックトゥザフューチャーがありましたが残念ながら現実にはタイムトラベルはできないっぽいです。みなさんは、現在を過ごしていて、過去の記憶があり、幸せな未来に向かって生きていますよね。量子力学ではこの概念が根底から覆るそうです。私が理解したものだと過去、現在、未来は同時進行していて、脳が勝手に時間の流れを作っているんだそうですよ。未だ見たことがない未来と、既に起こってしまっている過去が現在と同じだなんて考え付きませんよね。それで、過去に起こった事は知っていますよね。それが現在に繋がっていると思いがちですが、実は未来に起こった出来事が現在を作っているんだそうです。だから、過去からすれば現在の行動が過去を形作るってことになりますね。わけわかりませんね。未来が既に決まっているのではなく、数パターンある未来の選択肢を現在選ぶってことみたいですが、脳みそから湯気がでそうです。実際、多くの書籍やサイトがあるので興味ある方は覗いてみてください。

      1
      テーマ:
  • 08Mar
    • コンディショニングで自分に投資

      トレーニングは自分を高める為にするものですね。これ以外に理由があったら教えてください。自分を高める個々の目的はあるとして、肉体を強くするボートのテクニックだけ磨いている事が自分を高める要素でしょうか。私は、心も磨いていかないといけないと思います。日本には心技体という言葉もありますしね。冬季オリンピックで金メダルに輝いた選手はみなさん素晴らしい人格者ばかりだったことはご存知の通りです。トップアスリートになれなくとも、自分を高める事にデメリットはないはずです。身体を鍛え、技を磨き、心を高める。その為に疲れを取り除き、ケガをしない身体にしておくことが重要です。一度ケガをしてしまうと、自分を高められる時間が減ってしまいます。とても勿体ないことです。時間を無駄にしないために、どのように自分に投資するかで違ってきます。コンディショニングに気を使っていない人は、コンディショニングに気を使うことから。コンディショニングに気を使っている人は、よりより方法のコンディショニングを模索する事が大切です。お金がかかるからと妥協していては、いつまでたっても自分を高められません。若い頃に磨いたことは必ずどこかで生きてきます。しっかり自分に投資しましょう!!

      テーマ:
  • 28Feb
    • ボート競技からみたコンディショニング

      ボート競技で重要なテクニックはリズムよく漕げる事と最大の力を無駄なく出せるリラックス感だと私は考えています。すべての競技に共通する事ではありますがあえてボート限定とします。これを通してコンディショニングを考えてみたいと思います。ボートをクルーで素早く進める為には、シンクロしたリズムがとても重要であることはボートをしている人なら良く理解していることと思います。このリズムはトレーニングでも重要であり、テンポよくできると素晴らしく充実した気持ちになることはトレーニングしている人なら誰でも経験したことがあると思います。逆にクルーに協調性のない者がいると合わせるのが苦労しますよね。他のトレーニングでも邪魔が入ると集中力が切れてしまう事もあります。身体に邪魔が入って、トレーニングのリズムが崩れてしまう。身体の邪魔とは、日々蓄積してくる疲労ですね。疲労が蓄積してくると集中力の維持が難しくなる。子どもが一日遊んだ夕方頃に急に暴れだす癇癪も同じですね。疲れたら意識が散漫になり、ボートを漕ぐリズムが狂う。トレーニングでケガをする。いろいろ繋がってきます。身体の疲労を緩和させておくことによって、身体のリズムを整えておくことは非常に重要な事だと理解できます。そしてリラックス感。最大出力を持続させるのは、如何に安定した身体を保ちつつ力を抜けるかです。力を出すときは必ず力を抜いてからでないと出せません。力を出したまま力を上乗せできるのは孫悟空が使う界王拳くらいでしょう。常人には不可能なので、ボートを速く進ませたいときは如何にボートの上でリラックスしていられるかが重要です。これをコンディショニングで考えると。トレーニングは力を出す事にあたりますよね。身体を鍛えている訳ですから、トレーニングはリラックスしている事とは通常はなりません。あるトップ選手は言うかも知れませんが。なので、コンディショニングがリラックスに当たります。身体をリラックスさせるからこそ、最大のトレーニングが成り立つんですね。ボートで重要なリズムやリラックスを得る為にもコンディショニングはとても大切です。しっかり自分たちのコンディショニング見直して充実した競技人生を過ごしましょう。

      4
      テーマ:
  • 25Feb
    • 3月の予定

      いつもありがとうございます。春は何かと用事のできる時期ですね。少し通常と変更した診療日になります。よろしくお願いします。3月3日(土)15:00から休診3月4日(日)休診3月5日(月)15:00から診療3月6日(火)診療3月10日(土)休診以上

      テーマ:
  • 18Feb
    • 気功からみるコンディショニング

      私は鍼灸師なので普段から気功をしています。鍼灸には気の概念が必要不可欠だからです。気とはエネルギーであり情報と言われています。簡単なようで難しいのでここではエネルギーとだけ言っておきます。気功はいろいろな事に応用可能で普段の生活からアスリートですら網羅できる素晴らしいトレーニング方法なんですね。詳しく知りたい方は是非坂ノ下温灸院まで遊びに来てください!!気功には外功と内功があります。外功は肉体を鍛えること。内功は精神を鍛えること。アスリートは特に外功に当たる肉体しか鍛えません。世界はすべて陰陽で構成されている事実からするとこれはバランスが崩れます。肉体を陽とすれば陰である精神も鍛えなければなりません。それが内功です。また、内功は回復という意味もあります。辛いトレーニングだけして回復させなければ身体が壊れるのは当然ですよね。継続したトレーニングができてこそレベルアップが望める。その為の試行錯誤なのですが、突飛な事は一時しのぎにしかならない事は歴史が物語っています。トレーニングと回復という基本から外れたものでは意味がないんです。しっかり回復して目標達成しましょう!!

      1
      テーマ:

プロフィール

坂ノ下温灸院

性別:
男性
誕生日:
1981年5月15日
お住まいの地域:
埼玉県
自己紹介:
坂ノ下温灸院 ハリと灸を使った治療所 伝統的な鍼灸治療と近代的な筋膜理論を合わせた治療法で、ア...

続きを見る >

フォロー

戸田市 坂ノ下温灸院
吹き出物や冷え症
慢性疲労、肩こり、腰痛など
日々の疲れを取ります。
http://sakanosita-nokyu.com

LINE予約登録はこちらからどうぞ!!


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス