フランス「サンタムール村」

フランス「サンタムール村」

遊びに行こう♪..愛とワインの村へ

雪雪が降りました雪

 

年明けから雪がパラパラ降ることが多かったのですが、

今回は夜通し降り続いて、朝にはしっかり積もっていました。

 

 

 

ぶどう畑も雪化粧雪の結晶

 

 

 

澄んだ景色に癒されますね。

 

心穏やかに暮らせる世界になりますように...ベル

 

 

 

 

2020年も終わりが近づいて来ました。

 

 

明日の大晦日。

フランスでは REVEILLON de la SAINT-SYLVESTRE と呼ばれ、

友人たちとご馳走を食べながら、クラッカー盛大に新年を迎える事が多いのですが...

 

現在フランスは夜間外出禁止(20時〜6時まで)で、

集まりも大人6人までとされていて、各々で静かな年越しとなります。

 

 

1年を振り返る時、よく「激動の1年」と言いますが、

今年は本当に、誰もが経験した事のない苦難の年だった事は間違いありません。

 

たくさん苦労して、我慢して、大変な1年でした。

しかしそれと引き換えに、日常の幸せ、優しさ、大切なものを確認できた年でもありました。

 

 

2021年は、光の見える年になる事を祈って...星空

 

心穏やかに、良い新年をお迎えください。

 

 

 

サンタムール村の今朝の気温は雪の結晶マイナス2℃。

寒さが厳しい毎日です。

 

肌を刺すような寒さの時、フランスではこのように表現します。

 

Il fait un froid de canard.

直訳すると、『鴨の寒さがする』

 

 

日本人の私たちが、寒さから連想する動物といえば、

ペンギン、キタキツネ... などでしょうか。

 

鴨の寒さ!?と不思議に思うかもしれませんが、

これにはフランスの伝統的な鴨狩りと関係があるようです。

 

鴨狩りのシーズンは、秋から冬にかけて。

鴨を狩るためには、長時間腕時計動かずに獲物を待ち続ける必要があります。

 

水際でじっと待つ間に寒さが増す、ということから

「寒さ=鴨」という表現になったそうです。

 

 

今年は寒い冬になりそうです。

身体をあたためて、体調に気をつけて過ごしましょうね雪