一線を超えた出来事が起こりましたので、事実記録を以下致します。

 

初めてこの事実に気付いたのは、午後一時半辺りだったでしょうか?

 

 

 

 

事件が原因で、嫌々費用を払い、私はミネラルウォーターを常用して居ります。

 

当該ミネラルウォーターを購入したのは三月一日。

購入した物を玄関にそのまま置いて居りました。

 

それを利用の為にリビングに移動しました。

 

 

その当該ミネラルウォーターが少しく量が(未使用であるのに)減っているのに気付いたのは、、本日から一週間程前だったでしょうか?

 

 

ペットボトルに製造会社がミネラルウォーターを詰める際、ミスがあったのだろうと放置して居りました。

 

 

それが、、元々からキャップがねじ切られていたのに初めて気付いたのが、冒頭部分先程と言うことになります。

 

 

 

 

玄関に購入したミネラルウォーターを一旦置き、それをリビングの一定の置き場所である「床」に置き、、そこから多くて二・三本だけを使用する為に台所の作業台の上に移す。

 

 

(ほんの)少しだけ使用し、またわざわざ高い処から低い一定の場所に戻すと言うことは「絶対に」あり得ません。

 

 

 

 

  『(私の外出中に)室内に「侵入」し、恫喝の為に行為を成す』

 

 

 

── かく事が起こった訳であります。

 

 

(室内に私が居る間は、玄関ドアを固く紐で縛っています。)

 

 

 

 

 

仙台に調査目的などで私は来て居りません。

攻撃兵器・監視装置など、私は一切有しては居りません。

 

──ブログを精読し実際の事実群と突き合わせ、ここまでの事件での(私の眼・耳を通した)記録動画を合わせ見れば、、上述の真実性は完璧に立証されます。

 

 

 

 

母は私の目前で嬲り殺されました。

その苦しみは如何ばかりでありましょうか?

 

そこから二年八か月間、未だ犯罪者は居座り続けて居ります。

 

 

 

 

しかし、、

 

止むを得ない事情と言うものが現実社会には存在するものであり、

(簡単には本当は口が裂けても絶対に言いたくはないのですが、)

上記の二事実も懸命に受け止めて来ました。

 

 

 

 

居座り続ける犯罪者を立ち退かせる為には、諸作業が必要であり、、

その出入りを守る為に「万が一」私が兵器を持っている場合に備え、電磁波装置などを犯罪者が与えられ利用することも、

私は懸命に耐えて受け止め、朝から晩まで苦しみ続けて参りました。

 

 

 

しかし、恫喝目的で自宅に侵入される、と言うのは完全に一線を超えたと思います。

 

こんな事をされたならば却って反発が起こるのが常であり、

特に私の場合はそうである、、と言うことを申し添えて終わりと致します。