つちやRYU'S BLOG

つちやRYU'S BLOG

FM YAMATO 77.7MHzの長寿番組「つちやRYU'S BAR」のゲスト紹介を中心に、日々の面白い出来事をアップしていこうと思います。

音響(PA)屋、シンガーソングライター、ラジオパーソナリティー、インディーレーベルプロデューサー、カメラマン。色々な顔を持つ男。今年は何処へ向かうのか?

 

本日は毎年お世話になっている鳩の森愛の詩 あすなろ保育園 2020年度 卒園を祝う会、音響現場でした。例年は卒園生一人一人の日頃の様子を歌詞にし、プロの作曲家が曲をつけるオリジナルソングを卒園児、父母、OB、OG、職員の大合唱団で歌いますが、今年は三密を避けるために卒園児のみで合唱になってしまいましたが、元気な歌声が響いていました。素晴らしい卒園の記念です。

 

Pearlの18インチのフロアタムをバスドラに改造した時に付けたYAMAHAの安めのレッグをPearlの高級品に交換しました。これで、ここ数年、気になっていた課題がクリアーできました。

 

 

 

一つの穴は元の穴を使いまわします。穴の大きさはちょどいいドリルビットがなかったので、リーマーで調整しました。

 

 

レッグが高級になるとドラム全体の価値も上がった様に見えます。

 

 

たまに食べたくなるのが、レバニラ炒め。スーパーで普通に安く売っている 鶏レバーで作りました。鳥のレバーは違う肝臓、心臓等、違う部位がつながって売っているので、それぞれ違う食感が楽しめます。レバーに軽く下味をつけて粉を振って、先に火を通しておきます。もやしを入れ、最後にニラを入れたらオイスターソースで味を整え、すぐに火を止めます。ニラにはほとんど火を通さないのが、美味しく作るコツです。

 

 

本日の収録ゲストは最近、非常にお世話になっている作編曲家、キーボディストの安部 潤さんです。今回もプロフィールに書いてない事をたくさんお話しいただきました。ロス録音のご自身のアルバム音源、最新の和楽器を入れたバンドの未発表音源、そして、編曲されたタッキーと翼と、色々なジャンルの曲をおかけしています。要チェックですよ。

 

安部 潤さんのゲスト放送は

3月6日(土)19:00~20:00

3月7日(日)17:00~18:00

その他ネット局の放送日はFM YAMATOゲストスケジュールをご参照下さい。※FM YAMATOはサイマルラジオで聴く事ができます。世界中から受信してください。

 

本日は久しぶりに、山下 伶と珈琲美学に足を運びました。あの、SHOGUN、AB’S の芳野藤丸さんと奥様のボサノバシンガー原久美さんのユニットBORにスペシャルゲストでハーモニカのレジェンド八木のぶおさんが出演するということで、安部 潤さんにお誘い頂いたというわけです。藤丸さんには私のラジオゲストに数回ご出演いただいたこともあり、大変、ご無沙汰しております。とご挨拶。そして、なんとセカンドセットには安部さんとご一緒に山下も飛び入り参加させていただきました。大変、貴重な経験をありがとうございます。

 

SHOGUNに八木さんが参加した楽曲といえばこれ。40年以上前の曲とは思えない格好良さ。

 

 

先日、天王町の弟が経営するビタローの裏の花壇で日本スイセンに混ざってオオキバナカタバミが茂っているのを発見しました。元々、南アフリカ原産の園芸品種ですが、野生化もしているらしいです。

 

 

 

先日送っていただいた牡蠣は広島産ではなく、岡山の日生の殻付き牡蠣なので、名物のカキオコを作ってみました。贅沢なお好み焼きです。

 

 

 

昨日は山下 伶新譜レコーディングで敏腕プロデューサー安部 潤さんのスタジオへ。今回初参加していただき、フュージョン、アシッドジャズ?テイストを吹き込んでいただいております。お楽しみに。実はアマゾンで密かに予約も始まっています。こちらから。私もまだ見た事のないアマゾン予約特典のメガジャケ付きだそうです。タイトル:Fantastic Films

 

昨日、後輩から我が母校、神奈川県立希望ヶ丘高校の旧体育館の解体画像が届いたので、平地になる前に撮影に行ってきました。私が入学した当時から、ボロボロの体育館でしたが、ついに解体する日がやってきました。この体育館は昭和26年に希望ヶ丘高校がこの地(当時は保土ケ谷区二俣川中野原)に移転してきた6年後の昭和32年に完成した様です。希望ヶ丘という名前は相鉄が昭和23年に駅を開業するにあたり、公募して付いた名前です。町名変更がされる前に駅と高校だけが希望ヶ丘を名乗っていた事になります。町名変更は昭和36年4月1日。何故か町名は希望が丘と表記しますが。その後、昭和44年に保土ケ谷区の分区で旭区になりました。私は現役時代にはほとんど足を踏み入れたことはなかった旧体育館ですが、卒業後に起業して音響の仕事を始めて数年後から、記念祭の音響、照明を担当させていただくことになりました。毎年6月の金曜日の前日仕込みから、土日本番の3日間は蒸し蒸しのこの場所で過ごしました。15年位は通ったでしょうか。軽音、フォークソング、有志の合計40(?)バンドと数は増殖して行きました。近年、老朽化で使用禁止になり、2016年を最後に記念祭に出向くことも無くなってしまいました。当時よく学生から聞いたのが、中学時代に記念祭の旧体ライブを見て、希望ヶ丘高校を志願したという話し。学生のリクルートにも貢献していた旧体ライブとも言えます。高校の文化祭にしては音響、照明を豪華にやっていましたので。毎年、記念祭の旧体班班長の生徒さんとは事前打ち合わせで何度も連絡を取り、私も青春を感じていましたが、それも今はなく寂しい限りです。実はもう10年くらい前になるでしょうか、とっくに旧体は壊されることは決まっていて、跡地にセミナーハウスという建物が立つことが決まっていました。設計図も見たことがあります。しかし、県の予算が付かなくなり、計画は頓挫。たまたま旧体は残っていたという事だそうです。実際、大雨の日の記念祭のライブ本番中に天井の角から、雨が滝の様に流れ込んでいる時もあった気がします。それ程、老朽化していました。その後、だましだまし修理しを重ねて使用していた感じです。

 

 

先日、旧体の解体工事が始まるとい話を小耳に挟んだので、ぐるっと一周回って撮影しておきました。開きっぱなしの窓から、中の様子も確認できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年 最後の記念祭 旧体ライブの模様

 

過去のブログにある旧体ライブの記事を全てリンクしておきます。

 

2009年 第62回記念祭 旧体ライブ一日目の模様

 

2009年 第62回記念祭 旧体ライブ二日目の模様

 

2010年 第63回記念祭 旧体ライブ一日目の模様

 

2010年 第63回記念祭 旧体ライブ二日目の模様

 

2011年 第64回記念祭 旧体ライブ一日目の模様

 

2011年 第64回記念祭 旧体ライブ二日目の模様

 

2012年 第65回記念祭 旧体ライブ一日目の模様

 

2012年 第65回記念祭 旧体ライブ二日目の模様

 

2013年 第66回記念祭 旧体ライブ一日目の模様

 

2013年 第66回記念祭 旧体ライブ二日目の模様

 

2014年 第67回記念祭 旧体ライブ一日目の模様

 

2014年 第67回記念祭 旧体ライブ二日目の模様

 

2015年 第68回記念祭 旧体ライブ一日目の模様

 

2015年 第68回記念祭 旧体ライブ二日目の模様

 

2016年 第69回 記念祭 最後の旧体ライブ二日目の模様

 

ブレイク前の浜崎あゆみが主演している1995年の映画、渚のシンドバッド。主なロケ地は監督の出身地の長崎ですが、K30回卒の東宝のプロデユーサーがコーディネートし、学校のシーンは希望ヶ丘高校の教室が使われたり、学生がエキストラ出演もしています。内容は結構ディープです。この映画のDVDパッケージ写真は、まさに旧体のテラスです。私のバンドのドラマーが応援団長を勤めていた応援団が練習をしていたあの場所です、