前回の記事はこちら


アトピー性皮膚炎 奮闘記12


だんだん時間が進んでいつの時期か分かりにくくなってしまいましたあせる

前回の生地の終わり&今回のお話しは今年のことで20232月になります。



----------


ここ最近てんちゃんは口の周りが荒れていて

口角の左右が爛れていました。


冬の乾燥とアトピー で皮膚が薄くて弱いので

食べたご飯が触れるので荒れての繰り返しで

なかなかよくなりませんでした。


病院からそこにもステロイドを塗るよう指示が出ていたのでした

ひどくなってきたなと思うと塗るようにしていました。


でも気になるのかカサブタを剥がしてしまうてんちゃん。

そしてまた血が出る、、、の繰り返しでした。



ある朝、保育園の担任の先生と

てんちゃんの口角の皮膚がなかなか良くならないという話をしていたところ

アトピーの話になりました。


先生はいつかちゃんとお話し聞きたいと思っていたのだけど、なかなかタイミングがなくて、、、とおっしゃいました。


そのとき初めて、産まれてから、現在までのアトピーの経緯をお話しすることに。

入院前や入院時の時のことをお話しするときは

当時の不安や恐怖などをリアルに思い出してしまい泣きながら喋ってしまいました。


たぶん先生もびっくりされたかなーと思ったのですが

たぶん私も相当このことについて我慢してたのでしょうね。

もう感情がとめられませんでした。


でも先生はウンウンとお話しを聞いてくださり

自分の子供もアトピーでステロイドを使ったということ、

でもステロイドに違和感を感じたのでやめて食事療法や温灸、治療院に行った話などをしてくれました。


とりあえず温灸がおすすめということと

その特は朝であまり時間がなかったので

良い方法を一緒に探していきましょう。

何かあったらなんでもお話ししてくださいと言ってもらいました。




私はここでハッと気づいたことがありました。

私はこの件に関して、すごく閉じていたな、と。


自分ひとりで何とかしないといけないという謎の責任感や周りに迷惑をかけないようにしないという意識。


また自分が大変とき「助けて」と言えない

秘密主義になりやすいタイプだった、、、と。


よかれと思っていたこの意識が壁を作り

周囲からの支援や必要な情報をシャットアウトしていたのだと気づきました。




まだこの時点では答えに行き着いていなかったけれど

私が本気で願いを放ったからこそ

世界がキャッチしてくれて

やっと現実が動き始めたのだと感じました。


今までも本気で願ってたつもりだったけど

色々な考えがはさまって、モヤモヤした願い(エネルギー)だったのかなーと思います。



担任の先生が他の職員さんにお話しをしてくださったみたいで

この日の保育園のお便り帳には

事務員のSさんからのお手紙が添えられていました。


ご自身の娘さんも生まれてからすぐ

ひどいアトピーだったということ。

その時にお世話になった治療院に

よかったら行ってみませんか?


という内容が書かれていました。


そのあとLINEで色々とお話しして

とりあえず流れに乗って!治療院に行ってみることにしました。


私はずっと知りたかったアトピーの原因にたどり着けるかもしれない。

そして完治することができるかもしれない。


そんな予感がしていました。


でも正直この件について疲れていたこともあって

あまり期待はしないでおこうとも思っていたのでした。




その14へ つづく



ちょっと分かりにくいけど口角が荒れている。

腕も脚もお腹、背中と湿疹が出ていた。




お月様・・・・・・・・・・

 

◆ナイアヒーリングサロン 公式ホームページ

http://www.naia-salon.com/

 

 

◆LINE@

(最新情報をお届けします。ご予約やお問合せもできます)

http://nav.cx/5N23lPw

 

 

◆Instagram

https://www.instagram.com/naia_salon/




前回の記事こちら


アトピー性皮膚炎 奮闘記11


----------


少しだけ時間が戻りますが

3歳になる数ヶ月前に、脚の皮膚状態が悪化してしまいました。

元々、脚の状態は悪くなりやすい傾向にありました。

もちろんステロイドは毎日塗ってはいましたが

痒いみたいで掻きこわしてしまい

血が出てカサブタになって

また痒いの(カサブタも気になる)で掻いて血が出ての繰り返し。


どうやら脚はいつも塗っているステロイド(リンデロン)では効きにくくなっているのもあり

かなり強いステロイドも処方されるようになってしまいました。


うーん、やっぱりこの治療法ではいけない気がする、、、

と思いつつ数ヶ月たち、3歳のお誕生日も過ぎたけれど

脚の皮膚状態はよくならないし強いステロイド薬に上がったまま。



ステロイドを毎日塗るのは辞めたい!

薬や皮膚の管理もしたくない!

もう疲れた!これ以上続けたくない!

本当に終わらせたい!

薬を塗らなくてもキレイになっている皮膚をみたい!

治すための方法を知りたい!


という自分の中の声が大きく聞こえるようになってきました。



現状に限界を感じはじめていた私は

そこである方法を試してみることにしました。


それは宇宙の法則で、スピリチュアルな世界よく言われる「引き寄せの法則」です。


今までも使っていたけれど、無意識に使っていたり、うまくいくこともあれば、いかないこともありました。


でも今回は実験も兼ねて、検証しながらやってみることにしました。


これをやっていくことで、アトピーで悩んでいる人もそうなんだけど

何よりクライアントさんたちに望む現実を創造する方法を

もっと分かりやすく伝えられるようになるかもしれないと思ったのです。



私はまず、この願望を宇宙に放つことをしました。

(どんな風にしていったかを今書いてしまうと本筋と離れてしまうので

詳しくはまた別の機会に書きますね。)



そしてしばらくすると、私が放った望みに対して

世界が反応してくれる出来事がおきはじめたのです。






ふーって言ってるだけで、吹けてない爆笑




その13へ つづく



お月様・・・・・・・・・・

 

◆ナイアヒーリングサロン 公式ホームページ

http://www.naia-salon.com/

 

 

◆LINE@

(最新情報をお届けします。ご予約やお問合せもできます)

http://nav.cx/5N23lPw

 

 

◆Instagram

https://www.instagram.com/naia_salon/


前回の記事はこちら


アトピー性皮膚炎 奮闘記10


----------


月日が流れてんちゃんは3歳になろうとしていました。


展開が急に早くなりスミマセン。

でもアトピーは治っておらず、これといって大きな変化はありませんでした。


1歳から3歳の間に変わったことといえば

訪問看護さんを卒業したことや

保育園にも通うようになっていました。


とりあえずは普通の生活はできているし

病院には経過観察ということで

2ヶ月に1回位ペースで通院していました。


ステロイドはそのまま継続していたので

お肌はなんとなく綺麗な状態を保っていましたが

塗らない日はありませんでした。


湿疹が出ている部分を塗って、収まって

また次の日には薬を塗っていない部分に湿疹が出るからそこを塗って、、、と追いかけっこで。


この塗り方はお医者さん的にはNG

本当は定期的にラップをするようにしっかり塗ること推奨されていました。

でもいくらこの方法が効果的だとお医者さんに説明されても

私はこんなに大量にステロイドを塗ることはできなかったのです。


本当はすぐにでも脱ステをしたかったのですが

なかなかそこに踏み切る勇気や、できるという確信が持てませんでした。




夜お風呂に入った後、朝の保育園に登園する前に

お肌の状態をチェックをして

湿疹が出ている部分には薬を塗っていました 


毎日皮膚の状態を管理しなくてはいけないので

だんだんと疲れてきていて、ストレスにもなっていました。


そして薬に関しては、私が管理し主人はノータッチだったため

自分の中に溜まっていたストレスは主人にも向くように、、、

なんで私だけが毎日細かく管理して塗らないといけないんだ、と不満が炸裂していたのでした。


やっぱり私にとっては息子がアトピー性皮膚炎であるということは

かなりのストレスだったのだと思います。






その12へ つづく



お月様・・・・・・・・・・

 

◆ナイアヒーリングサロン 公式ホームページ

http://www.naia-salon.com/

 

 

◆LINE@

(最新情報をお届けします。ご予約やお問合せもできます)

http://nav.cx/5N23lPw

 

 

◆Instagram

https://www.instagram.com/naia_salon/