KG★BASEのアメ車番長Blog☆

KG★BASEのアメ車番長Blog☆

東海地方を拠点にアメ車を中心とした品揃えで輸入車の販売・買取やってます!



★画像クリックで出品一覧ページにお進みいただけます★





 

上の画像クリックで無料査定フォームへ!



↓↓ホームページ




0568-29-9929










 

テーマ:

KG☆BASEアメ車番長ブログに
今日もアクセスありがとうございます!

 

この投稿は、8月10日にアップした記事に加筆修正したものです。

《入庫/在庫の最新情報 & キャンペーン情報は》
 ホームページ: http://kg-base.com/
 ヤフオク: https://auctions.yahoo.co.jp/seller/kgbase_japan
  LINE: https://line.me/R/ti/p/%40utv6124n%20

 

3週間ぶりにお送りするこの企画!

 

“このアメ車で聴きたいこの音” 

 第4回

 

KGセレクトのヴィンテージなアメ車に、

新旧おすすめの“イケてるサウンド”を

DJワンランク上野がコーディネイト!

 

まず今回ピックアップする

“このアメ車”はこちら!

1970 Chevrolet Chevelle Malibu

 

月曜にアメリカから名古屋に到着したばかり!

 

激渋い黒のシェベル・マリブ!

 

白いレーシングストライプの説得力に脱帽です。

 

この車に関して、

私が一番心を奪われたポイントは

 

当時の雰囲気そのままの 高い車高

 

ローダウンと真逆な状態なのに、

 

やたらとオシャレに見えて仕方がない(笑)

 

この感じを多くのアメ車ファンと

 

共有したくなったワンランク、

 

ここで、

 

緊急特別プチ企画

 

"マッスルカーの車高について

    色々考えてみました"

 

ぶっこみます!

 

 

車をかっこよく見せるための

 

基本のひとつが

 

大きめのホイールをチョイスして、

 

車高を絶妙に下げるローダウン。

 

 

その感覚でこのシェベルを見ると、

 

 “わざと車高上げてんのかな?”

 

なんて疑問が浮かびそうなぐらい高い車高。

 

 

でもこの車高が不思議と絵になってしまうのは、

 

何故なのか??

 

しかも説得力まで感じるのは?

 

 

翌朝、

 

 

これが 当時の “THEマッスルカー”の

スタンダードな高さだったのを思い出しました!

 

 

アレ?!

 

当時の雑誌広告に登場する

写真&イラストは

実際に市販されていた車より、

低めの車高になっていますね(笑)

 

でもここからが、

当時のオリジナルを限りなく維持する

“マッチングナンバー”なレアモデルの

実車の車高が確認できる写真です。

どうぞご覧ください!

 

高いですねぇ!

 こちらもいい高さ!

 

車体、エンジン、トランスミッションなどに

刻印された製造番号が工場から出荷されたときの記録と

全て一致していると

“ナンバーズマッチ”とか“マッチングナンバー”

(番号一致してます)車両認定がされます。

 

コレクター向けの認証システムであり、

ヴィンテージアメ車の査定基準が、

“マッチングナンバー”照合システム。

 

工場から出荷当時から、

一度もエンジンやミッションを

載せ替えたことがないオリジナルな個体

=歴史的にどノーマル だという証明。

 

オリジナル度合いが高い = 値段が高い

 

という当然の現実を番号の照合で簡単に

裏付ける方法を確立、運用したことで、

工業製品の文化的な価値が分かりやすくなり、

旧車の資産価値が社会的に認知されることに

なったようです。

 

どうやら

“オリジナル = 価値が高い” 認識が

どノーマルな 高い車高 の定番化に上手く作用

していったのかも知れませんね。

 

そして、

このオリジナルな車高のマッスル車が

春日井市のショールームに入庫しちゃうのも、

現地買い付けだからこそ!

 

ドラマチックに言うと

 

この車高は

実車と一緒に直輸入される

“リアル アメ車文化”の一部です。

 

今回なんと5台ものシェベルが

 

アメ車の聖地カリフォルニアから一気に入庫

 

新入り上野、贅沢にも色んな見比べが出来、

 

“70年代当時のノーマルっぽい

格好良さ。”

 

に気付いたというわけで、その瞬間、

 

アメ車を深く愛するKG代表の仕入れの幅と

 

センスに唸らされました(笑)

 

 

90年代から世界中で一気に盛り上がった

インチアップなど、アルミホイールや

サスペンションなどの足回りを交換する

基本のカスタムにはじまり、

 

今では数千万円もかけて、

 

ヴィンテージカーの中身を全て最新化する

プロツーリングというジャンルまで産まれ、

 

カスタムの世界は行くところまでいった

感じがします。

 

だからこそこの、

基本に忠実な潔さすら感じる

 

何も足さない、何も引かない

 

ヴィンテージなノーマル感が

 

逆に新鮮で、おしゃれに思えて仕方ありません♡

 

パッと見、

かなり男らしい雰囲気すら漂っています。

 

 

そんな男らしさ満点の

 

黒いシェベルに似合う音楽はなにか?!

 

やっと元の企画に戻ります(笑)

 

 

それではいってみましょう!

 

大変長らくお待たせいたしました!

 

 

このアメ車で聴きたい “この音” はこちら!

 

 

DANZIG

ファーストアルバムDANZIG!!

 

絶対に合う!!

 

マッスルカーにはハードロックと

へヴィメタルはウルトラど定番!!

 

だから、

 

コーディネイト的に一番簡単そうですが、

 

ここはKGセレクトmeets ワンランクSelect!

 

スキル VS スキル!!

 

セレクトされたハイセンスには

 

最大級のリスペクトをもって、ハイセンスを選曲!

 

ということで、解説しましょう。

 

 

今日ご紹介のDANZIG(ダンジグ)というバンドは

 

知る人ぞ知る80年代末期に登場した、

 

ブルーズ色の強いメタルバンド。

 

ここで音楽豆知識:

ロックもメタルもヒップホップも

すべてブルーズが

進化してできたジャンルなのです。

逆に言えば、

全ての基本は、

オリジナルのブルースという事。

 

このアルバムには、

この豆知識を裏付けるエピソードがあります:

 

DANZIGは

とてつもないプロデューサーが仕掛けたバンドなんです。

 

どれぐらいかというと、

 

ヒップホップをメジャーな音楽にした人。

 

そんな凄い人が、惚れこんで、

 

自分のレコードレーベル(会社)で

 

売り出そうと手塩にかけて、

 

世に送り出したメタルバンドがDANZIGです。

 

 

下のYouTubeリンクは

ヒップホップの帝王でビヨンセの旦那さん

Jay-Zの大ヒット曲ですが、

このヴィデオにちょいちょい出てくる

テンガロンハットかぶったロン毛に

サングラス+ものすごいボリュームの髭に

毛皮のロングコートを着た白人のDJ役の方が

そのアメリカン芸能界の仙人、リック・ルービンさんです。

 

だいぶ脱線しましたが(笑)

このシェベル・マリブにコーディネイトするのは、

絶対にDANZIGが1988年に発表したファーストアルバムです。

このお車をご購入の方には、ワンランクからプレゼントします!

 

それぐらいお似合いの超名盤。

 

一番初めにに張ったYouTubeリンクの曲から始まる大傑作。

 

伝説のハードコア・パンク・バンド、ミスフィッツのボーカリスト

グレン・ダンジグのカリスマ性を最大限に発揮させたサウンドは

“男の中の男”を感じる

  重いけどキャッチーな魅力たっぷりのロック。

 

下のリンクはアルバムの代表曲Mother。

 

このサウンドを聴きながら

ぜひ1970シェベル/マリブの

インテリアをご覧になってオーナ気分を想像してみてください。

どうですか?張替え済みのベンチシート!

リアシートもこのとおり!

天井も新品です!

SSルックも説得力アリアリ!

エンブレムもピカピカ!

エンジンもすこぶる好調!!

“どノーマル”感がド渋い!!超オッシャレな足元!!

リアのたたずまいも素敵すぎます。

ぜひ実車をKG☆BASEのショールームで

じっくりチェックしてください!

 

 

“このアメ車で聴きたいこの音” 第1回

 

“このアメ車で聴きたいこの音” 第2回

 

“このアメ車で聴きたいこの音” 第3回

  

 

ワンランク上野の

“このアメ車で聴きたいこの音”

 

次回も

お楽しみに!

 

 

《さらにアメ車を味わいたい方はこちらのSNSにぜひご登録を》
YouTube: 
 https://www.youtube.com/channel/UCt9ivsjVMF5j2emdB6SaJug
INSTAGRAM: 
 https://www.instagram.com/kgbase/?hl=ja
facebook: 
 https://www.facebook.com/kgbase.nagoya/posts/1916308661740776

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス