キラキラしようZE☆

テーマ:

☆6月開催!ロボテック洲本校イベント第1弾☆

 

大人のための

ロボットプログラミング教室

 

今週末(5/25・26)に開催されるうみぞら映画祭のパンフレットに掲載させていただきました拍手

 

さらに。

ロボテックのHPからもお申込みいただけるようになりました!

https://www.robo-tech.jp/

 

大人のための

ロボットプログラミング教室

 

詳細は、当ブログトップページもしくは

ロボテック洲本校Facebookでご確認ください。

よろしくおねがいしま~すニコニコ

 

ブログ⇒https://ameblo.jp/robotech-sumoto

FB⇒https://www.facebook.com/events/629473884193809/

 

======

こんにちは、ロボテック洲本校フクナガですバイキンくん

 

毎日毎日暑いですねアセアセ

運動会の練習でクタクタの子どもたち…

各地で熱中症も出てますので気を付けてくださいねアセアセ

 

 

さて。

最近オススメされて読んだこの本。

 

 

実は、「ロボテック洲本校のフクナガ」を作り出した(?)あるご住職さんが同じようなことを仰っていました。

 

 

それは2018年11月、短期コースの開講前…

 

低学年クラスの担任をすることになり、不安でいっぱいのフクナガ。

 

教員でもエンジニアでもない自分が、

子どもにどう教えていけばよいのか?

果たして満足してもらえる授業ができるのか?

 

そう悩む私に、ご住職がおっしゃいました。

 

こどもに「教える」必要はないでしょう?

アナタが楽しそうにしている姿を見せれば、

子どもは教えなくても学びますよ。

 

ぽろぽろぽろ目ブルーハーツ←目からうろこが落下中

 

この方、住職になる前は30人以上の生徒さんを持つ柔道教室の先生でした。教室の子どもたちはみんな柔道が大好きで、「勉強しないなら柔道やめさすからね!」と「柔道」をニンジン代わりにつかっていたお母さんもいたとかにんじん(お子様は「柔道やめるのは嫌!」と必死に勉強してたそうです)

 

 

子どもたちがそこまで柔道を好きになるなんて、

どんな風にご指導されていたんですか?

 

と聞くと、

 

べつに特別な事はしていなかったけど…

「俺についてきたら、楽しい世界が見れるゾ!」

そんな気持ちでやっていました。

僕は柔道の「指導者」、つまり「導く人」。

子どもたちを「柔道」という楽しい世界に導いてあげればいい。

あとは子どもたちが自分の力で成長していきます。

人は誰だって楽しいことが大好きですから。

 

ぽろぽろぽろ目ブルーハーツ←目からうろこが落下中(2回目)

 

そっか…わたしが楽しめばいいのか…

なんだかできそうな気がしてきました!デレデレ

 

 

そんな単純なフクナガを見て

 

子どもたちを楽しいロボットプログラミングの世界に連れて行ってあげてくださいね

 

ご住職は笑っていました。

 

~fin.~

 

なんやこのステキエピソード!出来すぎやろ!ポーン

 

と思われるかもしれませんが、いやこれほんまの話!

ドキュメンタリー!ノンフィクション!

 

 

「私についてこい!楽しい世界見せてやる!」なんて言える自信はまだ無いけれど…

 

『センセ、楽しそうやな~!爆笑』 

 

そう言ってもらえるように、これからも子どもたちと一緒にロボテックでの時間を目一杯楽しむつもりですウインクルンルン

 

 

オトナのみなさん、毎日を楽しんでますか?

子どもに負けないくらいキラキラしてますか?

もしよかったら

大人のための

ロボットプログラミング教室

で私たちと一緒にキラキラしてみませんか?キラキラ

一緒に輝きたい人、お待ちしていますニコニコ