昨日の投稿もそうですが、日々夫婦で共同生活していると色々なことが起こりますが…


それでもなぜかずっと大好きなのが、不思議。。


イラっとしたり泣いたりしてるのに、好きな気持ちは変わらず、次の日には何事もなかったかのように大好きだなーってなってしまう。

(なんだかもはや悔しいくらいに。。)



これが恋愛結婚の威力なのかもしれない。


好みじゃない相手が同じことしたら、すぐに終わりを迎えているのかもしれない。。。汗



思えば私の友達は、好きではないが条件が完璧な男性と結婚して、2ヶ月で離婚。


理由は、相手の発言や態度に違和感があったときに、「好きではないから全く許せなかった」のだそう。



「どうせ家族になって恋愛ではなくなるから、恋愛結婚である必要はない」という説もありますが、

「いずれ家族になるにせよ、恋愛が入り口の方が絶対幸せ」という先輩は20年経っても旦那さん大好きで、幸せそうでした。喧嘩もイライラもいっぱいあるらしいけど、大好きそう。



私もそんな恋愛結婚を夢見て、妥協せず7年婚活。

でも何十人会っても全然好きになれなくて、婚活相手とのやりとりもいつもすぐ嫌になってしまうので、31歳で入会した結婚相談所でも、仲人さんからは「先方に連絡してあげてください」「本当に婚活を真剣にやる気がありますか?」と怒られていました。。


そのうち仲人さんの圧に耐えきれなくなって半年ほどで辞めましたが、、

今となっては、当時の私の行動は間違ってなかった!と思える。



婚活は、たった一人と出会えればいいわけで。


たった一人さえ見つかれば、トントン拍子。


トントン進まない人とは単に合わないだけなんだと思う。そこに努力はいらない。振り返るとそう思う。。



なぜか不思議とトントン進む人とは、逆に嫌なことがあっても、変なことが起きても、なぜか不思議と許せちゃったり、何でもなかったみたいになるのかもしれない。。



平井堅の歌詞にもあったな、「君の嫌なところもそりゃ少しはあるけれど 会うとなぜか許してしまう」ってやつ。


「君の好きなとこ/平井堅」の歌詞 って「イイネ!」「思いが募るほどに 直接顔見ては言えない …」勇気をもらったり、泣けたり、癒されたり…、この歌詞をチェックしてみて!人の心を打つ「言葉」がぎっしり!リンクsp.uta-net.com


むかーしむかし付き合ってた彼氏に言われたことあって、へーこんな歌詞があるのねーくらいにしか思ってなかったけど、しみじみと分かる側になったなぁ。



なんか、妥協を迫っているような仲人さんブログもよく目にするので、あまり婚活読者たちを惑わさないでほしいものです。。


ワクチンも広まってきたし、結婚式を挙げた友達や先輩から、「絶対に式は挙げたほうがいい!一生に一度だから!」と言われて、やる気になってきた。


いざ会場を探し始めると、迷う迷う…。


しかも招待客が東京が多いので、東京で挙式しようとしていて、中々下見もいけないとゆうハードルが😂


誰を呼ぶのかも前からシミュレーションしていたけど、コロナだし人数を絞ることにしたら、これまたまぁ迷う。

なんだか…人間関係の整理って感じですねガーン

席次決める時とかも大変そう。今まだ全然想像ついてないです。


結婚式って本当にやること多そうだし、、挙げてる人たちを見ると尊敬します。。


妊活もしたいからあんまり先延ばしにもできないし。若ければ気にならなかったんですけどね。


高齢でのコロナ禍での結婚式…ハードル高い…。


何から始めたら良いのか手順も分からなかったので、夫と一緒にゼクシィ相談カウンターでオンライン相談をしてみたんですけど、夫はコロナを気にして挙式に乗り気ではなかったので、相談中も態度が悪くて…。


画面からはみ出そうなくらい後ろにいるし。

夫婦の温度差、画面からバレバレやん!😭笑


なんだかそんな様子を見ていたら、なんでこの人、第三者もいるのにこんな態度なんだろうって思って、途中泣きそうになってしまいました。


そして相談中、10分間休憩タイムがあったので、その間に洗面所でこっそり泣きました…。


ただ、再開時に、私が悲しい顔していたことに気が付いたのかなんなのか、前半より夫の発言も多く、少しは乗り気のように見え、私の気持ちもなんとか持ち堪えることができました。。


相談が終わってからは、自ら招待客をリストアップし始めたりして、前よりはやる気が見られました。



もし本当に挙式することが決まったら、きっと協力してくれると信じてるけど、決まってもこの感じが続いたらしんどいな…。


喧嘩することもほとんどない私たちですけど、結婚式準備って喧嘩になるって聞くので、どうなることやら?






去年の冬にスーパーで買って食べ終わったアボカドの種を、夫が水に浮かべていた。


丁度いい器がなかったらしく、ペットボトル切ったやつ笑

見栄えが悪いので、後で勝手にガラスの入れ物に移し替えました。笑



でも半年経ってもずーーーっとこの状態で、「絶対無理でしょ」と私は笑っていた。


そんな私をキッと睨みつけながら、、夫は彼の成長を信じて、根気よく育てていた。



そして…


今年の春になったら、半年間の沈黙を破り、突然根っこと芽を生やし始めた。



そして9月の今や、こんな状態に…



凄い!笑笑


この先一体どうなるのでしょう笑


夫の植物育成能力は、本当に高いです🌵


また成長が見られたら投稿します。


マネジメントはしたくないんだけど、肩書きがほしいというか。

経営職でもなんでもないのに、偉そうな業務内容で、経営職と渡り合う仕事なので、なんだかなめられる気がする。


「え、これ、RIRIがやるわけ?」って何度言われたことか…。


女としてはもう34…って感じですけど、社会ではまだ34…なんですね。


私自身、落ち着いたキャラでもないしね。


部長の言うことなら聞く人も多いし

もし私が部長だったらそんな口の聞き方しないよねぇ、って思っちゃったり。

まーそりゃそうだし、あとは年の功もあるよねー。


うーん、肩書きの問題ではないかもね。


もう少し落ち着いた話し方とか、的を射たコメントとか、端的な仕事の進め方とか、習得したいな…。



50くらいになれば、貫禄出るのかなー。

なんかそう考えたら、年取るのも楽しみかもニヤリ


いまだに旦那さん大好き状態の私ですが、結婚して7ヶ月経ったのかー。


旦那さん大好き状態っていつまで続くんだろ。

新婚だから当然だよねーってなるけど、新婚っていつまでを指すんだろ?


人のドキドキは3年が限度と言いますから、付き合ったのが2020年3月なので、2023年3月にどう思ってるか?だな。笑


で、何が好きかって、顔かも。

ふとしたときに、カッコいいなーというか可愛いなーって見つめてしまいます。


見つめてると、クッションとか布団とかで顔隠されますけど。


よく考えると、顔というより目が好きかも?

あと、おしり?

お尻がちっちゃくてぷりっとしてるので、毎朝洗面台に立ってるときおしりを触ってます。


彼がソファでゴロゴロしてたら無理矢理腕の中に入ってむぎゅーとしたり、ベッドでゴロゴロしてたら後ろから抱きつくのがもはや日課です。



でもこんな我々ですが夫婦の問題は色々あります。

家事分担問題は昨日ついに膨れ上がり、私、泣きました。笑


洗濯物たたむの、頼めばやってくれるようになってきたんですけど、頼まないとやってくれないし、頼んでも一つ返事ではやってくれないんですよね。


日曜日、私が夕飯をつくってる間、ソファでサッカー観戦してる旦那さんに、洗濯物が入った布かごを渡して、「(たたむの)やってね」、って頼んだら、なんと、「ヤダ」っていう無言の意思表示で、その布かごを倒したんですよ!


はぁ?ってなった私。


「なんでこんなことするの!だめでしょ!」って怒って、なんか子どもを叱るみたいになりました。

彼も、「なんかバツが悪いけど、何その怒り方、なにこの状況?」って思ってそうな、複雑な顔してて。


変な空気になりましたよ。


で、布かごを元に戻さずそのまま夕飯。

夕飯を食べた後も食器を下げずにソファへ。なんならご飯もまだ残ってるお皿もある。


で、ソファで洗濯物をたたみ始めたんですけど、私のTシャツが裏返しになってる様子をぴらぴら見せてきて、「なぁにこれー」と怒ってきた。

どうやら、たたむ時に表にひっくり返すのが面倒だから、表にしたまま洗濯物に出してほしいようす。


「えぇ?表にして洗濯ものに出しなさいって、お母さんに教わったの?」と聞くと頷く彼。


「そうなんだ。私はそう言われたことなかったから、今度からそうするよ。てかさ、食器下げなさいとか、ご飯残すなとかは、言われなかったの?」と聞くと、「言われなかった」という感じで首を振る。


「もうさ、それって両家の教育の違いじゃん!私は食器下げろ、ご飯は残すなって言われて育って、洗濯物は表にして出せとは言われなかったもん。歩み寄るしかないよね!」


と言ったら、なんと、

「本当は、食器下げなさいとは言われてきたし、ご飯はいままで残したことないから怒られてない」と言うじゃありませんか。



はぁ?何嘘ついてんの!

てか、じゃあなんでうちでは食器下げないしご飯残すわけ!


「これまで食器下げなさいって言われて、これまでどうしてたの?」

と聞くと、無視です。


なに、もう頭きた。私の言うことは聞かないし、無視ってことね?


「もう、知らない!」と怒って、わざとドアをバン!と締め、ドスドス音を立てて歩きながら寝室へ。


すると彼が追いかけてきて、←この行動は合格💯

「何怒ってるの??」と。


もう私は泣いてます。

「だって、私のこと無視するし、言うこと聞いてくれない。カゴも倒した。」

と言うと、

「カゴは冗談じゃん」とのこと。


「冗談でも、やだ。いつも、一つ返事でやってくれないの、もう、いやだ。

…あのさ、話があるの。」


と言うと、エッ🥸という顔をしつつ、

「ちょっと」と言いながらトイレに行きやがりました。


「こんなときに、トイレかい!」

叫ぶ私。


で、戻ってきて、神妙な面持ちで、布団から顔半分だけ出しながら、話を待つ彼。

(いや、犬かよ、可愛いじゃんかよ。と思う私。)


「いや、大したことじゃないんだけどね。家事分担の話でさ。もうちょっと、分担決める?もうさ、やってっていうの、嫌なの。」

「うん、いいよ。ワイシャツのアイロンだって、しなくていいんだよ。自分でやるし。洗濯だって、不可侵だと思ってたし。」

「不可侵??」

「俺が入り込んだらいけないものだと思ってた」

「そんなことないし。全然、やってよ。洗濯物だって、たたんでよ。洗濯物、たたむの好きじゃないの?」

「…好きじゃない。」

「私も好きじゃない。でも、どっちかがやらなきゃじゃん。」

「うん。」

「じゃあ、お互いやるようにしよ。」


…ということで、ロクに話しはまとまってませんが、とりあえず私が不満を抱いていることは伝えられたと思います。


翌日のゴミ出しは、めずらしくゴミをまとめるところから自発的にやってました。


要は、彼は私に甘えてるんですよね!

で、私もそれに甘んじてきたわけですわ。

可愛いからやってあげたくなったり、許したりしちゃってるんです。

で、下手したら彼、それを自覚してますね。


つまり私ってほんとーに

ダメ男製造機なんですわ。


長女あるあるなのかな、世話を焼いちゃうんです。

で、我慢を続けて、爆発。


彼は要領いいから、今後は私が爆発する限度を見極めながら家事をすることでしょう。



その限度を見せられたから、よかったかな。



って、なんの話だ。


深夜のテンションで駄文すみません。


2023年3月にこの記事を読んだら、どう思うのか気になります。


36歳か…。何してんだろ。子どもいるといいなぁ。