日本舞踊家 凜の日々

日本舞踊家 凜の日々

日本舞踊家の花柳凜です。
よろしくお願い致します。

Amebaでブログを始めよう!
1週間後となりました! 


【花柳稔を偲ぶ13回忌追善舞踊会木の実会】


2018年2月18日(日)
沼津市民文化センター大ホール

アクセス:静岡県沼津市御幸町15−15番1
https://t.co/mjl6Xjpl4v

⌚11:00開場11:30開演


私は四季三葉草、二人椀久、時雨西行に出演致します。


四季三葉草は11時半~
二人椀久は15時半頃~
時雨西行は18時頃~

の予定です。

入場無料です。お気軽に遊びいらしてください。




昨日は、松竹座昼の部拝見しました。
大好きな夏祭浪花鑑を拝見できて嬉しかった~!

私も男性だったら団七やりたいな~笑

上方のお芝居ってどうしても拝見する機会が少ないけど、
脇を固める関西のお年の高い役者さん方の素晴らしさ。
大変な時代を支えてこられた皆様の底力なんだろうと、普通のお芝居を見ているだけでも目頭が熱くなりました。

二人道成寺は舞踊家としてはもちろん!憧れの演目で、持論を言うなら、
あれはライバリティすら感じるほど目まぐるしく繰り広げる踊り比べの中で、恐ろしいほどピタッと息が合う瞬間に観客はゾクゾクして、二人の視線の先が合う時なんて見てはいけないものを見てしまったような興奮を覚えるのがあの二人立の意味の一つで見せ所なんだろうと思ってます。
二股してた彼女が実は親友同士で、いがみ合うどころか二人に手を組んで罰を与えられてるみたいな心境になりたい!笑笑‼
女の情念が、二人になる事でより複雑に倍にならないといけない。
あれ?鏡?いやいや違う女性か、あれ!?鏡??
みたいなパニックを、女性の持つ複雑性や優しさと怖さの二面性に重ねられるような本当に面白い作品。


いつかやりたいし、どなたかに一緒にやりたいと思ってもらえるような舞踊家になれたらなんて考えてました。

夜の部は舌出しのみ拝見出来ました!
古風で格調高い中に、華やかでおおらかな風情があって、どうしても睡眠タイムに入るお客様が多いのが所作事ですが、皆さん楽しそうにご覧になっていて嬉しく、
観ていて私も踊りたくなりました。笑


観る、と言うことの大切さをひしひしと感じました。
嬉しい一日でした。

今東京に戻ってます🎵




“石川五右衛門外伝”

無事、千穐楽でございました。
ありがとうございました。

色々な想いがあります。
とてもとても、書ききれません。

大切に胸にしまって、
これからの舞台人生、
ひた向きに、感謝と覚悟を胸に歩んでいきます!!

お越し頂いたお客様。
何よりのパワーを、本当にありがとうございました。