なぜ、母の日にはカーネーションなのか?

に引き続き、

 

 なぜ、敬老の日なのか?

 

私たちが、敬老の日にフォーカスしていること

 

①これまで日本を支えてくださった(自分を支えてくださった)人へ

感謝の気持ちを伝えること。

 

②敬老の日の発祥は、日本であること。

 

③敬老の日には、赤いバラを贈ること。

 

ここにフォーカスし、敬老の日には、

 

子どもたちと高齢者をつなぐ活動として、

 

子どもたちと一緒に赤いバラを贈っています。


なぜ、赤いバラなのか?は、①でお話ししましたね🌹

 

 

 

 

 

 

現在、敬老の日にコレ!という贈り物はありません。

 

敬老の日が日本発祥であることで、

 

心の在り方を大切にしている日本人らしく、

 

「心」を贈っていたからなのでしょう。

 

 

そこで、私たちは、敬老の日に赤いバラを贈ることを提案し、

 

敬老の日には赤いバラを贈るということを投げかけ、

 

2007年から「情熱の赤いバラ100万本プロジェクト」を日本全国で実施し、

 

敬老の日が風化しないように守っていきたいと思います。

 

 

 

《 敬老の日が制定されるまで 》

1947年9月15日(農閑期で気候も良いことが理由)

発祥は、兵庫県多可郡

 

1966年、国民の祝日に関する法律改正と共に晴れて国民の祝日として制定されました。

(当初は55歳以上の方を集め、おとしよりの日としていた)

敬老の日発祥のまち

 

 

大切な人に感謝の気持ちを伝える時間をもつことで

何かが好転する、なんてことはよくある話です。

 

 

幸福感を高めるためには、良い人間関係を築くこと。

 

先ずは身近な人へ感謝の気持ちを伝えることから始めましょう。

 

 

今日は、なぜ敬老の日に赤いバラを贈るのか?

 

おわかりいただけましたか?

 

 

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

感謝🌹

 

 

内閣府認証第1号NPO法人情熱の赤いバラ協会

 

ローズアンコニュ

 

 

①なぜ 赤いバラを贈るのか?に引き続き、

 

今日は、なぜ 敬老の日なのか?をお話しようと思いましたが、

 

ちょっとその前に「母の日について」考えてみましょう。

 

 

 

母の日にはカーネーションを贈ります。

 

ではなぜ、母の日にカーネーションなのかは、ご存知ですか?

 

 

 

多くの人は、生まれた時から習慣化されているものには

 

ほとんど違和感も疑問も持たず

 

自分の人生の中に容易に取り入れることができます。

 

そして、カーネーションは、

 

母への感謝の気持ちを伝えるものだということも

 

知っています。

 

 

 

 

では、さて、この国民の日として、習慣化されている母の日に

 

なぜ、カーネーションを贈るのかについて、

 

考えたことはあるでしょうか?

 

 

時は、1910年、発祥は、ウェストバージニア州

1914年 5月の第2日曜日を「母の日」として制定し、

アメリカ全土に広まります。

 

《 母の日が制定されるまで 》

背景には、アン・ジャービスという女性の存在が大きく影響しています。

アン・ジャービスは、かつてアメリカの南北戦争で負傷兵のケアを行います。負傷兵の衛生状態を改善する「マザーズデー・ウォーク・クラブ」を立ち上げ、敵兵のケアも献身的に行った女性です。アンが亡くなった2年後の1907年5月12日に娘のアンナが亡き母の追悼を教会で行い、その時に白いカーネーションを参加者に配ります。これが「母の日」の起源と言われています。


日本で初めて母の日のイベントが開かれたのは明治末期頃で、

当時教会で行われたイベントによって、広まったそうです。

また、その当時は、赤と白のカーネーションでした。

 

 

 

お母さんがいる子 = 赤いカーネーション(母への愛・純粋な愛・真実の愛)

 

お母さんがいない子 = 白いカーネーション(私の愛情は生きている・尊敬)

 

しかし、子どもたちへの配慮から

1960年に赤のカーネーションに統一されています。

 

団塊の世代の方の記憶には、うっすらとその光景が残っているかもしれませんね。

 

 

母の日について少し理解が深まりましたか?

 

それでは、明日は、なぜ敬老の日なのかについて

 

お話ししたいと思います。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました🌹

 

 

内閣府認証第1号NPO法人情熱の赤いバラ協会

 

ローズアンコニュ

あなたは、
赤いバラを貰ったことはありますか?
 
赤いバラを贈ったことはありますか?
 
 
赤いバラを貰ったら、
 
赤いバラを贈る時、
 
どんな気持ちなんでしょうか?
 
 
 
{17F9CB6F-A25C-4941-8FF0-236092D26D27}
 
 
赤いバラ🌹
 
赤いバラの花言葉は、
 
『愛情』
 
『情熱』
 
『美』
 
『情熱的な恋』
 
『あなたを愛しています』
 
 
{E4C25678-C0BA-4114-A67B-97129CB1B592}


赤いバラには熱いメッセージが込められていて

 
それを人は肌で感じてしまいます🌹
 
 
 
貰った人はみんな笑顔
 
贈った側もまた笑顔
 
笑顔の連鎖が起きていきます🌹
 
 
 
ハーバード成人発達研究で
 
75年間700人を調査した結果
 
良好な人間関係によって幸福感は増し
 
幸福感は健康値まで高めます🌹
 
 
赤いバラを贈ることで
 
あなたも、そして、
 
赤いバラを受け取った人も幸せになる🌹
 
 
 
この素晴らしいエネルギーをもつ赤いバラを
 
大切な人へ贈ってみてくださいね🌹
 
 
 
 
 
今日もご覧いただきありがとうございました。
感謝🌹