フジ子・ハイドンカルテット

テーマ:
愛媛県 松山市 にある
 のBlogです✩°。⋆⸜(*˙꒳˙* )⸝
~RIBECA音楽教室~
★・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
衣山教室
松山市衣山3-1-44-6
★・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
久万ノ台教室
松山市久万ノ台981 
ヒルズアルタイル
★・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
☎[繁忙期の為電話出れません]
💻http://ribeca.info
★・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚



たくさんのお母さんたちに
フジ子・ヘミングの感想を
聞かれているので
リベカ目線レビューを。

あくまでも私目線ですので 
参考程度に✩°。⋆

1階15列S席⸜(*ˊᗜˋ*)⸝
やや右目だけど好位置

後ろに居たご夫婦が始まる前から
やれ、最近のフジ子はミスがひどいだ
テンポがのろまだ
なんかうるさい(なんで来たんやWww)
いかがなものかしらねε٩(。•ˇ₃ˇ•。)۶з

演目順に

まずは、ハイドンカルテットの
ハイドン 弦楽4重奏 皇帝
第一楽章カチカチで
だいぶ気になる箇所があるも
第二楽章以降立て直し✩°。
けど2楽章が好きスキな私としては
浸れたので良し♡(´。•ㅅ•。`)
弦は癒される~


続いてフジ子・ヘミング登場


最初は 
ドビュッシーの月の光
ペダリングミスが気になり(後述する)
テンポが私の思う月の光より前倒し気味。
少し違和感を感じつつも
独特な世界観*°斬新でした!!
音色が想像以上に優しい(⌯ᵒ̴̶̷̥᷄ ᐜ ᵒ̴̶̷̥̥᷅ )
私の解釈とは違うんだけど
優しい・暖かい月の光
そして雫のような1音1音の打鍵
彼女の描く月の光の情景が
しっかり伝わりました。
人間性なんやろなぁ・・・


続いて 
ショパン エチュード別れの曲  
これは、ショパンではないww
断言する、ショパンが
「それは、ちゃうやんちゃうやん」
って言ってそう。
が、フジ子・ヘミングの曲として
聞いてみると
これまた有りになる((( *´꒳`* )))
中盤の解釈はビックリしたけどw
より一層ドラマティックでした。


続いて 
ショパン エチュード革命
これは、本当に申し訳ないのだけど
ハテナがいっぱい湧いて
ハテナ祭り|д゚)
同じように感じた人多いのでは?
革命は、ショパンがリストに献呈した曲
ベトソナの影響を受けている曲で有名⸜(*ˊᗜˋ*)⸝
いろんな背景が唱えられていて
題名はショパンがつけたのではなく
後付されたものだけど
この頃は独立運動やらなんやらで
世界は革命だらけ。
ショパンの激しい怒りが表されている。
永遠と書けそうなので省くけど
なんにせよ・・・
絶望を嘆いている革命
が表現されてほしい˚‧º·(。>⌓<。)‧º·˚
こっからは自分なりの解釈やけど
左手の16分音符アルペジオ
もう少し考えてほしかった!
右手和音は更に歌うべきやし
アクセントもガンガンつけるべき。
右手オルゴールかいとまで思った。
が、途中まで聴いて
我は( ̄□||||!ハッ!!Σ(゜Д゜;#)
としたのであるw
フジ子・ヘミングの革命は
怒りではなく
悲しみを表現したかったのね、と。
フジ子・ヘミングを聴く時は
先入観は捨てねばです|д゚)


続いて
ショパン ノクターン9-1
これは、素直に名演。
心地良いし、やりたい音楽も
ちゃんと伝わりました。
美しい!ブラボー。

続いては
ショパン 英雄ポロネーズ
なんか、フジ子・ヘミングの性格が
この一曲に詰まってた気がするw
物語もさることながら
音色の使い分けは最強。
ミスタッチとかね~
もちろん本当に多いんやけど
この人に限ってはどうでもいいね•*¨*•.¸¸♪

フジ子・ヘミングの良さが
なんとなーく掴めつつ
おもろいなぁ~けど
やっぱショパンちゃうな~と・・・

ここで前半終了やったんやけど
コンサートマナー的なとこで
本当に我慢できんかったので・・・

楽章の間ごとの拍手・・・
なにあれ??ふざけてる?
終楽章終わってからが基本やで!
やし、ハイドンカルテットのみなさん
苦笑いしてたのに気づかん?w
クラシックのコンサートのマナー
知らんなら調べてからおいでよ~
本当に失礼やし、恥ずかしい。

あと

曲の終わり、最後の休符、空気感まで
音楽やねん(。 ー`ωー´)
余韻が消えるまで拍手するのは
本当に辞めてほしい・・・
私がレッスンする時、詰めれる子は
曲終わりの余韻
見えない空気感
そこだけでもすごい時間とる。
最後の打鍵が終わったら終わりじゃない。

なんか、お客さんのマナーが
ここまで悪いと演者が可哀想やし
やっぱり日本やな、なんなら田舎やなと|д゚)

知らんとかじゃなくて
結婚式に招待客は白のドレス来たらいかんとか
祝儀は新札でとか
それくらいのレベルや_| ̄|Σ・∴'、-
もうガッカリ・・・ です。

そして始まった後半

ショパン ピアノコンチェルト
第1 
めちゃくちゃ好きな曲*°
本当に好き⬅しつこいw
とりあえずさ、これ途中で事故起きてたの
気づいてた人いるかな?
トップのバイオリンの対応力は素晴らしかった
それにハイドンカルテット全体も
皇帝の時よりめちゃくちゃ良かった。
一曲で40分以上演奏し続けられると
飽きるもんやけど
好きな曲って、ずっと聴けるハート


そしてお待ちかね
リストの愛の夢
に入る前にフジ子から一言。
最近体調が悪く、腰も足も・・・
歩くのがやっとです・・・
今日は失敗もたくさんしてしまいました・・・

ドビュッシーのペダリング
革命のペダリング
気になってたから納得。。。
やっぱりプロだわ(╥╯θ╰╥)
てかちゃんと失敗って言えるあたり
またこの人の人間性が垣間見えた気がします

そして愛の夢を弾き始めたのだけど

ここで
号泣(╥╯θ╰╥)
この人は、リストを弾くために
うまれてきたのではないかな・・・
上手い下手とかやないんよ
隣にいた男子高校生もワンワン泣くw
天国に連れていかれそうな
そんな洗礼された音楽に
心が震えた。

今まで音楽を聴いて
鳥肌が立ったり深いなぁってしみじみしたり
ってのはあったけど
涙が溢れ出たのは初めてかな?

フジ子・ヘミングの人気の秘密が
ハッキリわかったし
リスト聴いた瞬間から
大好きになったwww
ショパンまでは正直まあ、うん、
面白いなぁとか、そっちだったので。


ラストはラカンパネラ
ちょっとこれはミスの次元がw
気が散って、愛の夢からクールダウンしたけど
この人はリストの人やなぁって
再確認。

あの愛の夢は
私の人生において
最も忘れられない名演。
目にも耳にも焼き付いて離れない。

と同時に
自分の音楽は
まだまだ未熟であると感じました。

がんばりまする