使い勝手が良かったAmebaなのですが、ピグがなくなり、お金儲け狙いやらTVで迷走したり・・・

更に、これが一番なのですが

 

ブログをやっているフレンドさんの人数が少ない

 

という事もあり、ここでの活動を一時休止する事にしました。

 

ちなみに、連絡事項などありましたらTwitterで「みみねこ@趣味多すぎ」の方までお願いします。

Facebookはクローズの環境でやってますがw

つぶやきがいちいちマニアックなのですが、それは、ま・・・

 

では、よい旅を(知ってる人にしかわからないネタ)

といっても、相方さんのですが・・・

長かったあせるあせるあせるあせる

 

休みが始まったのが4/18、そして5/10の今日が仕事始め。

約一ヶ月の長い休暇。

手伝いも多少はしてくれたけど、生活習慣(相方さんは起きたらTVつける人)が全く違うので、ツカレタヨ・・・

期待していた相方さんの部屋の掃除や片付けはやってもらえずでしたえーん

 

がっかり・・・

 

うん、ちょっと期待したんだけど。

 

がっかりえーん

 

 

 

前回後鼻漏について書きましたが、あれは病名じゃなくて症状の名前だったよう。気が付きませんでショボーン

 

アレルギー性鼻炎、蓄膿症、その他結構な病気(?)で出る症状なので、

「鼻水が喉に流れている」場合、「その原因で咳が出たりする」場合、紹介した

 

なたまめ茶

 

が有効のようなのでお試しあれ。

ちなみに私は鼻うがいとブレンド茶だけで結構症状が軽くなってます。

現在はブレンドのお茶も、通販で購入した「赤なたまめ100%茶」が今日届くので。。。しばらく様子見です。

国産・有機で30包入りで1000円程。

出してるメーカーさんが多いので、飲み比べと称して(味がメーカーごとに違うらしいー)お試し300円のものなども取り寄せしてます。

 

いじょ、途中経過報告でした。

最近風邪でもないのに咳き込んだり、変ないびきをかいたり、喉の奥がベタベタしたり・・・

まさかのコロナっガーン

とか言う訳でもなく、症状にぴったりの病気(?)発見。

 

後鼻漏

後鼻漏とは、簡単に言ってしまいますと、鼻水が後方の喉(のど)側に流れて喉を通過する状態のことです。

人間は、鼻・口・喉で唾液や鼻水など多くの分泌液を分泌していて、多くが喉を通過していきます。ですから、鼻で分泌された液体が喉を通過して無意識的に飲み込んでいても、それは健康であれば通常の生理現象ですので問題になることはありません。

しかしながら、何らかの理由により、喉を流れる鼻水の量が増えたり、粘液性鼻漏・膿性鼻漏が喉を流れることがあります。すると、様々な症状が現れることがあり、後鼻漏によって現れる症状を総称して後鼻漏症候群と呼びます。(hapilaより抜粋)

 

要するに一日に1リットル程作られる鼻水が普通ならサラサラで自覚ない→粘り気のある鼻水喉に落ちてくるため、体の不調の原因になる。というものです。

原因は様々ですが、自律神経や気温の差、ストレス、花粉症など実は自覚症状のない患者が多い模様。

 

症状としては

●喉の不快感

●咳が出る(横になると更に悪化)

●不眠

●いびき

●炎症

その他様々なものがあります。

 

一時的にだったら、鼻うがいやスチーム、薬(漢方含む)などの処置が良いようですが、医師にかかった場合は抗生物質を処方される事が多いそうです。しかもその場合は完治しないとか。

ただ、経験者の方が大抵すすめているのが

『なたまめ茶』

以下説明です。

なた豆に含まれる有効成分の一つに、カナバニンがあります。
カナバニンには優れた排膿作用抗炎症作用血液や体液の浄化作用血行促進作用があることが解明されています。
なた豆のカナバニンは、このような諸悪の根源の膿生産にストップをかけてくれるうえに、排除までしてくれます。

なた豆から発見されたコンカナバリンAという成分の免疫改善作用です。
花粉症はアレルギー疾患の一種で、免疫の誤作動によって発症します。
なた豆は、この免疫の誤作動を正しくする働きがあると考えられます

※「刀豆ナタマメ協会」から抜粋

 

花粉症始め、アレルギー性の鼻炎などに効果があるとの事。

とりあえず、これを試してみようと思ってます。

 

ここの所安定しまくっている水槽ですが、調子に乗って少量の二酸化炭素を添加してみました。

 

 

気泡がいっぱいー。