陣痛は痛くない!お産は氣持ちいい!産波(うぶなみ)〜5児ママが伝える氣持ちいいお産と子育て

陣痛は痛くない!お産は氣持ちいい!産波(うぶなみ)〜5児ママが伝える氣持ちいいお産と子育て

陣痛は痛くない!
本当は出産は気持ちいい!

不安なお産から氣持ちいいお産へ。
産波(うぶなみ)で天然無痛分娩、
クスリに頼らず痛みのない
氣持ちいいお産をしましょう。

【陣痛と陣痛の間は至福】

 

私がこの世で一番嫌いな言葉ですが

こう書かないとまだ今の世の中では

伝わらないこともあるので

あえて今回は使いました。

 

お産が痛いと思っている場合

 

ズーーーっと痛いと思っているようです。

 

私が初めて

お産は痛くなくすることができるはず!

と気づいたのは

 

まだ陣痛というものがあると思っていた時です。

 

みんな痛いのに耐えて産む

それが当たり前と思いながら

長女を出産した時のこと。

 

お腹の張りが強くなり、弱くなり。。。

 

で、その陣痛と呼ばれている

お腹の張り

 

ピークとピークの間に

全く張り、痛みを感じない

間欠期とも呼べるスペースがありました。

 

しかも、その「スペース」の時って

ふんわり温かい時間に包まれます。

 

スーッと眠りに入る、というか、

ふわーっと身体が宙に浮くような

そんな心地よさ、氣持ち良さを感じるのです。

 

お産で初めて体験した感覚です。

今でも他のことでは体験したことがありません。

 

こんな経験を思い出し、

後にこのお腹の張りを痛みと解釈しなければ、

氣持ちよさだけが残る、

痛くない出産ができるはずだ!と氣付いてしまいました。

 

それがきっかけで

もう陣痛なんて言葉を使うのはやめようと思ったのです。

 

そうして誕生した言葉こそ

 

産波(うぶなみ)

 

でした。

 

そうしてこの後、

痛くないお産から氣持ちいいお産へと

氣付いていったのでした。

 

【母乳育児のためにしていたこと②食事編】

 

母乳育児をスムーズにするために

していたこと

 

前回は最初に

水分補給についていくつか注意することとともに

書きましたが、

 

もう少し掘り下げて、

 

母乳育児中の飲み物、食べ物について

氣をつけていたことやお勧めの食事をお伝えします。

 

 

「これは絶対に食べて欲しくないもの」

 

って言ったら言い過ぎ?

 

いや、そのくらいの氣持ちでいないと

ついつい食べ過ぎます。

 

なのでキツめに行きます💦

 

⭐︎冷たいもの

いうまでもなく身体を冷やします

冷えはトラブルのもと

 

⭐︎甘いもの

経験上、

糖分の高いものはおっぱいが詰まりやすいです。

しかも出てくるおっぱいは不味いです。

 

⭐︎乳製品

脂肪が多い

リン酸カルシウムの負担

そもそも、牛乳は牛のお乳であって

牛の赤ちゃんが飲むもの。

人間には不要。

 

大好きな人はあくまで嗜好品として

毎日食べるものではないです。

 

 

ちなみに、冷たい、甘い、乳製品

3点揃った食べ物があります。

 

アイスクリームです。

 

授乳中のみならず、

妊活中、妊娠中にも勧めません。

 

 

「できるだけ氣をつけたいもの」

 

⭐︎添加物

カタカナで書かれているものは

クスリのような極度に加工されたものだと言えます。

自然と大きくかけ離れているものはお勧めできません。

 

特に有名なものには

ソルビン酸K(保存料)

リン酸塩(乳化、品質保持等)

 

添加物と同じく、

 

⭐︎人工調味料

 

化学調味料(アミノ酸)はグルタミン酸ナトリウム

たんぱく加水分解物

酵母エキス、チキンエキス等、

 

⭐︎人工甘味料

アセスルファムカリウム(アセスルファムK)

スクラロース

アスパルテーム

サッカリン 等

 

カロリー0ですが甘味が強いです。

依存性に氣をつけなければならないと見ています。

 

それは分かったけれど、

 

あれもダメこれもダメって

じゃあ何を食べたらいいのよ!

 

はい、

 

「お勧めしたい食事」です。

 

⭐︎主食はご飯・味噌汁

参考にしたのは幕内秀夫さんが勧める粗食です。

 

⭐︎和食中心の献立

一汁二菜

揚げ物より煮物中心で。

 

生野菜もいいけど温野菜も食べたいです。

 

これからの季節なら鍋料理がいいですね。

水分も取れます。

 

根菜は特にお勧めです。 

大根、人参、牛蒡、蓮根

 

 

⭐︎果物を食べるなら食前に

甘いものなら果物の方がいいですが、

冷たい果物は身体を冷やすという意見があります。

ちょっと氣をつけたほうがいいですね。

 

冷蔵庫保存していたものは

しばらく常温に置いてからがお勧めです。

 

また、酵素栄養を中心に考えた食生活をしている人は

食事の最初に果物を食べています。

 

果物そのものに消化酵素が含まれているので

まず果物を食べて消化をスムーズにするそうです。

ご参考までに。

 

どんな食事でも

水分はしっかり取りましょう。