日響娃の『心星(しんぼし)』キラリ

日響娃の『心星(しんぼし)』キラリ

古代より夜空で輝く星々は、北極星を中心に回っているように見えます。
中心の星・・・だから、心星(しんぼし)
あなたの中にもたくさんの星が輝いていることでしょう。
悩んだり、迷ったりしたときも、心星は輝いています。
あなたの心星は何ですか?

自分の人生の中で、喜びを感じ、痛みを感じ、そのことをしっかりと受け入れる。

感情ではなく、その出来事を受け入れるのである。

自分自身がしっかりと受け入れていれば、他人に対する批判や依存は生まれてこないだろう。

まずは自分自身がしっかりすること。

他人のことをとやかく言う前に、自分がしっかりしていけば、他人の行為など批判する気もなくなるだろう。

今日は自分自身としっかり向き合い、「いま」という瞬間を味わっていこう。

(撮影場所:東京都 皇居)

心と身体は表裏一体。

心が疲れた時、身体も同じように反応する。

身体に不備があれば、少しゆっくりするという信号。

季節の変わり目。

夏と同じように食し、同じような日常生活をしていると、心だけでなく身体にも不調が現われるだろう。

身体が疲れると心も病む。

秋に向け、少し対策をしていくがいい。

足首、手首、腰、首、冷やさないように気を付けることである。

少しの気遣いで、身体の免疫力が復活する。

心まで病むことのないよう早めに対策をすることが肝要である。

人は色んな経験を積んで成長していく。

嬉しかったこと、悲しかったこと、あなたの中にある思い出の中で、その時悩み、考えたことが大切だとわかる時が来るだろう。

日々を過ごしていると、感情だけで終わってしまうが、振り返ることで学びを認識する。

どんな出来事にも意味はある。

あなたがどのように生きていきたいかを明確にしていけばよい。

出来事の意味にとらわれ過ぎず、未来を見失わないようにしよう。

今のあなたが充実していれば、その延長が未来のあなたとなっていく。

(山梨県富士吉田市 北口本宮冨士浅間神社)

1人ひとりの個性は、良い影響を与えるか、そうでないかは、その周囲の環境による。

もちろん、自分自身がどのように発信していくかによっても、その影響は変わっていく。

自分がどう生きたいかを考え、素直に表現していこう。

言い訳ではなく、そして感情的にならず、素直に表現していくのである。

それぞれの人の個性はとても頼もしい。

どう活かしていくかは、自分次第であり、周囲の人たち次第でもある。

お互いの個性を活かすカギは、お互いが握っている。

(撮影場所:長野県上田市 別所温泉)

エネルギーはすべて循環していく。

あなたが発した言葉もエネルギーとなって、巡り巡ってあなたに戻ってくる。

どのように生きていきたいか。

しっかりと自分自身を見つめ直し、発言や行動をしていこう。

願うだけでは何も始まらない。

自分の外に出した瞬間から、そのエネルギーは広がっていく。

(撮影場所:長野県上田市 別所温泉)