潰瘍性大腸炎 & クローン病&過敏性腸症候群の改善・完治・根治

潰瘍性大腸炎 & クローン病&過敏性腸症候群の改善・完治・根治

薬以外で病を治す代替療法。食事療法、エネルギー療法(レイキ・医療気功)、催眠療法、プラセボ効果、ホメオパシー、漢方、瞑想、温熱療法など。

病気の原因と治療 9)カンジダ菌対策にヨーグルトと野菜の抱き合わせ

 ヨーグルト

野菜類とヨーグルトを一緒に摂ると、カンジダ菌を減らすのに相乗効果があるという研究結果があります。生野菜が多く並んだ食事後には、ヨーグルトをデザートで食べると良いのか?

 

注意点は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類。特定の乳酸菌でないと、カンジダ菌を減らす効果がまったくないこと。

研究機関で使われる乳酸菌は、培養するのが難しく非常に高価。このため、ヨーグルトやサプリメントとしては、販売されていない。

インターネットや本でこの種類が良いと紹介されている乳酸菌がいくつもあります。でも、詳しく調べると、ひとつひとつの乳酸菌は、さらに10種類以上の子株があり、その子株にはさらにいくつもの子株がある。カンジダ菌に効果があるのは、子株の子株で、これもまたなかなか市販されていない。

もしも、特定の子株の子株が欲しかったら、自分で調べるしかなく、入手が困難という問題点があります。

 

とはいえ、個人差があり、もしかすると、市販されているヨーグルトやサプリメントとの相性が良いこともある。

よって、ヨーグルトを試してみたい人は、いろいろな種類を試し、これはと思うのを探しあてることが最初の課題となる。

 

幸い、日本では、さまざまなタイプのヨーグルトが販売されています。新製品も出るし。ぜひご自分に合ったヨーグルトを発見されたし!

 

サプリメントについては、たくさんありすぎて、その人に合っているものがあるのかさえわからないのが実情です。わたしも、有名メーカーのサプリメントを2種類試しましたが、ひとつは効果がなく、ひとつは、ゆるくなってしまいました。みっつめ後は、体力は回復しましたが、止めた後も体重が激減し、どうしたものかと悩んでいます。

乳酸菌のサプリメントは、菌の数が多いと、パワフルと感じてしまいます。ですが、数が多いのは、培養が簡単な安物で効果がない菌を加えているからとの、医療ジャーナリストのコメントあり。彼女は、重度のクローン病患者でしたが、現在は、西洋薬は使わずなんとか寛解し続けています。

 

サプリメントの会社は、販売する時に、どの病気に効果があるのかのリストは羅列している。でも、本当に本当なのか? そうだったら、この世から病気は消えている。きちんとヒトで試した治験データを公開してほしい。

 

 回腸囊肛門吻合術後の潰瘍性大腸炎患者の、再燃予防に効果があった菌

4週間に渡る研究で効果があった菌

例:

Lactobacillus acidophiliusLa-5) ラクトバチリス アシドフィリアス (La-5

Bifidobacterium lactisBb-12ビフィドバクテリアム ラクティス (Bb-12

 

 

参考サイト:

潰瘍性大腸炎大腸粘膜におけるラクトフェリンの分布に関する検討 1986年

Distribution of lactoferrin in the colonic mucosa in ulcerative colitis

漢方薬や食事療法、エネルギー療法は、潰瘍性大腸炎やガンを完治させるのか?

2015年10月のブログの再投稿です。

-----

 

カリスマ スティーブの若き人熟年時代のフォト


アップルコンピューターの創始者、故スティーブ・ジョブズについての記事と本を読みました。



ジョブズがまだ元気だった1998年ごろ、胆のうに胆石があると診断されました。胆石はそのままにされたことから、2003年にCTスキャンによる再検査を受けます。その結果、胆のうはOKだったのですが、すい臓に影があると言われました。

すい臓に影がある。ということは、腫瘍です。膵臓の腫瘍は発見が難しい。さらに、ほかの部位に転移しガンを引き起こしやすいことから、命にかかわる確率が、ガンの中でも最も高い部位とされています。

医者に、「あと数か月しか生きられない」と言われたジョブズと妻は、思いもがけない診断にショックを受けます。

生検がすぐに行われました。胆のうの一部を切り取って調べたところ、悪性の腫瘍でしたが進行性が遅く、手術をすれば、助かる確率が高いとわかりました。

医師は、ただちに手術を受けるように説明し、家族も、彼がすぐに手術を受けると思っていました。ですが、ジョブズは、手術ではなく、漢方や食事療法で治すと決めてしまいます。

彼は、若い時からずっと厳格な菜食主義でしたが、さらに厳しい食事療法にのぞみます。

再検査を受けることも拒否してしまったため、良くなっているのかそうでないのかわからない状態に。本人もつらかったでしょうが、何もできなかった妻や中学生の息子は、もっと苦しかったに違いありません。

そして、9か月後。
ジョブズの奥さんが、彼に、電話をかけてきます。中学生になる息子が、医師になると決めた。お願いだから、再検査を受けてほしい、どうか受けてほしいと懇願します。

自分のために、息子が医師になると決めた、そのことに心を動かされたジョブズは、再検査を受けます。

腫瘍は大きくなっていて、ほかの内臓にまで移転していました。ジョブズは、すぐにすい臓摘出の手術を受けます。

なぜ、彼は、最初に診断された時点で手術を受けなかったのか。

ジョブズは、若いとき、ヒッピーで、はだしと髪の毛ぼうぼうのあさましい姿で過ごしていました。インドを旅行したり、日本人の禅の先生について修行も行っていました。そして、徹底した菜食主義で、動物が関係するからと、菜食主義のインド人でさえ使う牛乳や卵、はちみつも摂りませんでした。

「そのこともあったのか、自分の身体にメスが入り、切られるのを嫌がった」
ジョブズにインタビューをし、その人生史を本にして書いた著者が、そう語っています。

ジョブズは、不可能なことを可能にするという他の人には真似のできないような方法で、アップルコンピューターや、iPodを世に生みだし普及させてきました。そんな信念が、悪性の腫瘍も、消し去ることができると思わせたと、説明する人たちもいます。

また、ある医師は、こう言っています。
「人は、身体の具合が良くないという理由で検査を受け、その結果、腫瘍が発見されれば、やっぱりそうかだったのかと、積極的に医療を受けいれる傾向がある。逆に、たまたま、病気が発見されると、『何も症状がなかったのだし、気が付かなければ、そのまま過ごすことができたはず』と、手術を嫌がる傾向がある。」

ジョブズは、すい臓摘出の手術をしましたが、ガンはすでに転移していたのか、周りに広がっていて、5年後には、かん臓移植の手術を受けなければならなくなってしまいます。

首ずつを受けた後は、周りが驚くほどに回復。2年後。お忍びで起き入りの京都へ家族旅行します。

ですが、そのあと、病気は悪化。公の場へは、自分で歩くことができなくなっていたことから、車いすで現われます。

ジョブズは、自分の経験から、
「がんがみつかったら、すぐに手術をしなければいけない、そうしてほしい」というメッセージを人々に伝えるため、自伝を亡くなる前から準備し始めます。

日本へ行った翌年。ジョブズの病態は急変し、56歳のときに、妻と10代の子ども3人を残して亡くなります。

彼が出版を望んでいた本は、そのあとに完成し、彼のメッセージは、世界中に発表されます。

-----

ジョブズが、膵臓のがんが見つかったとき、すぐに手術を受けず、代替医療だけで治療しようとしたことに対し、たくさんの批判的な意見がありました。手術を受けていれば、もっと長生きできた、という意見です。

一方、こんな意見も、医師や代替医療者の間から出ています。

・発見されるかなり前から、腫瘍はすでにあったのかもしれない。けれど、厳格な菜食主義だったことから、ほとんど進行していなかった。

・手術をしたとしても、すい臓のがんは転移する可能性が非常に高く、余命に変化があったしても、数年だった。

・医師は、「手術をしなければ、命はありません」とは言えても、「手術をすれば、命は助かります」とは言えない。

・悪腫瘍が発見されたとしても、その大きさから、すぐに手術をしたほうが良いのか、しばらく様子を見たほうが良いのか、判断しかねる場合がある。

・手術後は、西洋医学を取り入れながら、厳しい食事療法も続けていた。さらに、体力づくりのための運動もしていた。それが功を発し、最初の診断から8年間も生き続けることができた。

・がん治療では、がんをやっつける放射線医療をするのが一般的。だが、ジョブズは、放射線治療は受けなかった。(受けられない理由があったのかもしれません)。このため、放射線治療による身体へのひどい副作用は、起きることなくすんだ。そして、放射線治療をせずとも、8年間も生きることができた。

さらに、こんな意見もあります。

膵臓にがんがあるとわかった5年後、がんは、今度は、肝臓に大きく広がってしまいます。このため、肝臓の移植手術を受けなければ、命が助からないところまできていました。

一般に、肝臓の移植手術を受ければ、からだは健康を回復し、それまでと同じ生活が送られると思いがちです。ですが、実際はそうではない。

肝臓を全部を摘出し、他人の肝臓を移植する場合、他人の肝臓を身体が受け入れるよう、特別な薬を飲み続けなければなりません。この薬は、免疫を弱めてしまう働きがあり、身体がどんどん弱くなり、病気になりやすくなります。

ある専門医は、こう言っています。
「肝臓の移植手術の後は、肉体面でも精神面でも、大きな影響がある。それにもかかわらず、仕事をこなしていたのは、尋常ならざらぬこと。」

ジョブズが、肝臓移植の後も、CEOを続けたり、技術開発に貢献したり、日本に家族旅行に来られたのは、ジョブズの生まれ持った強い心だったのか、食事療法のおかげだったのか、特別の身体だったのか・・・。

移植した肝臓は、交通事故で亡くなった青年のものでした。その青年のおかげで、命がたすかった。そんな思いもあったのでしょうか、手術の後、周りの人たちは、それまでめったに笑顔を見せなかったジョブズが、良く笑うようになったと言っています。

-----



代替医療側の専門家らは、こんな風に考えています。

「最初にすい臓に影が発見された後、すぐに手術をしたとする。うまくいけば、手術した医師らは、称えられるだろう。命が助からなかった場合は、手術についての批判はなく、医師らがベストを尽くしたことに対する称賛の嵐が起きただろう。

一方、ジョブズが、食事療法やそのほかの代替医療だけで病気を克服したとしても、代替医療で悪腫瘍がなくなるわけがない、ただの偶然だと、一笑されたに違いない。」

アメリカでは、西洋医療と代替医療の溝は、非常に深いと言われています。

西洋医療側は、西洋医療こそが医療!と主張しています。が。実際のところ、現在のアメリカでは、病気がある人たちの4割近くが、代替医療を受けるようになっています。

理由は、医療費がどんどん高くなっていることから、財政を圧迫しているという危機感が強く、政府が、安くて済む代替医療を勧めるようになってきたことにあります。このため、それまで代替医療はカバーしなかった医療保険が、代替医療の支払いをカバーするようになってきているのです。

カナダでも、鍼灸や漢方、医療気功など、医療保険会社によっては、カバーされます。

人々がそれまで無関心だった代替医療を受けるようになってきたのは、こころのケアまで踏み込んでいることがあげられます。漢方や鍼灸、マッサージは、かなり細かく症状を聞いて来たり、毎回、症状の変化をきちんとチェックし、人と人のぬくもりの中で、施術が行われます。

一方、西洋医療では、病気で不安になっているのに、医師が、コンピューター画面を見ながら、質問して、患者の答えを、またコンピューター画面を見ながら打ち込む。なかには、患者の顔さえろくに見てくれない。言いたいことがあっても伝えられなかったり、質問したくても、できる雰囲気がない。と、患者の不満が、垣間見えます。

手術などで部分的なところを集中的に、短期的に治療したり、結核やペストなど、細菌というはっきりとした病気の原因がわかっていて、それに対処する薬がある場合は、西洋医学が優れている。
体とこころを全体を見て長期にわたるケアを行ったり、漢方や気功など日常的に免疫システムをため借ることは、東洋医学がまさっている。

ふたつが統合され、治療が行われることは、患者にとって、大きなメリットになるはずです。

大腸炎も、西洋医学の優れた検査で、症状について詳しく知る。鍼灸、漢方、気功、食事療法、サプリメント、腸内細菌療法を組み合わせ、身体の自然治癒力をあげる。その変化の有無に応じて、薬を使ったり、うまく効果が出ない場合は、西洋医療の得意とする手術を考える。

潰瘍性大腸炎なら、診断がおりた後、専門のカウンセラーが、1時間半ぐらいかけて、きちんと症状や、治療の選択について説明する。治療中は、東洋医学の医師、西洋医学の医師、そして、カウンセラーがチームになって、治療計画を検討していく。治療が始まった後も、質問があれば、医師だけでなく、そのカウンセラーにも相談ができる。

こうすることで、患者へ症状の改善は、現状に比べ、かなり違ってくると思います。また、金額的にも、使わなくても済む薬があったり、しなくてもよい手術を避けることができるかもしれません。結果、不要になったお金を、研究費に投入したり、手術をする人の数が減ることで、手術待ちの時間がぐっと短縮される。

もしも、ひとつの病院で、統合医療が成功すれば、だんだんと広がっていくかもしれない。そう期待しています。

----------

2017年1月

このブログを読み返してみました。

ジョブズのタフな体とこころからすると、最初に診断されたすい臓のがんは、かなり以前から発症していたような気がしてなりません。ですが、若い時から徹底した菜食主義だったことから、がんの進行はとてもゆっくりだった。菜食主義でなかったら、もっと早くに他界していたかもしれない。

肝臓の移植手術を受けたときも、普通の人なら、手術後は仕事を続けたり、海外旅行などできない体調のはずなのに、彼はできた。やはり彼の厳しい食事への執念と関係していたのではないか。

彼は、仕事への思いが人の何倍も強かった。自分への言い聞かせや瞑想をたくさんしてきた人ですが、これも代替療法のひとつです。
「自分は健康だ」と強く言い聞かせ続ける。健康であることを信じ続ける。

西洋療法と代替療法は、良いところを取りながら、併用すべきだ。そう思います。

参考サイト:

ジョブズの追悼式での妹の追悼演説
Denise Grady 2011
ニューヨークタイムズ 隠れた場所の腫瘍は、わかりづらい

Livescience  代替医療がジョブズから命を奪ったのか?

エンタイビオ®の体験談を英語サイトwebmedから紹介します。
効果、使いやすさ、満足度の点数は、最低1点から最高5点です。
名前、年齢層、性別、病名、使用期間

★ 2017年3月
Jerryf1416, 55歳から65歳以下 2年から5年の使用
効果5、使いやすさ5、満足度5
クローン病のため、奇跡と言われたありとあらゆる薬を使ってきました。サリドマイドやシクロスポリン®の点滴注や薬さえも使ってみました。でも、どれも役に立ちませんでした。が、エンタイビオ®は違った。
8週間おきのはずですが、4週間おきの点滴注。でも、効果がでました! 
この10年間の間に、2回切除、2回癒着のための手術を行いました。
そして、ついに寛解達成です。やっとたどりつけた。
17人がいいね!をしています。

★ 2017年1月
sstones3 45歳から54歳 女性 クローン病 2年未満
効果5、使いやすさ5、満足度5
救われています。

★ 2016年6月
ロスヴェル 35-44歳 女性 クローン病 6か月以内
効果2、使いやすさ5、満足度1
3回、点滴注を受けてきましたが、楽になっていません。でも、4度目を受けたら良くなるだろうと言われています。
とても疲れやすく、骨が痛い。点滴中の日は、吐き気がします。最初の点滴中のあと、8キロも体重が減ってしまい、そのあとも、ずっと減り続けています。食欲も以前と比べるとありません。
出血しているように見えたのですが、そうでないことを祈っています。

バンクーバーでも、コロナウイルスで、状況がずいぶん変わってしまいました。

感染者は増えていますが、ほとんどが老人ホーム関係です。

 

会社、学校はすべて休み。もう2週間近くになります。

レストランは閉店。コーヒーショップなど、一部が、窓口販売で営業しています。

イベントもすべてキャンセル。

老人ホームの訪問は、すべて中止。

 

仕事ができない人が多く、失業する人がでてきています。

 

でも、病院は開いています。薬局も営業時間短縮ですが、開いています。

銀行は、一部の銀行が閉店していますが、大きめのところはオープン。

スーパーは、営業時間がやや短くなりましたが、開いています。食料品は、一部を除いて、豊富にあります。

公共交通機関である電車とバスは、通常運転。

 

私の勤めるスーパーでは、

 

10日ほど前、1週間ぐらい、備蓄をするお客さんで、混雑しましたが、今は、落ち着いています。どんなに大変な状況でも、食べ物があるというのは、安心感を与えてくれると、今回、しみじみ思いました。

 

自分が感染するのではと、不安な人が多く、それが他の不安な人のこころをゆさぶっている。

 

そんなことがあり、店内では、常に笑顔でお客さんや同僚と接するように心がけています。

笑顔。大切です。どんなことがあっても、動揺しないよう、ただいま、トレーニング中です!!

 

 

 

 ココナッツオイル

ハーブは、口の中のカンジダ菌を減らしますが、大腸に達するころには効果は、残念ながら消失するとされています。根拠は、ヒトではありませんが、マウスによる実験。

マウスにココナッツオイルを飲ませると、便中のカンジダ菌量が減少しました。

別の研究では、ココナッツオイルが、消化管内のリパーゼで分解されると、中鎖脂肪酸(デカン酸など)ができ、それがカンジダ菌の消化管内の増殖を抑制することがわかりました。

 

【コメント】

ココナッツオイルは、加熱しても成分が壊れない油です。常温では個体で、気温が上がると液体になる。ほんの少しですが甘みがあり、人によって好き嫌いがあるかも。やや高価ですが、少量を毎日使えば良し。

現在、なんの事情か不明ですが、バンクーバーのスーパーマーケットからココナッツオイルは消えています。

 

*****

 

以下の食品は、からだのどの部位でカンジダ菌を減らすことができるのか不明です。

 

 植物油に含まれるかプリン酸やラウリン酸

大豆油、植物油に含まれる中鎖脂肪酸と言われるカプリン酸やラウリン酸が、カンジダ菌を減らすのに有効と言われています。含まれているのは微量。どのぐらいの量を取ればよいのかは、不明です。

 

 キノコ(担子菌)

キノコ成分は、カンジダ菌が粘膜に付着するのを阻止するIgA抗体の産生を増強する。

【コメント】

きのこは、もともと、伝統的な健康食品のひとつ。しいたけ、しめじ、えのきなど、日替わりで、毎日、少量、食べる。

 

 母乳

からだの免疫システムのひとつに、抗菌ペプチドがあります。大腸の粘膜層で、悪い菌をやっつける。ラクトフェリンという物質も、抗菌作用があります。どちらも、母乳に含まれます。

母乳が炎症に効くかを試した研究はあるのか調査中。授乳中の方がいらしたら、赤ちゃんからおすそ分けしてもらって、ちょっと試してみてくださいませ。量は不明です。かなり甘いので、そのまま飲むのは無理かも。

フラジール®(メトロニダゾール)を使っている方がいらしたら、母乳をぜひお試しを。抗菌ペプチドと併用すると良いとの未確認情報があります。

2016年に慶応義塾大学病院を中心に、全国規模で青黛の治験が行われました。治験中、次のことが実施されました。

 

・ 患者らは、どのように薬を飲んだらよいのかの説明を受ける。
・ 医療施設には、2、4、8週間ごとに再来院し、検査を受けたり、状況を報告したり、次回の再来院までに飲み終える薬を受け取る。
・ 患者は、安全面を重視のため、医療関係者から念入りな観察を受ける。
・ すべてのデータは、封印され、中央医療センターへ送られ、2017年3月まで開封されることはない。

治験は、2016年3月30日に開始されました。それぞれの患者は、8週間に渡り治験を行うことになっていました。開始日は、患者ごとに異なりました。これは、患者のそのときの体調やその他の理由によりました。
年末には、79人の患者が治験を終了させていました。7人は、まだ途中で、薬を飲み続けていました。何人かの患者が12月27日に、治験開始前の最終検査を受け、薬を受け取ることになっていました。

 

◎ 突然の知らせ

2016年12月27日のことでした。厚生労働省から各医療協会に、青黛を自己購入した人たちが、長期間に渡り必要以上のかなりの量を摂り続けたことで、肺動脈性肺高血圧症になったとの注意勧告の手紙が送られてきました。
例として、ひとりの男性のケースが報告されていました。1日6gもの量を13か月に渡って使い続けていました。具合が悪くなり、病院に行ったところ、入院になっていました。診断は、肺がうまく機能しない病気で、治療が必要でした。


2017年1月13日、治験責任担当者らは、患者の安全を確保するため、治験を中止する決定を下しました。
最後の7人患者は、治験を終わらせることができませんでした。ですが、全員、すでに治験を開始していたこと、少なくとも薬は1回(4カプセル)は、飲んでいたことから、データに含むことができました。

 

参考サイト

青黛 注意勧告 自分で勝手に使ってはいけない10の理由

 

潰瘍性大腸炎を完治させた人たちの中に、カンジダ菌が炎症をおこしている原因の一つと特定し、カンジダ菌を減らすための治療をした人たちがいます。特定の理由は、カンジダ菌による症状が起きていたこと、さまざまなことを勉強した結果、カンジダ菌が炎症と関係していると判断したため。

 

カンジダ菌は、炎症の主原因ではなく、いくつもある副原因のひとつにすぎません。つまり、カンジダ菌が要因の人の場合、これを退治するだけでは完治はしない。だからといって、退治しなければ、完治しない。(言い切って良いのかは不明)。

 

カンジタ菌の症状がすでに明らかにある場合、重症化すると大変なので、まずは医者にかかり、診断を受けることが最優先です。

 

治療の後は、再び増殖させないように、無理な生活をしない、からだを清潔に保つことを心掛ける。

 

カンジタ菌対策に、果物やスパイス、ココアなどに含まれるポリフェノールに効果ありとの情報があります。

ですが、研究では、マウスを使っていて、人間では試していません。このため、どのぐらいの量を毎日、摂れば、どのぐらいの症状に効くのか、摂り過ぎたらどんな弊害が出るのかなどの研究データはありません。

 

 

カンジダ菌の症状はない。でも、歯周病があり、歯磨きなどで口の中のカンジダ菌を一掃できているか自信がない。今後、増えたら困る、という人向けに、ポリフェノールが多い食品を紹介します。

 

 

 ポリフェノールが多い食材

 

野菜

赤玉ねぎ (168 mg per 100g)

玉ねぎ ( 74mg per 100g)

ほうれん草 (119 mg per 100g)

ブロッコリ ( 45mg per 100g) 

アスパラガス ( 29mg per 100g)

もやし ( 15mg per 100g)

にんじん ( 14mg per 100g)

 

果物

プラム (377 mg per 100g)

いちご (235 mg per 100g) 必ず有機栽培無農薬を選ぶ。外国産は不可。

ラズベリー  (215 mg per 100g)

ブルーン = 乾燥ブラム (194 mg per 100g)

黒ブドウ  (169 mg per 100g)

りんご (136 mg per 100g)

( 59mg per 100g)

アプリコット あんず  ( 34mg per 100g)

( 17mg per 100g)

 

【コメント】

甘い果物ばかりです。甘味はカンジダ菌の餌。カンジダ菌を減らすための効果はあるのだろうか??

 

 

飲み物、スイーツ

ココアパウダー (3.448 mg per 100g)

ダークチョコレート 70%以上がココアか砂糖なしであること。  (1,664 mg per 100g) 苦い

 

穀物

全粒粉ライ麦パン (143 mg per 100g)

全粒粉固小麦粉フラワー  (201 mg per 100g) 

全粒粉大麦  ( 37mg per 100g)

穀物は、炭水化物が多い。これもカンジダ菌の餌。

 

豆類

大豆粉  (466 mg per 100g) 豆腐、味噌なども

大豆粉を炒った物 (246 mg per 100g) 黄な粉??

黒豆 ( 59mg per 100g)

白豆  ( 51mg per 100g)

豆腐  ( 42mg per 100g)

 

 

飲み物

フィルターを通したコーヒー  (214 mg per 100g)

赤ワイン (101 mg per 100g)

緑茶 (89 mg per 100g)

豆乳  ( 18mg per 100g)

白ワイン ( 10mg per 100g)

ローズワイン ( 10mg per 100g)

 

ワインは糖分が多い。カンジダ菌の餌。

 

〇他

( 12mg per 100g)

 

カレー粉 (285 mg per 100g) コリアンダー、クーミン、しょうが、シナモン、ターメリック、カーダモン、黒コショウの組み合わせ

【コメント】

カレー粉は、ターメリックなど、辛みがあり、それが炎症部分を刺激する可能性あり。

 

 

【コメント】

ポリフェノール入りの食材としては、野菜、豆類、緑茶、豆乳ならOKか?

コーヒーについては、別の記事で賛否両論を紹介します。

 

 

 

 

 

アサコール体験談:海外/ plastic anemia/効果あり/悪化

潰瘍性大腸炎とクローン病の治療に使われる5-ASA(メサラジン)のひとつアサコール®を使っている人たちの体験談を海外からご紹介します。目的は、完治への方法のヒントを得るためです。
評価は、1点から5点で、5点満点です。

★ 潰瘍性大腸炎 評価1
夫は、アサコール®を使い始めた後、*再生不良貧血になりました。潰瘍性大腸炎以外のことを除けば、健康です。
男性 68歳 3年間使用

*骨髄機能低下による貧血

★ 潰瘍性大腸炎 評価5
いろいろ試してみましたが、効きませんでした。アサコール®だけが寛解を維持させてくれます。25年間使用。
女性 39歳
1日2000mg2錠
2016年

★ 潰瘍性大腸炎 評価1
副作用は、インフルエンザのような症状、鋭いおなかの痛み、ひどい口の中の渇き。効果があるどころか、悪くなっています。薬を何日か休むと、ほっとする。これは、、薬が原因で、嫌なことになっていないか確認する意味もあります。
34歳 女性 3か月使用
1日2400mg使用
2015年

 

アサコール®体験談

askthapatients

1)お勧め/脱毛/効いたが激頭痛

2)効果がなかった/生理食塩水洗浄で寛解20年後、再燃

3)腎臓に胆石が短期間に20回以上 

4)末しょう神経障害/良い/悪いコメントが多く、将来が不安