潰瘍性大腸炎 & クローン病&過敏性腸症候群の改善・完治・根治

潰瘍性大腸炎 & クローン病&過敏性腸症候群の改善・完治・根治

                               ★ 仲間同士の情報交換サイト! ★

●コメント紹介)難病の原因を探す:自己免疫疾患とヘルペ…についたコメント

 

◆ ねこ

 

ねこのコメントに、ご返事を下さりありがとうございます。

ねこは、西洋医学は、農業に例えると、化学肥料や農薬だと思っています。

農薬は害虫も益虫も殺してしまう。
化学肥料は、作物の生きる力を削いでしまう(使い方にもよりますが)。

一度使うと、元に戻るには長期の時間を要す。

誰かが、「腸は、田畑」だと言った。
ねこもそう思う。

ただ、西洋医学のスピード感は否定しない。
ただ、西洋医学の先生方は、農薬をまきっぱなしなのだ。
その後のケアもやらないと。
でも、それは、厚労省が悪いのかもしれない。
お金を出さないのかもね。

松本仁幸院長がヘルペスウイルスに注目しながら治療を続けているブログが面白かったが(ちんぷんかんぷんですが)、ご子息の松本有史院長は、「すこしヘルペスウイルスに距離を置いているのかな?」と思えて、何か違う話も多くなって、興味が薄れだして、「面白くないなあ」と。

 

◆ けい

西洋医学は、化学肥料や農薬。

なるほど!って思いました。

 

昨年の今頃、軽い肺炎になりました。痛みも辛かったのですが、病院で処方された肺の中を殺菌するための薬の副作用は、ものすごく辛かった・・・。胃の痛み、吐き気。ちょうど熱波がやってきていて、暑さの中、息絶え絶えでした。

でも、おかげさまで、悪い菌が激減し、肺は治りました。

腸の中の悪い菌も減ったようで、ゆるかった消化物が正常に近くなりました。(潰瘍性大腸炎の再燃は、2013年が最後で、その後、ややゆるい以外、正常です。薬なしで8年目です)

殺菌剤は、悪い菌だけでなく、良い菌も、一網打尽に近かったかと思います。でも、その後、体調は、もとに戻りました。

 

◆ 安全な薬

使い方を守れば安全な薬はどれか?

100年以上の歴史があること? 1922年以前に使われていた薬

 

・漢方薬

薬によっては、3000年以上の歴史

 

・命の母A 

1903年。更年期障害用。

13種の和漢生薬と各種ビタミンの複合薬

 

・メンソレータム

1894年にアメリカで家庭用皮膚薬として誕生。

有効成分 dl-カンフル 9.60%  メントール 1.35% ユーカリ油 1.50% ※添加物として、サリチル酸メチル、テレビン油、酸化チタン、黄色ワセリンを含有する。

 

・アスピリン(3000年前に柳の樹皮から作られた。今は化学的に合成されている)

今日でも解熱鎮痛剤の王座を占めるアスピリンは柳の樹皮から抽出したサリチル酸をヒントに合成された白色無臭の薬剤ですが、1世紀にわたって熱と痛みの薬として世界中で服用されています。 うずかない」という伝承があり、柳の樹皮や葉に、鎮痛や抗炎症作用のあることが知られていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1)難病の共通点は、ビタミンDが不足していること。ただし、全員ではない。

2)コロナウイルスにかかって、重症化しやすい人の共通点。いろいろな病気を4つ、5つ抱えている。プラス、ビタミンDが不足している。

 

なぜ、ビタミンDが不足するのか? 太陽の光を十分、浴びていないから。

でも、太陽の下で長時間過ごしてきた人の中にも、難病になる人たちがいる。

 

からだが、ビタミンDを十分に不足できない状態になっているのではないか?

もしそうだとしても、どの部位が機能していないのかわからない。

 

なんでビタミンDの研究が、まったく進んでいないのか?

 

ビタミンDだけでなく、他のビタミン、ミネラルも、研究をするためには、たくさんの研究費が必要。

研究したくても、病院は、お金がないので、研究費がないと、前へ進めない。

 

● 推論:

ビタミン剤は、安い。手に入りやすいし、製造しやすい。

自然界に元々あるものなので、使用量を守れば、安全。

ビタミンD不足の原因がわかってしまったら、難病患者が減ってしまい、医薬会社が儲からなくなってしまうので、研究費は、投資しないというルールがある。

病院も、高価な治療方法を使えば、病院経営の助けになる。ビタミンDで患者の具合が良くなってしまったら、困る。

 

患者のわたしたちができることは、なにか?

ビタミンDについて調べ、学び、自分のからだで、安全性と効果を確かめていくこと。

 

● 問題点

ビタミンD、ミネラルは、その人個人にとっての適切量が非常にわかりにくい。

量が少なすぎると、効果が感じられない。なので、関係ないと思ってやめてしまう。

取り組むなら、粘り強さが必要。

からだの具合が良くないとき、粘り強さをもつだけのパワーが湧いてこない。

どうする?

 

***

 

サプリメントについての体験談をお待ちしています!

基準となるのは、回数、間隔、ガス、軟度、出血、時間帯、出先か自宅か、便秘との関係、出そうで出ない、ピリピリ電気感電、我慢しなければならない時間、周囲との関係、食べ物、イベント時・・・。他には?

 

 

●ビタミンD)札幌では、冬、太陽で作れるのか?についたコメント

▼ ねこ

 

あ、ホントだ。
国環研をつい信じて、うっかりしてた。
29分で有害なら、体育の授業も、スポーツ観戦も、工事現場でも働けない。
すぐに運動も仕事も中止しないといけない。
国環研の研究者も疑問に思わなかったのか?

それにしても、この「ビタミンD生成・紅斑紫外線量情報」アプリ、ダサい~。

「データ種の選択」で過去の平均値を選ぶと、時間帯は正午ごろのデータになる。
これを時間帯で表示してほしい。
朝7時なら、過去の7時の平均値に。
欠測などでデータを得られないとき、過去データを元に推測してほしい。
朝7時なのに、正午のデータを表示するのは、意味がない。

なんなら、「データ種の選択」を止めて、常に表示するようにすればいい。

例えば、

お勧めする日光浴は12分(13分)です。
日焼けしないよう35分(36分)以上の日光浴は避けましょう。
()内は過去データによる推測

こんな感じ。

 

▼ けい

予想するに、このアプリがあるという情報が広まっていないことから、利用者数が低く、研究所では、十分な予算がおりていないため、改善したくてもできないのでは。

国民から要望の声がたくさん届くようになれば、改善が進むと期待されます。

利用した方は、ぜひ感想を送ってみてくださいませ。

 

国立研究開発法人 国立環境研究所 
気候変動適応センター 気候変動適応戦略研究室
室長 真砂佳史 / 副センター長 肱岡靖明
〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
電話: 029-850-2980 (気候変動適応センター 気候変動適応戦略研究室)
E-mail: a-plat@nies.go.jp

 

 

 

 

夏の暑さが世界的に厳しくなっています。温暖化は、世界中が二酸化炭素対策を推し進めても、今世紀中は、悪化をたどる。

これを受け、気温が上がっていく地域では、からだも経済も対応が困難となる。結果、人々は、北へ北へと、移住し始める。というシナリオがあります。

 

図Aは現在、Bは2070年、Cは、濃い緑は住みやすい、赤は住めないほど暑い。

孫のために土地を買うなら、北海道、アラスカ、シベリアがお薦めキャンペーンが、近いうちに打ち出されるかも。

 

九州に住んでいる人は、20年後のことを考えたら、青森、北海度への移住を今から検討したほうが良い? 5月から10月まで酷暑となった場合、北への移住ブームが始まり、住んでいたところの不動産は、一気に値下がりし、移住先は一気に値上がりする可能性が出てくる。

 

首都圏でも、数か月に渡り冷房がないと生きていけなくなる可能性あり。この先、電気代が落ち着けばよいけれど、それが期待できない場合、住居費の安い北の地方のほうが住みやすくなる。移住者数が増えれば、産業や経済も発達する。

 

コロナウイルスの影響で、首都圏から脱出する会社も出てきている。リモートで仕事ができる人たちも、首都圏を後にしている。

 

南側の地域から人が流出し続けるようになると、人口が減り、水道、ガス、電気などのインフラ、公共機関による交通、スーパーの減少が起きてくる。今すでに過疎地帯になってしまっていたら、住み続けたくても、住めなくなる。南にある大きな都市も縮小し、仕事がなくなる可能性がある。

高齢化による人口減少も進んでいるし。

 

乗り遅れない・・・。これが将来、どこに住むかのキーワードになる。

 

 

 

 

▼ 人口激変ランキング 自治体500

1ページから12ページまであり、12ページ目では、人口が最も激減する都市とデータが挙げられています。南側の都市の中には、人口増加が予測されていますが、これには温暖化事情が配慮されていません。

 

***

 

 

 

 

 

 

 

 

この日、異常に暑かったのかな?

 

2022年5月15日(日)  
  最高気温 最低気温  
  19.9度 13.7度


式典75分間の間に12人がリタイヤ。

 
自衛隊は、ほとんどの人がワクチンを打っています。


自衛隊の皆さん

地震や台風などの緊急事態中に倒れるようなことがあったら、自らの命が危ない!
絶対に無理してほしくない。
 

 

バンクーバーでは、食費代が上昇しています。

職場のレジでは、お客さんが、

「いつもだったら合計2000円だったのに、きょうは、3000円だ。なにか間違ってるんじゃない?!」

という会話が何度もあったのは、半年前。

肉関連の値段が上昇していました。

今は、野菜の値段が、去年よりも20%ぐらい高い。

ガソリン代も、毎週のように記録を更新しています。

 

同僚が、食糧危機に備えて、野菜を育てるぞ、というので、わたしも!

インターネットの動画で調べると、意外に簡単なことがわかりました。

  1. 集合住宅の段ボールゴミ捨て場から箱を回収。
  2. スーパーで、安い土を2袋、購入。1000円。
  3. 職場で、大きなビニール袋をゲット。
  4. 種を購入。8種類。合計2400円。元を取らないと・・・。
  5. 毎日、土に野菜くず、枯れた花、果物の種を混ぜて発酵させ、増量。
  6. 種まき
バンクーバーは、気温が10度台。雨の日、曇りの日が多く、成長が遅い。
黄色の菜の花は、スーパーで買った野菜の茎をコップに入れて置いたら、花が咲いたので、それを移植。観賞用です。
 
意外だったのは、水まき。雨は降っているけど、段ボール箱までは届かない。曇りでも、土の表面は乾燥する。なので、毎朝、毎晩、水やりをしています。
じょうろの代わりにペットボトルを使用。まんべんなく水を撒くのに、すごく便利なことを発見。でも、ひと箱に2、3本必要です。今のところ、4箱なので、晴れの日は、12本分も必要。
 
自宅があって、庭の畑で野菜を育てようと思ったら、外仕事の時間が増える。つまり太陽の光に当たる時間が増える。ビタミンD増量!
 
 

 

 

ぜひお試しあれ。