みっきーの きままな音楽生活 70's-80's LIGHT & MELLOW GROOVE

みっきーの きままな音楽生活 70's-80's LIGHT & MELLOW GROOVE

70年代~80年代~現代のAORを中心に、幅広く良質な音楽を紹介しています。
♪♪♪ IT'S A BREEZIN' TIME♪♪♪




みなさん、こんにちは。

昨年末、12月の初頭に発売になり、瞬く間に完売となり話題となった Totoの『ALL IN』ボックスセット。

そのボックスセットの内容は、1978年のデビュー作『宇宙の騎士』から話題の最新作『OLD IS NEW』までを全てのアルバムをCDとアナログレコードにて格納したボックスセットでした。

含まれている全てのアルバムにおきまして、グラミー賞など数々の賞を受賞した最高峰のサウンドエンジニアであるエリオット・シャイナー(Elliot Scheiner)により、当時のEQをかける前の正真正銘のオリジナル生テープを使い、最初から完全にマスタリングしなおしたという驚愕の最新のリマスター音源によりかつてない音質で楽しめる上、さらには、数曲のバージョン違い、曲順違いのアルバムなどを含む驚きの仕様でのリリースでした。

さらには『TOTO IV~聖なる剣』の5.1chサラウンド版と、1990年のライブ映像を収録したBlu-rayディスクも含まれていました。
怒涛の全31枚セットでした。(既に完売)



そして、ついに!

待望の、CDだけバージョンでのボックスセット発売が決まったので、

そのことについての告知です。

タイトルは『ALL IN the CDs』

リリース予定は本国アメリカにて5月24日。

この具体的な情報が出たのが今月の始めなので、知っている方は既にご存知かと思います。


ボックスに格納されているアルバムは以下のとおり。

●TOTO ~ 宇宙の騎士 (1978年)
●HYDRA ~ ハイドラ (1979年)
●Turn Back ~ ターン・バック (1981年)
●TOTO IV ~ 聖なる剣 (1982年)
●ISOLATION ~ アイソレーション (1984年)
●FAHRENHEIT ~ ファーレンハイト (1986年)
●THE SEVENTH ONE ~ ザ・セブンス・ワン~第7の剣~ (1988年)
●KINGDOM OF DESIRE ~ 欲望の王国 (1992年)
●TAMBU ~ タンブ (1995年)
●TOTO XX [1977-1997] (1997年)
●MINDFIELDS ~ マインドフィールズ (1999年)


初公開音源
●LIVE IN TOKYO 1980【EP】 (2019年)
1. St. George and the Dragon
2. Mama
3. Tale of a Man
4. White Sister
5. Runaway

ニューアルバム
●OLD IS NEW (2019年)
1. Alone
2. Devil's Tower
3. Fearful Heart
4. Spanish Sea
5. In a Little While
6. Chelsea
7. Chase the Rain
8. Oh Why
9. Struck By Lightning
10. We'll Keep On Running

以上の 13枚セットになります。

※ 本ボックスセットはCBS/SONY在籍時の作品のみ収録なので、SONYを離れていた時期のアルバムは当然含まれません。

※ CBS/SONY時代の作品ではありますが、1990年発売の新曲入りベストアルバム『Past To Present 1977-1990』、ほかライブアルバム2作品は本ボックスには含まれていません。

※ 輸入盤オンリーで、 価格は $107.78
日本ではアマゾンが最安値です。

All In - The CdsAll In - The Cds
5,916円
Amazon




以下、『ALL IN』ボックス内でのみ初公開の2作品について少し説明を。

まずは、1980年の初来日の際の音源から5曲を収録した『LIVE IN TOKYO 1980【EP】』に関して。
コチラは若きTotoメンバーの最高に絶好調な演奏が楽しめます。
当時日本のSONYが独自企画で発売する予定でライブ録音され、発売タイトルも『IN SEARCH OF HYDRA』と決まり、FMラジオでその音源の放送もされたのにも関わらず、結局バンド側から許可が出ずお蔵入りとなっていたもので、今回初めて公式にリリースされることになりました。
当時のお蔵入りになった理由については、Totoは一流スタジオミュージシャンの集合体であり、本業でもあるレコーディングセッションミュージシャンとしての目線から、プロのプライドとしてコレを一つの「作品」として発表できるほどのプレイが出来ていなかったからということです。納得のいかないものを世に出せないのは当然といえば当然ですね。(とはいえ、少なくとも私にとっては十分に凄すぎる演奏でありましたが)
今回やっと公式にリリースされるも5曲に絞られている理由は、演奏に満足できていなかった楽曲をカットしただけのことです。そういう経緯もあって、この選ばれた5曲が本当に素晴らしく、しかもオフィシャル品質での最高の音質で楽しめるので、これに不満を抱くファンはまずいないことでしょう。

続きまして、
ニューアルバム『OLD IS NEW』に関してですが、
コチラは、故ジェフ・ポーカロや、故マイク・ポーカロの生きていた頃のセッション音源を掘り起し、現在のメンバーがそれにオーバーダブをしたりで再構築し完成させた楽曲から、完全なる新曲まで収録したもので、全10曲入り。
作品としての個人的な感想ですが、2000年代のTotoサウンドより、70年代80年代の黄金期のTotoサウンドに近い傾向にあり、それでいて古くないという、まさに40周年を飾る作品として最高の仕上がりだと思います。


あとは、デビューアルバム『TOTO (邦題:宇宙の騎士)』に関して、2曲がバージョン違いで収録されています。

また、ジェフ・ポーカロ(Jeff Porcaro)の遺作となってしまった『KINGDOM OF DESIRE (邦題:欲望の王国)』(1992年作)ですが、
1993年のセカンドプレスの際にジェフの遺志によりカットされ、今までの全ての再発盤・リマスター盤では聴くことのできなかった「Kick Down the Walls」が復活して収録されています。
いい曲なのにカットされたのはこの曲のみプロデュースしたのが、ダニー・コーチマー(Danny Kortchmar)によるものだったからだと私は推測します。(他の曲は全てプロデュースはTotoによるセルフプロデュース)

『MINDFIEDLS (邦題:マインドフィールズ)』に関してはオリジナルの1999年の時点で既に曲順違いがありました。
EU盤と日本盤は同じでしたが、ちょっと遅れてLegacyから発売されたUS盤はクロスフェードでつながっている曲も含めて曲順が異なるバージョンでした。
今回は当時のUS盤に近い曲順ですが、微妙に入れ替わっていたりします。


参考までに
先行で発売済みのアナログ盤・CD・Blu-ray全31枚セットの『ALL IN』ボックスは、発売後に一度だけ中古がオークションに出品されていましたが、最終的に229,000円というとんでもない価格で落札されていました。

今回のCDのみバージョン。
欲しい方は絶対に予約をして購入することをオススメします。
今回もとんでもないプレミア価格がつく可能性がないとは言い切れません。

最安値は日本のアマゾンです。
本国アメリカのアマゾンよりも安いです。
Amazon.co.jp

All In - The CdsAll In - The Cds
5,916円
Amazon



楽天市場でも以下の3店舗にて予約を受け付けているようです。
ぐるぐる王国FS楽天市場店


ぐるぐる王国楽天市場店


ぐるぐる王国DS楽天市場店



フォローしてねペタしてね

ブログランキングに参加してます。
よかったらポチっと一票お願いします。
  ↓↓↓



にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村