どうもこんばんわ


アイカツおじさんです。


※アイカツとは?
『アイカツ! -アイドルカツドウ!-』は、バンダイが販売する
トレーディングカードアーケードゲーム筐体・データカードダス(DCD)を使用した
日本の女児向けアーケードゲーム。

また、このゲームを原作とするテレビアニメ。
ゲームは2012年10月25日に稼動を開始した。
キャッチコピーは「国民的アイドルオーディションゲーム」。


これッス。


これッス。


幼女向けのアーケードゲーム「アイカツ」

そして私はそれをやるおじさんなので
アイカツおじさんなわけですね。

※ネットで拾ったアイカツおじさんの画像



アイカツをやり始めたきっかけは当時住んでいた登戸近辺のダイエーでのこと。

文具コーナーの一角に、楽しそうな音とともに可愛いキャラクターが踊っているのが見えたのです。


彼女の名は霧矢あおい



ごらんのとおりかわいい。

ストーリー上の彼女の人となりとしては

主人公「星宮いちご」の幼馴染。
小さいころからアイドルが大好きで「アイドル博士」と名乗るほど
アイドルに精通し、研究にも余念がない。
そんな趣味が高じて、いちごを誘い中学2年からアイドル学校に編入してしまうほどの
いわゆるドルヲタである。

アホだと思います。


アイカツには一応ゲーム上、属性というものが存在し
キュートクールセクシーポップ

の4つに大別されます。

そして彼女はその中でもクールに属しております。

着ている服のブランドもスペイシーでクール。

彼女の好きなブランドは
FUTURING GIRL
(フューチャリングガール)


宇宙をイメージしたデザインで、かつてどうぶつの森で宇宙家具を揃えまくっていた僕にとっては
どストライクな服なんです。

そんな彼女の口癖は
「穏やかじゃない!!」

とんでもないことがあったとき必ず口にする言葉で
いいことがあったときも悪いことがあったときも
「~~だなんて穏やかじゃないわね」
若者の「ヤバい」並みになんでも使ってきます。

そしてとうとう

彼女の中で日本語がバグってしまいます。

完全にアホです。この子は。


クール属性とか名乗ってるくせにアホなんです!!!

やられました。大好きなんですそういう子が。
クールっぽいのにアホとか、元気っぽいのに心に闇があるとか。



そんな彼女がかわいいと思ってしまい、1PLAY100円のこのゲームに足を踏み入れてしまいました。



とはいえ、女児向けのゲーム。
下北沢のエムエムランドで日々10万点をたたき出す僕にとっては女児なんて敵ではありません。
スコアランキングも下北沢で1位をキープし続け、なんとなく気に入った服のカードを選び
スコアなど気にせずキャラを着せ替えて楽しんでいました。
(このゲームはカード化された服をゲーム機にさしこんでキャラクターを着せ替えを楽しむゲームでもあります。)



そう、秋葉原にいくまでは・・・。


あれはまだセミニキが騒々しい暑い夏の日のこと・・・。
秋葉原でショッピングを楽しんだ後、入ったゲーセンでいつものごとく
スコア叩き出してランキングに名を連ねようとしたのですが・・・。

ゲームプレイを終え、10万弱のスコアを出し、画面に現れるランキングをドヤ顔で
眺めようとしたところ・・・

10位・・・?


一瞬自分の目を疑いました。が、それはまぎれもない事実でした。


そう、ここは秋葉原。キモヲタ蠢くアニメゲームのメッカ・・・。

女児しかいない下北沢エムエムランドとは違い、ここでは各地のゲーセンやジャスコなどで
迫害(女児の母親に冷たい目で見られるなど)されたアイカツおじさんたちが流れ着く
最後の楽園・・・。

しかしそれは同時に、大人同士の血で血を洗うスコア争いを意味します。


そして燦然と輝く1位のキャラの横には17万点というスコアが。


・・・それ以来、僕は考えを改めました。
アイカツをプレイするときは、
常にそのステージで最高のパフォーマンスを
そして
一番あおいちゃんを輝かせることができるコーデ選びを。


どんなときでも、アイカツをするときは手を抜かないことを誓いました。


そして今では、アニメ100話分を視聴しますますアイカツという作品に
お熱になってしまいました。


これからも精進してアイカツしてまいりたいと思っている所存であります。
アニメの方も100話を突破しましたが、アイカツ界はまだまだ盛り上がっていきます。


私も彼女らと一緒に走り続けていきます。真面目に、熱く、燃えるようなアイカツを。






んにゃあ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"蘭ちゃんも"ぎゃわいいなぁああああ!!!!!!!

推しキャラ決めれないEND

俺君 山へ行くの巻

テーマ:



ヤァヤァみなさんこんにてゃ


じょにぱの若です。



突然ですがみなさん、登山したことありますか?


ぼくはね、ないです。


せいぜい小中学校のハイキング程度で本格的に山に登ったことなんてありません。
あるわけがない。この俺レトルト(Lv103 JOB:モンク)が山になんか登るわけなかろう。
過去の自分なら山登りなんて修行みたいな行為するくらいならゲーム内のレベル上げしてましたわ。

けどモンクって修行僧だからめっちゃ山登ってるよね。



まぁそれはいいとして、実はその登山をすることになったんです。
バンドメンバーと。



きかっけはこれ

ヤマノススメというアニメです。

ざっくりいうと、このアニメは高校生くらいの女の子たちが道具とかいろいろガッツリ準備して
徐々にガチ登山を敢行していくってアニメです。

ちなみに出てくる道具なんかは実際に存在するアウトドアのメーカーやブランド(CHUMS、mont-bell、MAMMUTなどなど)がほんとに使われてたりします。



協賛もアウトドア関連がいっぱいついている!!!

スポンサーをたくさんつけれるアニメは強いやね・・・
なんせもともと5分アニメだったのに2期から15分になってるんだもの・・・。

そして今、テレビ放送では富士山に登っている真っ最中です。

最初は「登山てまた地味な題材だな・・・」とか思ってたんですが、
登山初心者の主人公あおいちゃんが心の中で「もういやだ・・・」「かえりたい・・・」
とか言ってるのを見るとほんと他人事とは思えなくて・・・



あおいちゃん!!つらかったらやめてもええんやで!!(錯乱)



そんな頑張っている彼女たちに感化され我々ジョニーパーク、ワンマンライブ必勝祈願と銘打って





彼女たちが挑んだ山の一つ三つ峠に登ろうという話に
いつの間にかなってしまっていたのです・・・。



いやね、別にいいんですよ。メンバーと一緒に登山。

楽しいイベントになると思います。

道具なんかも実際にみんなで見たり買ったりして、このマウンテンパーカーかっこいい!
とか性能厨だから見た目より機能性重視で選ぶぜ!とか言ったりしてね。



ただ最近膝の違和感がすごい。

なんでかわからんが登山の話をすると膝の感覚がなぜか過敏になっていくのです・・・。


そういえば去年の夏コミで二日間連続で参戦したのですが、二日目の帰り
国際展示場の下り階段でなぜか膝を故障したのです。

「あ!!ちょ!!待!!」
と叫びながら近くにあったベンチで10分は動けなくなるほどでした。


なので、唯一暗雲立ち込めそうな要素といえば若の
膝に爆弾でしょう。


けどわたしたちならきっと大丈夫。


自然が、そして助け合う仲間がいる・・・。
そしてなにより・・・















バンテリンがついてるから・・・・。



※登山の様子はじょにらじでも放送予定です!!
こうご期待!!

最近の悩み

テーマ:


近頃ネット上で変な言葉づかいというか、独特の言い回しが流行っているようで、
例を挙げるとキリがないのだが「あっ…(察し) 」とか
「オナシャス!!」(お願いしますの省略語)とか(震え声)とかとか・・・。




他にもいろいろあるのだがこれ全部ゲイビデオが元ネタだそうだ。


【閲覧注意!!】各自自己責任で視聴オナシャス!!



その名も「真夏の夜の淫夢」
かの有名な北海道日本ハムファイターズの投手多田野数人選手


(以下TDN)が
実は出演していたそうで、これを見つけたネットユーザーたちが面白がって
このビデオを広め始めたそうな。

しかしこのビデオ、TDNの出演もさることながらセリフがすべて棒読み、滑舌が悪すぎるなどの
要素も複合し、ニコニコ動画でどんどんセリフが浸透、空耳が量産されていったのである。

その中の空耳の一つが「オナシャス!!センセンシャル!!」

どうやら、「お願いします すいませんでした」と言っているらしい。



他にも「あくしろよ(早くしろよ)」「ヨツンヴァイ」などなどニコ動ユーザーお得意の
揚げ足取りによってふつうのセリフのはずなのに迷言として確立させられてしまった言葉が多く存在する。


そんな中満を持してUPされたのがこのシリーズの第4章
「昏睡レイプ!!野獣と化した先輩!!」である。

【閲覧注意!!】


ストーリーとしてはサークルの先輩(男)が後輩(男)を自宅に誘い込み、屋上で共に日光浴をしたあと
睡眠薬入りのアイスティーを飲ませやってしまうというなんともアレなアレである。





そのサークルの先輩役こそが、最近やたらネットで画像が出回る

コイツである。



彼の名は野獣先輩
ネット上ではそう呼ばれている。まんますぎる。


ちなみにこの作品での役名は田所浩二
本名は不明である。




こいつはこんな見た目のくせして声がやたら甲高く耳障り
しかも、かなり生理的に受け付けない目をしているのだ。



そして演技が棒なのもさることながら、セリフそのものもおかしい


家に着くなり後輩に
「まずうちさぁ、屋上あるんだけど、焼いてかない?」




まずってなんだよまずって
家に来た後輩に日焼けを促すのも意味不明である。後輩は後輩で
「あ^~いっすねぇ^~」


ちなみにこの「あ^~」はかつて、岡山県のキチガイホモが自己の行為の体験談を2ちゃんねるに
書き込みしたときの誤表記が元ネタらしい。ルーツってたどれば元があるもんだな!!
ツタヤの「このバンドが好きならまずはこれ!」ってやつにすすめられるがままにニルヴァーナ聞いちゃうみたいな。


他にも日焼けしてパンツあとだけくっきり残った後輩に対して
「すっげぇ白くなってる、はっきりわかんだね」というセリフを発する先輩。



いや白くなったんじゃなくて周りが黒くなってんだよ

などなど枚挙すると暇がない。

イントネーションのおかしさ、セリフの棒読み、滑舌の悪さによる空耳。

これらが絶妙にニコ厨の琴線に触れ、このコンテンツは彼らのおもちゃとして遊ばれることとなったのだ。






でここで、主題に戻るのだが
最近知らずにこの言葉を使ってくるやつがいる!!!



正直困るのだ。なぜなら反応してしまうからだ!!!


オナシャス!といわれて反応してセンセンシャル!と返そうもんなら

もうなんかこういう感じの顔するんだもんよ。

ちゃんと勉強してから使って来いよ!!!わざわざ本編動画8分見た俺はなんなんだよ!!



そしてもっと困るのはこのコンテンツ、普通の言葉がキーワードになりすぎてて
下北沢とかアイスティーとかインテル長友とか
日常生活でわりと聞く言葉でこいつ↓の顔が浮かんできてしまうのだ。



最近も知り合いに「若はサッカー選手とか一人でも知ってんの?」て言われて
真っ先にインテル長友と答えたが、頭の中では







コイツしか浮かんでなかった。




いや似てねぇだろ。


もうほんとにやめてほしい。最近はガチムチパンツレスリングの空耳の発言をだいぶ控えていたのに。
また新たなコンテンツが出てきちゃあ追わないわけにはいかないのである。




というわけで今後俺の前で

下北沢、アイスティー、インテル長友、ポッチャマ、スローロリス、日ハム


久保帯人

などのワードを使うことは禁止だ!!!!