ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ

注意: 私は、本ブログにおける過去および将来の私の写真、情報、メッセージまたは投稿の使用を許可しません。この声明をもって、本ブログの内容に関する開示、コピー(スクリーンショット含)、配布、または他の行為をすることを固く禁じます。

 

 

 おはようございます。「水野敬生オフィシャルブログ」です。介護業界に身を投じて30数年。介護・福祉の仕事に関することの他、趣味や様々な出来事を綴っていきたいと思います。

 

 20136月、厚生労働省研究班の調査において、65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で、前年の2012年時点ではすでに約462万人に上ると発表されています。この調査では、認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されており、65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となる計算になります。

 

 毎年921日は、国際アルツハイマー病協会(ADI)が認知症への理解をすすめ、本人や家族への施策の充実を目的に、1994年に世界アルツハイマーデー、2012年からは9月を世界アルツハイマー月間として世界各国で啓発活動を行っています。

 

 そこで、毎月21日を「認知症ケア」の日とし、認知症に対する啓発活動とともに、「認知症ケア」についてご紹介したいと思います。今月のテーマは、『RUN伴(らんとも)+はちおうじ』。

 

 

 

 先日、「RUN伴(らんとも)+はちおうじ」が行われ、自身の勤務する社会福祉法人の3施設も参加しました。「RUN伴」は、認知症の人と一緒にタスキをつなぐ体験を通して、誰もが暮らしやすい地域づくりを推進する活動として、2011年にNPO法人認知症フレンドシップクラブが主催し、北海道内の函館から札幌まで約300キロをリレーしたのがはじまりです。

 

 正式名称は、RUN TOMO-RROW(ラントモロー)。今年で9年目を迎えた「RUN伴」ですが、八王子では地域版である市内を巡る「+(プラス)はちおうじ」として5回目の開催となりました。自身の勤務する社会福祉法人の参加は今年で4回目ですが、寒空の中、ご利用者の声援を受け、職員もしっかり完走しました。

 

 

 

 日本中、すべてのまちがオレンジに染まることを目指して、全国各地で開催ルートを増やしている「RUN伴」ですが、まだまだ「認知症」に関する正しい理解が不十分な状況にある中、こうした活動を通じて「認知症」への正しい理解を広げ、「認知症」になっても安心して暮らせる地域づくりの第一歩になることを期待し、今後も自法人としても協力していきたいと思います

 

 高齢者虐待の発生要因の多くは「認知症」の理解不足です。認知症のBPSD(暴言・暴力・不潔行為・徘徊など)介護をする者の負担の増大やストレスの原因となり、それが高齢者虐待に発展してしまうことがあります。これは認知症に対する理解不足から起こると考えられます。認知症になっても、住み慣れた自宅や地域で暮らし続けてもらうためにも、介護サービス従事者はもちろん、ご家族や地域の方々が、認知症を正しく理解し、対応方法を学ぶことが、必須といえるでしょう。

 

 

 

 自分の人生を自分で決め、周囲からその意思を尊重されること、つまり、尊厳ある人生を送ることは、介護を必要とするか否かに関わらず、高齢者であるか否かを問わず、誰もが望むことです。しかし、現実には、高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が社会問題化しています。高齢者の中には「辛くても」「不満があっても」、声を上げられない人は少なくありません。認知症を患えばなおのことです。

 

 高齢社会にあって、認知症は、誰に起きても不思議ではありません。近年は、働き盛りの世代で発症する若年性認知症も増えてきています。したがって、認知症をはじめ、寝たきりなど、身近に介護が必要な高齢者がいるご家庭があれば、地域から孤立しないよう、温かく見守っていかなければなりません。RUN伴(らんとも)+はちおうじ」がこうした地域への理解の一助となってもらうことを願っています。

 

 

 

 日本の認知症に関する第一人者で、「柄澤式老人知能の臨床的判断基準」でも知られる医学博士である柄澤昭秀先生は、「認知症とは、慢性脳障害に起因する精神症候群であるが、個々の認知症高齢者の示す症状は単なる脳障害の反映ではなく、脳以外の身体的機能障害や心理・環境的悪条件により修飾され、拡大されることが多い。」と話されています。

 

 したがって、これらの心身の悪条件をできるだけ排除することが重要であり、その意味で日常的な健康管理と、心理的ケアには大きな治療的意義があるということです。つまり、認知症を持つ高齢者に最も大切なものは、日常の介護そのものなのであり、その人に対する接し方の上手下手や心理的環境条件によって認知症は良くもなれば悪くもなるということを示されているのでしょう。

 

 今後さらに、自身の勤務する施設も含めて多くの施設や事業所が地域福祉の拠点として、地域住民から信頼される専門施設となるよう今後も研鑽を重ねていかなげればならないと思っています。

 

Facebook

ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ

 

ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ

注意: 私は、本ブログにおける過去および将来の私の写真、情報、メッセージまたは投稿の使用を許可しません。この声明をもって、本ブログの内容に関する開示、コピー(スクリーンショット含)、配布、または他の行為をすることを固く禁じます。

 

 

 おはようございます。「水野敬生オフィシャルブログ」です。介護業界に身を投じて30数年。介護・福祉の仕事に関することの他、趣味や様々な出来事を綴っていきたいと思います。

 

 2025年には、約800万人の“団塊の世代”が75歳を迎え、後期高齢者となるため、社会保障費の問題をはじめ、介護を取り巻く環境も大きく変わることが懸念されています。

 

 一方で、こうした中にあっても介護に対する国民の関心は決して高いとは言えないのではないでしょうか。そこで、毎週日曜(たぶん…)に、自身が気になったニュースをお届けしようと思います。

 

 厚生労働省は830日、平成292017)年度の介護保険事業状況報告(年報)を発表しました。この数字は、介護保険事業の実施状況について、保険者(市町村など)からの報告数値を全国集計したものです。

 

 平成302018)年3月末現在の第1号被保険者数は3,488万人(前年度3,440万人)で、要介護(要支援)認定者数は641万人(前年度632万人)、第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合は、18.0%(前年度8.0%)でした。

 

 また、居宅サービス(介護予防)受給者数(1か月平均)は376万人(前年度391万人)で、14万人(3.7%)減となりました。さらに、地域密着型(介護予防)サービス受給者数(1か月平均)は834,000 人(前年度77.0万人)で、6万人(8.3%)の増となっています。

 

 施設介護サービス受給者数(1か月平均)は93 万人(前年度92万人)で、このうち介護老人福祉施設、いわゆる特別養護老人ホームは53万人(前年度比1万人増)、介護老人保健施設は36万人(前年度比3,000人増)、介護療養型医療施設は5万人(前年度比5,000人減)となっています。

 

 保険給付の費用額(高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費、特定入所者介護サービス費を含む)をみてみると、102,188億円(前年度99,903億円)で、利用者負担を除いた給付費は94,44 億円(同92,290億円)で、給付費の内訳は、居宅(介護予防)サービスが44,922 億円、地域密着型(介護予防)サービスが14,784億円、施設介護サービスが29,162億円となっています。

 

 第1号被保険者1人当たり給付費は、居宅サービスでは129,000 円、地域密着型サービスでは42,000円、施設サービスでは84,000円でした。高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費、特定入所者介護サービス費を含む1人当たり給付費は、271,000円(前年度26 8,000 円)となっています。(参考資料:https://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/17/index.html

 

 社会保障費の抑制を目指す改革案が、財務省の財政制度等審議会財政制度分科会でとりまとめられています。介護分野では、要介護2までの生活援助サービスの地域支援事業への移行や、利用者負担、原則2割、ケアマネジメント、いわゆるケアマネジャーが作成するケアプランへの自己負担導入などで、政府の社会保障抑制が大きな目的です。

 

 

 

 現在、社会保障費は、政府の一般歳出994,291億円のうち、339,914億円(342%)となり、全体の3分の1を占めています。高齢化の進展に伴い、医療保険や介護保険に対する給付抑制が圧力を増しているということですが、個人的にいわせてもらえば、介護保険制度がはじまって20年が経とうとしている中、改定ごとに制度が複雑化を増し、持続可能を大きく掲げた当初の制度設計そのものが間違っているということへの責任は誰が担うのでしょうか。結局のところ、立場の弱い事業所や利用者に負担を背負わせることで解決しようでは、いつぞやの国会議員のお言葉を借りれば、「恥を知りなさい!」といいたくなります。

 

 テレビや新聞で報道される介護に関するニュースは、どうしてもネガティブなものが多いのが現実ですが、そんな中にも、明るいニュースはたくさんあります。来週は超明るいニュースがお届けできることを願っています。

 

Facebook

ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ

 

ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ

注意: 私は、本ブログにおける過去および将来の私の写真、情報、メッセージまたは投稿の使用を許可しません。この声明をもって、本ブログの内容に関する開示、コピー(スクリーンショット含)、配布、または他の行為をすることを固く禁じます。

 

 

 おはようございます。「水野敬生オフィシャルブログ」です。介護業界に身を投じて30数年。介護・福祉の仕事に関することの他、趣味や様々な出来事を綴っていきたいと思います。

 

 自身知る人ぞ知る“食わず嫌い”なのですが、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いた久住昌之氏原作のグルメ漫画で、テレビドラマ化されている『孤独のグルメ』に影響されて、毎週土曜日(たぶん…)は、そんな“食わず嫌い”が、最近食べて美味しかった料理やお酒を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 浜松といえば、うなぎ。うなぎ養殖の発祥地である浜名湖周辺は、1900年(明治33年)に養殖を開始して以来、100年以上の歴史の中で養殖技術を磨き、「うなぎ」の食文化を築いてきたといわれます。そこで今回立ち寄ったのは、国道152号沿い、北遠の玄関口となる旧浜北地区と旧天竜地区の境に位置する「うなぎ屋」さん。平均水深が5mと浅めの浜名湖は、天竜川、遠州灘から豊富な栄養分が流れ込み、浜松市の温暖な気候と晴天率の高さも相まって養殖業や漁業が盛んなのです。

 

 今回注文したのは、上うな重。それを待つ間に、水槽で泳ぐアジをお刺身でいただき、肝焼きの味も楽しみました。このお店は、天竜の地下水を汲み上げた自家生簀にうなぎを放すことによって、この冷たい水が臭みを抜き、身の締まったうなぎを直火焼し、うなぎのうまみと栄養を逃がすことなく美味しくいただけるとあって、最高のお味でした。また、上うな重についてくる肝吸いに、メロンのデザートと、まさに満足できるお店でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、静岡県浜松市といえば「東の宇都宮、西の浜松」と称されるほどの餃子大国で、宇都宮、浜松の両市は、毎年餃子消費量No.1で競いあい、一進一退のまさに餃子大戦争を繰り広げています。浜松餃子は、フライパンで丸く並べて焼いて、もやしのトッピングが特長で、薄皮に甘めのタレがなんとも美味しく、うなぎで満腹なはずの胃にもすんなりと受け入れられるお味です。

 

 

 

 

 今回は、昨日ブログの記事で紹介した55回 関東ブロック老人福祉施設研究総会」に参加のための出張でしたので、帰りの高速道路で一休み。せっかくの静岡ですので、静岡といえば、静岡県富士宮市のご当地グルメで、B-1グランプリにて殿堂入りも果たしている「富士宮やきそば」を食べないわけにはいきません。「富士宮やきそば」の最も特徴なのは麺のコシで、麺に弾力があるため食べ応えがあり、その食感と味にやみつきになります。その他にも、肉かすが入っていること、イワシの削り粉がふりかけてあること、富士山の湧き水を使っていることなどの特徴で、これまた満腹なはずの胃にもすんなりと受け入れられました。そんなんこんなんで、職場に戻りました~が、回も美味しいお料理とお酒、ごちそうさまでした~!

 

 

 

 

 食事は健康な人に限らず、介護が必要な高齢者であっても、栄養バランスだけを考えるのでなく、生活の中で大きな楽しみな時間でなければなりません。美味しいものを食べた時の幸福感や満足感は、オキシトシン、別名“癒しのホルモン”とも呼ばれる物質が分泌されることによって感じるといわれます。

 

 しかし、美味しいものを食べたからといって、いつも幸せな気分になれるかといったら、そうでない時もあります。例えば、寂しく独りで食べている時、食事の席に苦手な人がいる時、体が疲れている時、体調を崩している時など、様々なストレスによって“癒しのホルモン”の分泌が抑えられてしまうからだそうです。

 

 そんな時こそ、今日ご紹介した美味しい「うなぎ」を召し上がり、元気を出して下さいね。

 

Facebook

ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ

 

ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ

注意: 私は、本ブログにおける過去および将来の私の写真、情報、メッセージまたは投稿の使用を許可しません。この声明をもって、本ブログの内容に関する開示、コピー(スクリーンショット含)、配布、または他の行為をすることを固く禁じます。

 

 

 おはようございます。「水野敬生オフィシャルブログ」です。介護業界に身を投じて30数年。介護・福祉の仕事に関することの他、趣味や様々な出来事を綴っていきたいと思います。

 

 先月末、公益社団法人全国老人福祉施設協議会、関東ブロック老人福祉施設連絡協議会、静岡県老人福祉施設協議会が主催する「55回 関東ブロック老人福祉施設研究総会」が、静岡県浜松市にありますアクトシティ浜松、ホテルクラウンパレス浜松で行われ、初日は全体会として基調報告や記念講演が行われました。2日目には6つの会場に分かれての分科会、2日間を通して行われた機器展示など、盛りだくさんの内容でした。

 

 

 

 

 初日の全体会で行われた記念講演では、元読売テレビ報道局解説委員長で、現在はテレビキャスターなども務め、10月からはBS日テレの報道番組「深層NEWS」のメインキャスターを務める辛坊治郎氏による「明日を読む-正しい判断は、正しい情報から」をテーマに講演され、内容も聴講者した介護関係者にも関心の高い旬なテーマについて辛坊治郎氏辛坊さんならではの切り口で語られ、そのテンポのよいお話に参加者もあっという間に引き込まれ、頷きながら話を聴く聴講者の様子が印象的でした。

 

 特に講演の主題でもある情報については、目の前の情報がどのくらい正しいものなのか見極めることが大切だということも実例を交えながら伝えて下さったことはもちろん、講演会でしか聴けない情報が盛りだくさんの講演は、参加した施設長などリーダー職だけでなく、多くの現場の職員向けの講演としても、興味深いお話でした。個人的にも是非もう一度聞いてみたいと思わせてくれる内容でした。

 

 

 

 

 最も大切な経営資源とは ヒト、モノ、カネと古くからいわれていますが、30年ほど前からは情報が付け加えられるようになりました。テクノロジーの進化とともに、ヒトやモノ、カネなどの形のある資源だけでなく、情報という形のない資源の経済価値が高まり、重要視されるようになったということです。情報は、知識資産や顧客資本となり、企業の競争力を向上します。情報の資源は、汎用性が高いナレッジマネジメントなどを通して管理され、活用されます。

 

 経営者に限らず、リーダーシップを発揮している人、あるいは発揮しようとしてる人は「常に情報に関する感度」を研ぎ澄まさなければなりません。この時、「それは本当か?」「はたして大丈夫か?」と冷静さを保つ必要があります。これは、間違った一歩を踏み出す危険性があるからです。「情報を疑い過ぎるのは臆病なので論外」ですが、「情報を鵜呑みにし過ぎるのも馬鹿です」まさに過ぎたるは及ばざるが如しで、辛坊治郎氏による講演はまさにこうしたことへの注意喚起だったように思います。

 

 

 

 では、正しい情報を得るためにはどのようなことが大切なのかは、次の4つといわれています。1つ目は「イメージ・ニュース:印象か?事実か?」、2つ目は「インフォメーション:何が削除され何が誇張されているか」、3つ目が「データ: どの様に加工されているか?」、そして4つ目に「インテリジェンス:どの様に価値(意味)付けされているか?」です。しかしながら、全てを自分で正確に確認することは不可能ですし、一人で行うことで、効率も悪く、客観性も損なわれます。

 

 そのため、自分以外の専門家なり、信頼できる機関や人に依頼するのが賢明だといえます。そのためには、ネットでも「信頼できるnewsサイト」「信頼できるデータを掲載しているサイト」などを見極めておく必要がありますが、個人的には最も大切にしたいことは、日頃から信頼できる友人や知人で、こうした方々との交流は重要だと思っています。したがって、今回の55回 関東ブロック老人福祉施設研究総会」も含め、他施設との交流も十二分に活用することも大切だと思っています。

 

 

1分科会

 

 

2分科会

 

 

3分科会

 

 

4分科会

 

 

5分科会、

 

 

6分科会

 

 ちなみに、講演を行った辛坊治郎氏は、20136月、全盲のヨットマンだった岩本光弘をサポートする形でヨットで太平洋を横断した際、途中クジラと思われる生物と衝突して、ヨットが浸水し、その後10時間近く救難艇で漂流したのち、海上自衛隊に救助されたというニュースが話題になり、その後もテレビなどで取り上げられましたが、その際、盲目のヨットマン岩本氏がインタビューで、今回、「3つの『K』が私たちを救ってくれた」と。それは、「感謝、絆(きずな)、希望です」でした。介護の仕事を3 K 「キツイ、汚い、危険」といわれますが、実は、まさに介護の仕事こそ、「感謝、絆(きずな)、希望」なのだということも付け加えたいと思います。

 

 さて、今週もいろいろありましたが、なんとか平穏に一週間を過ごすことができたことに感謝をしながら、皆様どうぞよい週末をお過ごしください。

 

 Have a good weekend

 

Facebook

ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ

 

ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ

注意: 私は、本ブログにおける過去および将来の私の写真、情報、メッセージまたは投稿の使用を許可しません。この声明をもって、本ブログの内容に関する開示、コピー(スクリーンショット含)、配布、または他の行為をすることを固く禁じます。

 

 

  おはようございます。「水野敬生オフィシャルブログ」です。介護業界に身を投じて30数年。介護・福祉の仕事に関することの他、趣味や様々な出来事を綴っていきたいと思います。

 

 現在自身、東京都福祉保健財団 東京都介護支援専門員実務者研修の講師をはじめ、東京都社会福祉協議会 東京都高齢者施設福祉協議会の副会長、公益社団法人 全国老人福祉施設協議会 広報委員会の委員長、東京家政学院大学の非常勤講師などの社会活動を行っています。

 

 そこで、毎週木曜(あたりで…)に、参加させていただいているさまざまな社会活動をお伝えできればと思っています。今回は「ブロックミーティング」。

 

 

 

 先日、城南ブロック(世田谷区、目黒区、品川区)において、東京都高齢者施設福祉協議会の今年度の重点目標の一つとして位置づけられたブロックミーティングが行われました。東京都高齢者施設福祉協議会では、都内を12のブロックに分け、それぞれに地域ごとの課題解決や研修などを行っていますが、今年度、常任委員がそれぞれのブロック会に出向き、政策動向や情報共有、協議会への要望など意見交換を行う場として開催しています。

 

 次期介護保険制度改正は、2021年度からはじまる第8期介護保険事業計画に反映させていくことを念頭に議論が進められています。今回の議論では、給付と負担のテーマでは、「被保険者、受給者の範囲」「居宅介護支援費の自己負担導入」「軽度者の生活援助サービス」などが検討事項に挙げられています。中でも、「軽度者の生活援助サービス」が実施されれば介護事業者にとっては経営に大きく影響します。

 

 介護保険の第一号被保険者の数は対前年度で約47万人増の3,488万人で、うち、75歳未満の前期高齢者が1,746万人、75歳以上の後期高齢者が1,742万人でほぼ半々の割合になり、75歳以上がはじめて1,700万人を突破しました。第一号被保険者のうち要介護(要支援含む)認定者数は対前年度で約9万人増えて641万人で、認定をうけた人のうち、75歳未満は74万人で75歳以上が555万人。最も人数が多いのは要介護1で全体の約20%、次いで要介護217.5%と、この2分類だけで4割近くを占めていることになります。

 

 国はこの要介護1、要介護2の方々を介護保険サービスから除外し、「軽度者の総合事業への移転」して、社会保障費を抑制しようとしているわけです。多くの介護サービスの利益率が低下し、良質なサービスの提供に困難を強いられています。これに加えてさらなる収益減少は、要介護1、要介護2の方々が多く利用する通所介護や訪問介護などは、想像をはるかに超えるダメージを被ることは火を見るより明らかです。

 

 

 

 こうしたことを踏まえ、東京都高齢者施設福祉協議会という団体として、しっかりと問題を提起し、加えて、国難ともいうべき危機的な人材の不足の解消をはじめ、現場乖離している、また、現場乖離しようとしている現状を協議会内で共通理解を図り、介護の現場を守ることで国民の生活の安定につながるよう努力していきたいと思います。会の終了後には懇親会も行われ、こちらも有意義な時間になったように思います。

 

 話は逸れますが、ブロックミーティングに出席するため、お昼に自施設を出発したため、昼食を会場近くの喫茶店で摂ることにしました。喫茶店で食事といえば、なぜか頼んでしまう日本で生まれて、今も日本人に愛され続けているナポリタン。玉葱にピーマン、ウインナーやハムが入り、ケチャップで味付けをした昔ながらの懐かしい味のスパゲティは、そのシンプルさと素朴さは、中高年に昔作ってくれた母親の面影を感じさせてくれます。

 

 給食には、なぜかそんなナポリタンを彷彿されてくれるソフト麺も頭に浮かんできます。もちろん、喫茶店にはハンバーグやカレーといったメニューもありますが、食べやすさ、手軽さ感なども相まって、喫茶店に入るとついついまた食べたくなってしまうというのも、自分だけでなく、まだまだ多くの方々に強い支持を受けている理由なのかもしれません。そして、どういうわけが、こうした懐かしい味に出会うと、元気が出ます。

 

 食事を摂るということは、解剖生理的な機能だけでなく、幼少期からの好きなものを食べて懐かしい、心地よい気持ちに浸ったり、食べることで生きている自分を実感できるなど、心理的な効果も期待できます。食べることは、生きることと直結すると考えられます。したがって、自施設で提供するご利用者への食事メニューには、こうした配慮が欠かせないということもいえるのだと感じます。美味しかった~。

 

 

 

 

 現在、介護業界では、大多数の経営者がその経営基盤の脆弱性や法人、施設の経営に対する不安は決して少なくありません。

 

 このような状況にあって、同業者や関係機関が連携し、より親密な関係をもつことによって、施設における経営基盤の整備・強化や、人材育成などの共通課題について協調を図ることで、より良い介護サービスにつながるものと考えています。

 

 また、こうした社会活動を通して、自らの法人の持続的な経営、成長はもとより、社会全体、特にこの介護業界の持続的発展へ貢献するものと思っています。

 

Facebook

ランキングに参加しています

この下の「ブログ村 介護ブログ」という赤い文字をクリックしていただけると幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログ村 介護ブログ