チャレンジカップで見た昌磨くんの演技。
素晴らしかったですね!

スイス🇨🇭で 
デニスくんや、高志郎くんと
いい練習を出来てるのが
感じられて嬉しいわ照れ

真面目なリンクメイトの
真摯に練習する姿を見ながら、
お互いに刺激を受けて
自然に
練習に熱が入ってしまうから、
(昌磨くんなんか そういうタイプだよね)

それを
休憩を取らせたりして、
言葉かけで背中を押したり、
コントロールしながら練習しても

決して
スケートの楽しさをいつも感じながら
練習できるのって
ステファン先生のポリシーなんだろうね。

指導者としてキラキラ

何を大切に考えているか、
不可欠なものは何か、
ジャンプジャンプ!しか考えないか、
点数だけを取れるスケートをするか、

指導者が、
どんなポリシーを持って指導してるか
それが一番大切ねラブラブ


ステファン先生は、
ステキな指導者ですね!

ブルー音符ブルー音符ブルー音符

昌磨くんの
あの 柔らかくも力強い
内側から溢れてくるエネルギーに
嘘はないニヤリ

自分の
心の奥底で感じられてないと
あの表現は出来ないだろう。

振り付け師やコーチに
あぁやって、こうやって〜と指導されても
所詮、
受け売りだと、
深みが無い演技になりそう。

いろんなスケーターの演技を見てると

無性に昌磨くんの
深くて繕ってない無垢なスケートを
見たくなるもんねおねがい

ただ
無垢無垢でも、
何も知らない天使や幼子では無いから

苦しいことを
沢山 乗り越えてきたんだから…


テレ朝のリクエスト特集の後半
昌磨くんコーナー。

よくわかっていらっしゃるテレ朝さんは、
昌磨くんファンを泣かせるツボを
ぐっぐっと 押しちゃうからえーん

ティッシュボックスを
目の前に置いて泣いちゃいましたよタラー
(幸い一人っきりだったから)

苦しみを知ったからこそ、

今は 去年より 笑えてるんだね。

今見返すと、
表面的な笑顔に見えちゃう
天階も月光も、

どこか張りつめているような曲調だったから
それとマッチしていたから、
あまり 気がつかなかったんだなぁ。

もちろん、
昌磨くんも
時々は とても楽しかっただろうけどね。


フレンズ オン アイスの
二人でコラボした「冬」も
芸術的な感性も似てるし、
同じベクトルを
TV画面からでも感じられたし、

ラブラブスケートをすることは楽しいラブラブ

それを チームシャンペリーでは
大切にしてる。

紆余曲折しながらも
最終的に"大好きなスケート"に
辿りつけるスケーターは
幸せなんだね…

真央ちゃんも、大輔さんも、
その他の先輩も

昌磨くんは、
その気持ちを また見つけたから

意外に
スケート人生は長いんじゃないかしら?
ステキな先輩達みたいに
なって欲しいなぁ、と思ったりするの照れ





         (お写真お借りしました)