予定日から4日遅れの昨日
無事出産しました。
 
 
3,605gのとっても元気な男の子です^^
 
 
午前2時前に破水して入院
同じ日の午後3時から陣痛が始まり
約5時間後の午後8時20分に生まれました。
 
 
 
陣痛もいいのが来てくれて
その波に乗って安産でした。
 
 
 
 
 
生まれてすぐのカンガルーケア。
 
 
 
 
お互いに産後の処置が終わり
おっぱいを飲んでご満悦の様子。
 
なんと無防備な顔(笑)
 
さすがしっかり大きいだけあって
生まれたそばから
吸啜力が素晴らしいです^^
 
 
 
 
 
 
 
今回お世話になった
高槻病院の院内助産センター。
好きな音楽を流し
アロマを焚きながら
お産しました。
 
 
 
助産師さん達が
とても親切で頼りになり
 
プライベートな空間を
尊重してくださったおかげで
とにかく安心して
出産に没頭する事ができました。
 
 
 
 
さて。
 
 
今回のお産も
前回と同じく大いに乱れました!
 
やっぱり陣痛の波の
あの何とも比べようのない
激しい痛みはすごかった。
 
 
 
前回と同じく叫びまくり
例によって夫は
私に揉みくちゃにされました(笑)
 
(前回のお産エピソードはこちら
 
 
 
 
生まれて一息ついた後に夫の腕を見ると
沢山の赤い引っ掻き傷が…💧
 
 
最後の方は夫の頭も搔きむしり
腕や足に噛み付いてました。
 
 
さすがに噛んだ時は自制が効いていて
歯型は残っていませんでしたが・・・。
 
 
 
 
そのくらい
あの陣痛の
生命をこの世に生み出すエネルギーは
圧倒的でした。
 
 
 
 
 
ですが前回と違うのは
そのエネルギーに対し
恐怖を感じたり
我を失ったりはしなかったこと。
 
 
 
陣痛を感じながら
以前と今回の自分の
痛みの受け止め方の違いは
どこにあったのかを
考えていました。
 
 
 
前回は痛みから逃げようとし
恐怖を感じていることを
受け入れられなかったから
パニックになったのではないかと思います。
 
 
今回は陣痛のエネルギーの中に
自分から飛び込んでいくようにしました。
 
 
何があっても最後までこのエネルギーを
受けて立とうと腹をくくり
(実際に受けて立つしかないのですが)
 
 
どんな反応をしたとしても
そんな自分を受け入れると決めて
 
 
痛い時には大いに痛がり
徹底して痛みを我慢するのをやめ
積極的に乱れました。
 
 
 
 
陣痛の波が来る!
と思ったら
 
「よっしゃ!
   この波もやったる!」
 
とばかりに
 
 
からだ全体に波打ってくる
陣痛の壮絶なエネルギーを
持て余すことなく
動きと声に転換していくことに
全集中しました。
 
 
ある種のトランス状態に
入っていたと思います。
 
 
 
 
 
すると意識をずっと今
ここに留めておくことができ
陣痛が弱まっている時はその時として
はっきり意識することができました。
 
だから陣痛の合間はしっかり休め
我を忘れるということはありませんでした。
 
 
 
助産師さんからも
「米澤さん冷静でしたね」と
言われました。
 
 
 
前回は陣痛の合間も
次の痛みを恐れていたために
休むどころではなかったのだと思います。
 
 
 
 
今回は
今ここにずっと意識を
合わせていることができ
 
結果として陣痛の波も
子宮口が全開になって
赤ちゃんの頭が出てくる時の感覚も
はっきりと意識化しながら
お産をする事ができました。
 
 
 
 
とにかく
誰になんと言われようが
これが私のお産なのよ!という
素晴らしいやり切った感で
自分としては
とても満足のいくお産でした。
 
 
 
 
 
そして…。
 
これまで命がけで
連綿と命を繋いできた
地球上の女性たちの強さとたくましさに
心から敬服の思いが湧いてきました。
 
 
また
自分が女性であることを
誇らしく思いました。
 
 
 
 
さて
つい1日前まで
お腹の中にいた赤ちゃん。
 
 
 
8歳になる長男の
生まれた頃とそっくりです。
 
いくら見ていても
飽きませんラブ
 
 
 
 
愛と感謝をこめて
 
 
 
 

↓ラムラムルームのウェブサイト

 

セッションメニューやお問合せはこちらから

 

 

 

↓Instagram

日々のワンショットを載せています

 

 

 

↓Youtubeチャンネル

レッスン動画を配信しています