我が家の王子さま

保護犬につき、正確な年齢がわからず

我が家に来て10年!

ずっと 元気でおりました。

 

 

image

 

 

目が白濁してきていますが

まだまだ見えていて

 

寝ている時間も長くなり

帰宅しても迎えに来ないくらい

ぐっすり寝ていたり

 

雷の音や花火の音にも

目覚めることはなくなり

 

ゆるやかに歳をとってきています。

 

 

 

 

それでもまだまだ 皮膚の状態も良く

毛並みはふわふわ

 

お散歩も喜んでいくし

ご飯もパクパク食べていて

 

歳を取ってきているのはわかっていても

まだまだそこまでじゃないような!?

覚悟が出来ていないような!?

 

最近のワンコのあれこれに

頭と心が追いついていけてない...

 

そんな 気がしています。

 

 

image

 

 

嘔吐も続いていますが

(薬で対処療法はしています)

 

昨夜から ご飯を拒否!!

 

 

3月くらいから

ドックフードを食べなくなり

手作りご飯にしていましたが

 

昨夜から それも食べない汗

 

 

食欲がない感じではなくて

匂いを嗅いで

少しだけ口にして

ペッ と吐き出す汗

 

おやおや わがまま言ってます!?

 

 

 

犬は口を利いてくれないから

具合が悪くて食べないのか

「これは食べたくないなぁ~!」

と言っているのか、正確にはわからない。

 

 

でも、どうも

わがままっぽく 見える...。

 

 

 

犬も歳を取ると

そんなことはよくある! と聞くので

これがそうなのかっ!?!?

 

 

image

 

 

「食べることは生きること」

 

そう思っているから

やっぱり何とか食べてほしいし

食べてくれないと 心配になる。

 

 

若いころなら

何日か食べなくても大丈夫!!

そう思えたのだけれど

 

 

このまま食べなくなって

弱っていったらどうしよう!!

そんな思いが湧いてくる。

 

 

 

 

歳を取ったら

食欲もなくなって来たり

食べる量が減ったり

体重が落ちていくのも自然な事。

 

 

頭ではそう理解出来ていても

 

目の前のワンコが

そういう年齢に来ているのだということが

やっぱりまだ 

受け止めきれていないのかな。

 

 

 

まだまだ ふわふわで

元気に見えるんだもの。

 

 

 

 

 

image

 

 

朝ごはんも食べなかったので

 

お昼に、違うご飯を作ったら

今度はペロリ汗

 

やっぱりわがままだったのか!?

ホッとして

 

そんなこんなに

やっぱり 一喜一憂しちゃう汗

 

 

もっと

どど~~んとしてたいものです。

 

 

 

image

 

一緒に過ごす時間を

少しでも 楽しい時間にしたいから。

 

 

 

彼にとっての自然な状態を

受け入れて

 

不安や心配ではなく

穏やかな日々を過ごしていきたい。

 

 

そんな 今です。