1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年06月30日(火)

Jeremy & the Satyrs 初CD化

テーマ:News
Jeremy and the Satyrs
Jeremy & The Satyrs
Jeremy and the Satyrs

Jeremy & the Satyrsは、名ジャズフルート奏者のジェレミー・スタイグが60年代に率いた元祖フュージョングループ。これは1968年にRepriseからリリースされた唯一のアルバムです。(米Wounded Birdから8月11日発売予定。)

プロデュースは、Electric Flagの名盤、"The Trip"(映画「白昼の幻想」のサントラ)を手がけたJohn Court。フリージャズ風のインプロやジャジーなインストナンバーもありますが、ほとんどがマッチョ(オヤジ)系のボーカル入りで、全体の印象は当時のブルースロック風なのが特徴。これは、プロデューサーのJohn Courtが、そのころButterfield Blues BandやJames Cotton Blues Bandを手がけていた、ということと関係あるのかもしれません。

また、Satyrsのメンバー(ピアノのWarren Bernhardt、ベースのEddie Gomez、ドラムのDonald MacDonald)は、ティム・ハーディンの実況録音盤、"Tim Hardin 3 Live in Concert"(1968)のバッキングをつとめていることでも知られています。(Satyrsのアルバム制作時のエピソードなどを、本人が日本語公式サイトで語っています。)

ちなみに、ジェレミーの父親はあの「シュレック」の原作者として知られるWilliam Steig。ジェレミーも絵を描き、本作のアルバムジャケットも彼の手によるものです。19歳のとき事故に遭って顔半分に麻痺が残り、左耳の聴覚も失ってしまったにもかかわらず、好きなフルートを吹き続けてきたという自分自身をモデルにした絵本「うまのディジーとねこのルイジ」(絵は小畠 直子)も日本で出版されています。来年公開予定の映画「シュレック4」にも、パイド・パイパー(ハーメルンの笛吹き)という新キャラクターの吹くフルートで出演するそうです。
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年06月28日(日)

Elevatorsの新譜(続)

テーマ:News
Psychedelic Circus
13th Floor Elevators
Psychedelic Circus

Great American Music Company(ジャンゴ・ラインハルトからイアン・ギランまで、幅広いアーティストのアーカイヴ音源を中心にリリースしている新興レーベル)から7月にリリースされる13th Floor Elevatorsのコンピの内容がわかりました。

発売元のアナウンスによると、「1966~67年の実況録音テープから、ベストパフォーマンスの15曲を集めたもの」とのことです。下のトラックリストはネット上にあったもの・・・ありゃ、これは2005年にオーストラリアのAimから出たレアライヴ集の"Psych-Out"とほとんど同じじゃないですか。うーむ、怪しい・・・。

Track Listing:
1. Roller Coaster
2. You're Gonna Miss Me
3. Splash 1
4. Tried To Hide
5. Don't Fall Down
6. Reverberation
7. I'm Gonna Love You Too
8. You Don't Know
9. Everybody Needs Somebody To Love
10. Monkey Island
11. Kingdom Of Heaven
12. Levitation
13. Before You Accuse Me
14. She Lives In A Time Of Her Own
15. Dust
AD
2009年06月27日(土)

Sky Saxon (1946-2009)

テーマ:News
Sky Sunlight Saxon


世間ではマイケル・ジャクソンの訃報でもちきりですが、サイケファンにはこちらの方が重大ニュースかもしれません。Seedsのスカイ・サクソンが25日に転居先のオースティン(テキサス)の病院で亡くなりました。

死因は内蔵の感染症による心・腎機能障害。奥さんのSabrinaらに見守られながら、静かに息を引き取ったそうです。遺骨はハワイで散骨される予定とのこと。オフィシャルページはこちら

Seedsは最も好きなバンドのひとつで、Skyは私のアイドルでした。心よりご冥福をお祈りします。


サイケデリック漂流記


Pushin' Too Hard: The Best of the Seeds
The Seeds
Pushin' Too Hard: The Best of the Seeds
AD
2009年06月26日(金)

Aum, Hot Tunaの2nd再発

テーマ:News
Resurrection
Aum
Resurrection

以前ヘヴィサイケ特集で取り上げたサンフランシスコのAumが、Fillmoreレーベルから1969年にリリースしたセカンドアルバム、"Resurrection"がWounded Birdから再発されます。リリースノートには"The first time on CD"とあるので、以前Red Foxから出ていたCDは非正規盤なんでしょう。(Aumの過去記事はこちら。)

それから、Wounded BirdからはHot Tunaのセカンドの"First Pull Up, Then Pull Down"(1971)と、1979年リリースのベスト盤"Final Vinyl"も再発されます。いずれも8月11日発売予定。

First Pull Up, Then Pull Down
Hot Tuna
First Pull Up, Then Pull Down

Final Vinyl
Hot Tuna
Final Vinyl


サイケデリック漂流記

2009年06月25日(木)

Back to Yasgur's Farm

テーマ:News
Woodstock: 40 Years on: Back to Yasgur's Farm
Various Artists
Woodstock: 40 Years on: Back to Yasgur's Farm

先日こちらでお知らせしたウッドストック40周年記念の6枚組ボックスの海外盤がamazonにアップされています。タイトルは"Woodstock - 40 Years on: Back to Yasgur's Farm"。今の時点で価格は日本盤より5千円以上安くなっています。いつもながらの素朴な疑問、「なんでこんなに値段が違うの?」


Woodstock: 40 Years on: Back to Yasgur's Farm
2009年06月24日(水)

Kindred 初CD化

テーマ:News
Kindred
Kindred
Kindred

LAの男女混声グループ、Kindredが1971~72年に残した2枚のアルバムがWounded Birdから初CD化されます(8月11日発売予定)。

私はまったく聴いたことなくて、バンドの名前さえ初耳でしたが、Fuzz, Acid & Flowers見たらしっかり載ってました。音は西海岸スワンプ系のようで、Cold Bloodの"Too Many People"をカバーしてることから、なんとなく想像がつきそうです。シスコサウンドファンは要チェックかもしれません。

デビュー作のプロデュースはThree Dog NightのボーカリストのChuck Negron。でも、次作の"Next of Kin"の方がいい出来らしい。「(Gayle McCormickの)SmithやStonegroundのファンにはオススメ」とのことです。

Next of Kin
Kindred
Next of Kin
2009年06月23日(火)

Emitt Rhodesの2枚組コンピ発売

テーマ:News
no image
Emitt Rhodes
The Emitt Rhodes Recordings 1969-1973

Merry-Go-RoundのリーダーだったEmitt Rhodesが、70年代前半にリリースした全4作のソロアルバムに、アルバム未収録のシングル1曲を加えた2枚組コンピが、Hip-O Selectからリリースされます(7月14日発売予定)。

4枚とも日本ではすでにCD化されていますが、最近では入手が難しくなっていたタイトルもあるようです。私は全作持ってるんですが、新たにリマスタされているということで、食指が動きます。ビートルズ、特にポール・マッカートニーから影響を受けたBeatlesqueなEmittワールドが堪能できるでしょう。

[Disc 1]
"THE AMERICAN DREAM" (A&M 1971; Recorded 1969)

1. Mother Earth
2. Pardon Me
3. Textile Factory
4. Someone Died
5. Come Ride, Come Ride
6. Let's All Sing
7. Holly Park
8. Saturday Night
9. You're A Very Lovely Woman
10. Mary Will You Take My Hand
11. The Man He Was
12. In The Days Of The Old
13. 'Til The Day After

"EMITT RHODES" (ABC/Dunhill 1970)
14. With My Face On The Floor
15. Somebody Made For Me
16. She's Such A Beauty
17. Long Time No See
18. Lullabye
19. Fresh As A Daisy
20. Live Till You Die
21. Promises I've Made
22. You Take The Dark Out Of The Night
23. You Should Be Ashamed
24. Ever Find Yourself Running
25. You Must Have

[Disc 2]
"MIRROR" (ABC/Dunhill 1971)

1. Birthday Lady
2. Better Side Of Life
3. My Love Is Strong
4. Side We Seldom Show
5. Mirror
6. Really Wanted You
7. Medley: Bubble Gum The Blues / I'm A Cruiser
8. Love Will Stone You
9. Golden Child Of God
10. Take You Far Away

"FAREWELL TO PARADISE" (ABC/Dunhill 1973)
11. Warm Self Sacrifice
12. See No Evil
13. Drawn To You
14. Blue Horizon
15. Shoot the Moon
16. Only Lovers Decide
17. Trust One More
18. Nights Are Lonely
19. Bad Man
20. In Desperate Need
21. Those That Die (From Tame The Lion)
22. Farewell to Paradise

Non-LP single (ABC/Dunhill 1972)
23. Tame The Lion


サイケデリック漂流記

2009年06月21日(日)

Nuggetsボックスの新譜発売

テーマ:News
Where the Action Is: Los Angeles Nuggets 1965-1968
Various Artists
Where the Action Is: Los Angeles Nuggets 1965-1968

Rhinoから、"Love Is the Song We Sing: San Francisco Nuggets"の続編となる、CD4枚組のNuggets Boxがリリースされます(9月22日発売予定)。

サブタイトルは"Los Angeles Nuggets 1965-1968"。全101曲のトラックリストを見ると、無名orレアなガレージバンドの発掘音源という「ナゲッツもの」では主流の編集方針ではなく、とにかく全部を一緒くたに放り込んで、当時のシーンの豊かな状況を再現しようとしたかのように思えます。

Byrds, Love, Doors, Beach Boys, Monkees, Buffalo Springfield, Mamas & the Papas, Iron Butterfly, Seeds, Music Machine, Electric Prunes, Peanut Butter Conspiracy, Spirit, Association, Sagittarius, West Coast Pop Art Experimental Bandといったお馴染みのグループから、Joint Effort, The Light, The Bush, Premiers, The Spats, Chymes, Humane Society, The Others, London Phogg, Velvet Illusions, Deepest Blueといったマイナーなバンド、Penny Arkade, Jameson, Kim Fowley, Rising Sons, The Dillardsなどのツウ好みのアーティストまで、まるで万華鏡のようなカラフルさです。

ガレージパンク、サーフミュージック、フォークロック、サイケデリック、サンシャインポップ、ソフトロック、R&B、アートロック、メインストリームポップス・・・。60年代のLAの音楽シーンの百花繚乱・豪華絢爛さを、あらためて再認識させられるのではないかと思います。

TRACK LIST:
Riot On Sunset Strip - The Standells
You Movin' - The Byrds
You I'll Be Following - Love
Dr. Stone - The Leaves
Go And Say Goodbye - Buffalo Springfield
Zig Zag Wanderer - Captain Beefheart & His Magic Band
Gentle As It May Seem - Iron Butterfly
Candy Cane Madness - Lowell George & The Factory
If You Want This Love - The West Coast Pop Art Experimental Band
Baby, My Heart - The Bobby Fuller Four
All Night Long - The Palace Guard
It's Gonna Rain - Sonny & Cher
For My Own - The Guilloteens
Take A Giant Step - The Rising Sons
One Too Many Mornings - The Association
Time Waits For No One - The Knack
Take It As It Comes - The Doors
Pulsating Dream - Kaleidoscope
Tripmaker - The Seeds
The People In Me - The Music Machine
Saturday's Son - The Sons Of Adam
Eventually - The Peanut Butter Conspiracy
Swim - Penny Arkade
The Third Eye - The Joint Effort
Girl In Your Eye - Spirit
Jump, Jive & Harmonize - Thee Midniters
Back Up - The Light
To Die Alone - The Bush
Get On This Plane - The Premiers
Little Girl, Little Boy - The Odyssey
Hideaway - The Electric Prunes
Listen, Listen! - The Merry-Go-Round
She Done Moved - The Spats
Grim Reaper Of Love - The Turtles
See If I Care - Ken & The Fourth Dimension
He's Not There Anymore - The Chymes
Back Seat '38 Dodge - Opus 1
Eternal Prison - The Humane Society
Revenge - The Others
Come Alive - Things To Come
Acid Head - The Velvet Illusions
Guaranteed Love - Limey & The Yanks
Love's The Thing - The Romancers (a.k.a. The Smoke Rings)
Underground Lady - Kim Fowley
Pretty Little Thing - The Deepest Blue
You're Wishin' I Was Someone Else - The Whatt Four
Hippy Elevator Operator - The W.C. Fields Memorial Electric String Band
That's For Sure - The Mustangs
Tomorrow's Girl - Fapardokly (Merrell & The Exiles)
Everything's There - The Hysterics
Our Time Is Running Out - The Yellow Payges
Action, Action, Action - Keith Allison
The Rebel Kind - Dino, Desi & Billy
High On Love - The Knickerbockers
Fan Tan - Jan & Dean
Halloween Mary - P.F. Sloan
Somebody Groovy - The Mamas & The Papas
Daydreaming - Thorinshield
Just Can't Wait - The Full Treatment
Yellow Balloon - The Yellow Balloon
The Times To Come - London Phogg
No More Running Around - The Lamp Of Childhood
Little Girl Lost-And-Found - The Garden Club
Mothers And Fathers - The Moon
My Girlfriend Is A Witch - October Country
Montage Mirror - Roger Nichols Trio
Flower Eyes - Pasternak Progress
Come Down - The Common Cold
Jill - Gary Lewis & The Playboys
Daily Nightly - The Monkees
Night Time Girl - The Modern Folk Quintet
Don't Say No - The Oracle
Tin Angel (Will You Ever Come Down) - Hearts And Flowers
Rainbow Woman - Lee Hazlewood
Poor Old Organ Grinder - Pleasure featuring Billy Elder
Baby, Please Don't Go - The Ballroom
Sit Down I Think I Love You - Stephen Stills & Richie Furay*
Splendor In The Grass - Jackie DeShannon with The Byrds
November Night - Peter Fonda
Roses And Rainbows - Danny Hutton
Lemon Chimes - The Dillards
Here's Today - The Rose Garden
I Love How You Love Me - Nino Tempo & April Stevens
Words (Demo) - Tommy Boyce & Bobby Hart*
(You Used To) Ride So High - The Motorcycle Abeline (Warren Zevon & Bones Howe)
The New Age - Jameson
Los Angeles - Gene Clark
Once Upon A Time - Tim Buckley*
Darlin' You Can Count On Me - The Everpresent Fullness
I'll Search The Sky - The Nitty Gritty Dirt Band
Come To The Sunshine - Van Dyke Parks
Heroes And Villains (Alternate Take) - The Beach Boys
She Sang Hymns Out Of Tune - Jesse Lee Kincaid
Sister Marie - Nilsson
Last Night I Had A Dream (Single Version) - Randy Newman
I Think I Love You - Del Shannon
Change Is Now - The Byrds
The Truth Is Not Real (Single Version) - Sagittarius
Marshmallow Skies - Rick Nelson
You Set The Scene - Love
Inner-Manipulations - Barry McGuire
(* previously unreleased)
2009年06月20日(土)

JAのラストライヴが拡大盤で再発

テーマ:News
Thirty Seconds Over Winterland
Jefferson Airplane
Thirty Seconds Over Winterland

Jefferson Airplaneとしてのラスト作となったライヴアルバム、"Thirty Seconds Over Winterland"(1973)が、5曲のボーナストラックを追加した拡大盤として再発されます(7月21日発売予定)。

本作はJAのラストツアーとなった1972年のショーを編集したもので、8月24,25日のシカゴ公演、および、9月21,22日のウィンターランド(サンフランシスコ)公演の演奏が収録されています。ボーナストラックは両日のWinterland公演から採られている模様。ちなみに、文字通りラストライヴとなった9月22日のWinterland公演は、英Charlyから"Last Flight"という2枚組ライヴとしてもリリースされています。

当時のメンバーは、Paul, Jorma, Jack, Graceのほかに、John Barbata(ドラム)、Papa John Creach(フィドル)、David Freiberg(ボーカル)というラインナップで、マーティは抜けていました。試聴はこちら(ヘッドホンのアイコンをクリック)。

トリビアですが、アルバムタイトルは"Thirty Seconds Over Tokyo"(1945,邦題「東京上空三十秒」)という、B25による東京空襲をテーマにした米映画の題名にちなんでいるそうです。

Track Listing:
1. Have You Seen The Saucers
2. Feel So Good
3. Crown Of Creation
4. When The Earth Moves Again
5. Milk Train
6. Trial By Fire
7. Twilight Double Leader
Bonus Tracks:
8. Wooden Ships
9. Long John Silver
10. Come Back Baby
11. Lawman
12. Diana/Volunteers


サイケデリック漂流記
Johnのドラムの個性が強くて、JAがCSN&Yみたいに聴こえるのが面白い。

2009年06月19日(金)

Rev-Ola 7月の新譜

テーマ:News
no image
Sweetwater
Sweetwater

SweetwaterはLA出身で、JAをはじめとするシスコサウンドからの影響が見受けられる男女混声グループ。いわゆる「ウッドストックフェイム」のバンドで、Woodstockフェスの一番手に登場する予定だったのが、トラブルによって、Richie Havensにオープニングの座を譲ってしまったのでした(今度の40周年記念6枚組ボックスにも2曲が収録されています)。

今回再発される"Sweetwater"は1968年のデビューアルバム。数年前にCollectors' Choiceからリイシューされたのと同内容で、ボーナストラックは入っていない模様。ちなみに、プロデュースはDave Hassingerです。Sweetwaterの過去記事はこちら


それから、これはもう説明不要だと思います。ソフトロック大名盤、Salt Water Taffyの"Finders Keepers"(1968)の再発です。内容は2003年のBMGジャパン盤と同じ、2曲のボーナストラック入り(2005年の紙ジャケはボーナス4曲だった)。

no image
Salt Water Taffy
Finders Keepers

ジャケ画像はいずれも旧盤のものです。


サイケデリック漂流記

1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。