会社の先輩という思いもよらないところからモノがやってきて、 私は使うことのない高級品で捨てるのもどうか?と思っていると、前の部所でなかよくしていた人がふいにやってきます。おしゃべりに夢中になっているとすっかりわすれていたけれど、もしかしてこれって使わない?ときくと、ちょうど買おうと思っていたところと大喜びでもらってくれます。

 

 家まで送ってもらうことになり、車にうっすらと桜島の灰がつもっています。存在は見えても見えなくても認識していますが、桜島が爆発しなければ、灰が降ることも忘れて毎日のように眺めています。桜島の灰を見て初めて、そういえばいつもは夏に灰が降ると思い出します。私たちが生きているように、桜島も生きていて、おだやかな後は思ってもみない大きな動きがある日常生活のように、桜島も私たちが予想もしない時に活発になったりします。勝手に私が思っているだけで、どんなに変わらないように見えても、いつもどおりというのは何もないのかもしれません。

 

 9月20日、マヤ暦ではKIN70、中心を定めスピードを加速させていく音5、誠実・忠実・家族愛の白い犬、橋渡しの力・死と再生・ゆだねるの白い世界の橋渡しです。

  みなさんも私も、いろいろ変化しながら日々を生きていることを実感していますように。
 

 みなさま、今日も見に来てくださってありがとうございますハートニコニコ音符