前回、

英語を聞く時の注意点として、

日本語に訳そうとしないように!

と書きました。

 

これは、以前に書いた

英会話の基本1、英会話の基本2

に関連します。

英語は、

文の作り方が日本語と違います。

また、

日本語に無い単語が沢山あります。

なので、

日本語に訳そうとしてしまうと、

その文の本当の意味合いが

分からなくなってしまうからです。

 

例えば、

「Please get me the book.」

という文は

中学単語しか使われてませんが、

日本語と英語の文の作り方の違いと

日本語に無い単語(get)を知らないと

この文の表す本当の内容を

理解するのは難しいと思います。

 

この文は、

何かをget してme に与えて下さい

と言ってるんだぁ~

get するのはthe book なんだぁ~

と理解する必要があります。

 

Please と get のイメージには

与えるという意味合いは無いのですが、

この文の作り方が、

与えるという意味合いを生み出します。

 

また、get という単語は、

辞書で調べると色んな訳がありますが、

その中のどれなんだろう~?

なんて考えてはいけないのです。

get して欲しいのね

と考える必要があります。

 

その為には、

日本語には無い単語(get)の

意味ではなく、

イメージを理解

しておく必要があります。

訳してはいけないのです。

 

空手やスポーツも似ています。

日本の通常の日常生活では使わない

体の使い方や、体の部位を使います。

それらを理解してトレーニングすると

効果的に技術を習得できます。

 

東京都福生市の英会話教室

パワーイングリッシュでは、

日本語と英語の違いに基づいて、

初心者の皆様にも分かりやすく、

楽しみながら英会話を学んで

頂いております。

また、横田基地内の

レッスンやイベントでは、

生きた英語表現や

生のアメリカ文化にも

たっぷり触れて頂けます。

ご興味のある方は

是非HPもご覧下さい。

http://power-english.info/