卵子凍結しなかったワケ

テーマ:

移植前に数回医師と看護師から確認されたことがありました。
それは卵子凍結するかしないかってこと。


移植の前処置で抗がん剤と放射線治療があったので、妊孕性が落ちると説明を受けました。


移植の可能性が出たとき、将来妊娠が難しくなるのかなってうっすらと予想はしていたけどいざそれを実際に言われるとたくさんの涙が、。


でも私は迷いなく
移植前の卵子凍結、卵巣摘出はしないって即答。


小さい時からディズニーチャンネルとかでアメリカのアニメやドラマをたくさん見て育って、養子縁組の存在を知っていたから別に血の繋がりにこだわりがなかったんです。


それに不妊治療のテレビを見ていて、
「なんで親のいない子供たちが施設で何万人も暮らしているのにその子たちの里親じゃダメなんだろう。なんで血の繋がりにこだわって大金かけてまで不妊治療するんだろう。自分のDNAにこだわらなくても親になれるのに。」
って小学生の頃から言ってた笑
(あくまで私個人の意見です)

だから本当に将来親になりたくなったら養子縁組を希望します!笑い泣き


それに高校生の時も結婚、出産願望はな〜い!って周りに話してたくらいだからもともと私の性格的に母親になることにこだわりはなかったのかな。


でも少しだけ気持ちが揺らいだのは彼氏の存在だと思います。もし本当に今の彼氏と将来一緒になれたら、私の妊孕性は私だけの問題じゃないし、彼氏自身も血の繋がった子どもを持てなくなるかもしれないってことですもんね。


高校生の頃の彼氏と違って一時的に付き合ってるって思えなくて、このまま結婚とか行くかもな〜ってハタチなら思うのは当然じゃないかな。


そんな彼氏の存在もあって、医師からの説明を受けた時涙が出たんだと思います。彼氏にも迷惑かけちゃうって。


でも私の彼氏は神様みたいに本当に優しくて、私を1番に思ってくれて、迷いなく私が大切だからそんなの気にしないってゆってくれたんです。
もう頭が上がらないよお願い



それに何より将来の自分の子どもより、やっぱり結論は今現在の自分のいのちをまず守らないといけないですよね。
まずは病気をきっぱり治さないと。
白血病細胞が卵子や卵巣にまで潜んでる可能性もあるから下手に将来のためと言ってやったことで病気を治しきれなかったら悔しすぎるもん。


数年後、数十年後の将来なんて考える余裕はないよ。でも自分の決定を後悔することもないと思う。