昨日まで、はりきってアンテナ工事していたので、きょうは、その仕上がりの確認程度の仕事。

すぐに終わるんだけど、同僚は腰痛のようす。

「ね、霧島に遊びにいかない?」と誘い、霧島の老舗温泉宿「旅行人山荘」にいってきました。

 

 

貸切露天風呂の赤松は、森の中にあります。湯船も2つあり違う温泉が同時に楽しめます。

よく管理されている森林の中で過ごす時間は、とても落着きます。

 

 

温泉のあとは食事です。上田(かんだ)さんという方がウェイトレスをしてくださいます。

窓から桜島や天気のいいときには開聞岳が見晴らせるときもあります。

上田さんは、とても細やかな給仕をしてくださいます。

 

予約をいれた時点で、会話を考えているんでしょう「神田さん、前回から5ヶ月ぶりにお越しくださいましたね。奥様はお元気でしょうか。」と老舗の温泉宿ならではの、おもてなしです。

 

同僚は、佐藤という焼酎を楽しんでいました。

 

 

噴気孔が左右にある、えびの高原へのワインディングロードが続きます。

作業車を改良してから、こういう道を走るのがラクになりました。

 

えびの高原です。旅行者が多いですね。

景色も空気も最高です。

 

 

ボランティアのガイドさんが、丁寧に霧島連山のことや見どころを解説してくれました。

同僚は、「来週は高原を歩きましょう。」とノリノリです。

 

 

仕事は、この後20分で終わりました。

帰りの高速道路で同僚は「あー、楽しかった。帰りたくないなー。」と助手席で口にしていました。