(競技場からゴールへ)

 

いよいよ、アスファルトの道路も終わり、競技場へと入っていきます。

競技場へと入るところでは、太鼓の演奏があり、賑やかな中で競技場戦となります。

 

競技場ではラスト300メートルくらいですが、ここではもうふくらはぎのほうも落ち着いて、安心していていました。

競技場は土のグランドです。

残りもあと少しなので、懸命に上げていきます。

 

競技場ではスパートで、ガッーとペース上がり、瞬間のスピードでは3分24のペースが出たことがあとで分かりました。

瞬間ですので、ほんの一瞬ですが、3分30に入るペースは速いものだと思います。

スピードは戻りつつあるのではないかと思います。

 

ただ、それは本当に最後に出たので、もう少しスパートを早めれば良かったかもしれません。

 

最終コーナーを回り、いよいよ最後の直線になりました。

黄色のゴールゲートが見えました。

 

ゴールゲートくぐり、ゴールをしました。

すぐに時計を確認しましたが、13分03とのことで、12分まであと4秒かよと思いました。

あと4秒でも、その4秒は大きいですね。

それには入れるかは大きかったですが、もう少しのスパートでしたね。

AD