冬に渡す新築祝いの作成・その1

冬に渡す新築祝いの作成・その2

冬に渡す新築祝いの作成・その3



の続きで、


新築祝いに贈る

洋書に住む妖精のおうち、

フェアリーハウスを

モルタルで作っていますニコニコ




前回のその3では、

洋書にモルタル造形をして

窓や扉の形を作ったところまででした。




ちなみに、

完成まであともうちょ〜っと…

なんだけど終わらず笑い泣き


完成は次回ですあせる






今回のその4の最終形はこちら↓






では、制作過程ですニコニコ




前回作った窓と玄関扉に、

装飾やモールディング(もどきあせる)を

施していきます。






左が前回作った状態

右が今回モールディングした状態

間違い探しじゃないけど汗

こりゃあ…

分かりにくい。。よね。


ビミョーに

細い棒を窓枠に追加しております







玄関ドアも、

左が前回作った状態

右が今回モールディング、装飾した状態

うん、窓枠よりは違いが分かる…たぶんあせる



窓枠も玄関扉も

装飾してよかったビックリマーク

今回は重厚なイメージが目標なのでニヤニヤ






そして、

シーラーを塗って

いよいよ色ぬりに入ります!



この本の上のとこ↓
全冊塗るのに
めっちゃ時間かかりました手プルプル笑い泣き






ふぅ〜…
まずはこの色で
洋書を塗ってみました。
本の時間が経過して
汚れた感じにしました。。

いったん休憩〜コーヒー


しかし、
ちょっと白っぽくしすぎたかも。。
後でここは少し変更します!



↓正面から右側の端の本
それにしても本の色、
塗ってみたけど

休憩して全体的に眺めると
ちょっと
なんか…

何か違うのよね〜。。。



…と
考えながら、
ひとまず置いておいて…



次に装飾金具キラキラ




もとは上のこんなブロンズ色を、
下の明るい金色に塗り替えます。





そして、
それぞれ接着してクランプで固定!


さらにクランプ!!





歯科矯正のごとくあちこち固定ニヤニヤ
装飾金具は硬いので
クランプしないと浮いてしまいます。


翌日、
クランプを外します。
端っこも綺麗に接着されていましたキラキラ





本の裏側になる部分は、
金色のチェーンをつけますキラキラ
鎖で守られた中世の頃の古い貴重な本本キラキラ
…て感じをイメージ。



歴史ある図書館の
閲覧禁止の棚にある洋書…みたいな?


…知らんけどニヤニヤ





そして、
玄関のドアも
負けないように古い重厚な感じを
目指します!
いい感じにうす汚れました。
汚しすぎかな…汗





そして、

迷っていた本の色ですが…

全体的に暗すぎたので




↓左から2番目の本をクリーム色っぽい

明るいほんのりゴールドキラキラ…に変更しました。





正面の窓から覗いてみます。

…見えるような

見えないような。。。



もう少し見えるの希望してたけど…笑い泣き

まぁ、

いいか!






そして正面の背表紙の部分に

装飾を追加していきます。

白い装飾は、次回、ゴールドキラキラに塗ります。

これは型取りしたものです。

 左から2番目のクリーム色の本に書いたのは


housewarming


新築祝い…という意味です。



フリーハンドで字を書いたけど

上手くかけなかったのであせる

読めないほど擦り切れたふう…にしました笑い泣きグッド!


 

 

 さて…

 次回やっと…完成ですよ〜爆笑ドキドキ






最後まで読んでいただき

ありがとうございましたキノコバナナさくらんぼいちごぶどう