ふんわりことだまイラスト*自然と共に生活する癒しの日々*心と体とお家をふんわりと

ふんわりことだまイラスト*自然と共に生活する癒しの日々*心と体とお家をふんわりと

アロマ・ハーブ・優しい食材・優しいお掃除…
何気ない毎日のブログ

ことだまイラストは、パワーアップする予定です(*^^*)

どんな瞬間もどんな出来事も、何かが、誰かが、あなたを必ず支え続けてる

そして、どんな瞬間も、あなたは、何かを、誰かを、必ず支え暖め続けてるよ

テーマ:
好きな番組があります。
「こんなところに日本人」という番組です。

一生見ることがないかもしれない景色をたくさん見れるし、色んな人の人生を知るのは、本を読んでいるようで、刺激的です。

この番組では、その日本人が、その国に住むことになったきっかけを尋ねるのですが、最初のきっかけが、「戦争」だった方がいました。

その方に、戦争はどんなものか尋ねると、「何も良いことがない」とおっしゃっていました。

戦争を実際に経験した人からは、

「戦争は、悪いこと」「戦争は、良くない」ではなく、

「戦争は、何も良いことがない」

という言葉を聞くことが多いです。
祖父も、そう言っていました。

悪いことにも、良くないことにも、どこか、見つけられる人に見つけてもらおうと隠れている良い部分が、あると思います。

でも、それさえも、ない、のが、戦争なのだと思いました。

実際に経験した人は、意識的にか無意識かわかりませんが、
だから、その言葉選びを、されているのかなと感じました。

プラスの言葉と、マイナスの言葉、肯定文と、否定文の、組み合わせによって、捉え方や意味が微妙に変わっていく、言葉って、美しいな。

言葉や声や音に、色を付けたら、どんな色になるのだろう。

戦争の経験を語る口は、いつも、切ない、悲しい表情です。言葉の色も、消えてしまう気がします。

前回のその番組は、そんなことを感じた回でした。

「こんなところに日本人」は、今の世界情勢や、その国の環境や、境遇によって、その国の人々が、どのように感じて、暮らしているか、を少しでも知ることが出来るので、とても好きな番組です。




テーマ:
仕事と、家事と、ネコたちのお世話、お花の水やり、お野菜の水やり、

わくわくのビッグチャンスを頂き、ご注文下さった方への書籍の発送、

わくわくするブログを読ませて頂き、

週に1度はテニスをして、

たまにお出かけ、ファッションを楽しんで、

ランチして、

お茶とお菓子でティータイム



そんな、特に変わり映えのない毎日…




が、最高に、楽しくて、幸せなのですハート





当たり前の毎日が、しあわせだと思うのは、

しんどいと感じることの方が多かった時から、

日々の中に、感謝を見つけ、しあわせを見つけて、焦点を当てるように、意識してきたからだと思います




かけがえのない、儚い、当たり前は、



大好きで、最高に面白い、当たり前ハート




私が見るもの、そのすべての元である創造主は、私自身

今日お風呂に浸かるとき、

私の体内のお水を、今日も感謝の言葉で洗濯しましょう

今日あった出来事の中の感謝を思い返して、自分のマインドを褒めましょう



今日もありがとう💞




と、いうのを毎日続けているとき、ふと、思ったのです。


こんなに幸せ続きで良いのだろうか…人間、山あり谷ありだよなぁ…
いつかドカンとショックなことが来るのでは…


その思いが、どうしても消えなかったので、しばらく、そう思ってみることにしました。


そしたら…


今まで駅に行けばタイミング良く来てた電車、、遅延していて、着いた途端に行っちゃったり…

並んだレジが前で故障したり…

小さなショックが立て続けに起きました😳


ちょっと、笑ってしまいました😁



本当に、見るものを選んでいるのは、私自身なんだなぁ…😌



今日も私の創った世界は、本当に楽しく、愛しいものですハート






テーマ:
この間、晩御飯の、トマト煮込みハンバーグの仕度をしていました。

ブロッコリーや、人参をカットして、

国産牛豚ミンチを、いつものように、こねこね…

その時、ふと、こんな光景が目に浮かびました。

この牛さんや、豚さんが生まれたとき、喜んで、お世話をしている母牛さんや、母豚さん豚

お世話をしてもらって、しあわせそうな、牛さん、豚さん

お友達と一緒にいて、楽しそうな、牛さん豚さんのお顔

最後のときは、怖かったかな…
痛かったかな…
悲しかったかな…

尊い命を、いただくのだな…
1つの命の人生を、いただくのだなぁ…

自分が食べる動物を、自分で狩らないのは、人間だけ、という言葉も、聞いたことがあります。
自分で狩らなくても、美味しい材料を揃えられるようにしてくれている、工場の方は、いつもどんな気持ちなのだろう…

「こんなことを言っていたら、何も食べられなくなるよ」
と、開き直って、食を当たり前に思うのではなく、

いただくときにも、料理のときにも、いつも感謝を忘れずにいたいと、思いました。

食材は、多くの方々の手間がかかっているだけではなく、
多くの命と、たくさんの方々の、感情と、人生がかかっているのです。

感謝と心をこめて、料理をして、
ありがとうございますと唱えながら、いただく

食をすることで、大切で尊くて、誰かの愛しい命が、私の命の生きる糧になっていく…

今からいただく命が、その命の母の中に宿ったとき
母は、どのような感情だったでしょう

子牛は、母と離されたとき、どんな気持ちだったのでしょう

食肉にされようとした瞬間、どのような感情を知ったのでしょう


動物は、自分の想像以上に、さまざまな感情を知っているということに、驚かされることがあります。

命をいただいて、生きていく

その命は、多くの愛情と、喜びと、幸せと、楽しさと、悲しみと、恐怖を知り、私の目の前に来てくれました。

1つの命の人生を、料理させて頂くことで、

私の家族の人生に、愛情と、喜びと、幸せと、嬉しさと、明るさと、元気と、活力、エネルギーを与えてくれる

ありがとう

ありがとう

そう思いながら、トマト煮込みハンバーグが完成しました。

いつもより、しっかりと、手を合わせて、

合わさった手に、いつもより、感謝を込めて、

いただきます。

ごちそうさまでした。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス